中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神々の指紋 (下) (小学館文庫) 文庫 – 1999/4

5つ星のうち 3.6 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,572 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人類の失われた記憶を探し求める旅は、エジプトに辿り着き、いよいよクライマックスを迎える。巨石を驚くほど正確に、しかも天体の法則に従って積み上げ、配置したのはいったい誰なのか。この地や中南米の遺跡など、それぞれの地域に伝わる伝説に見られる共通点は何を意味するのか。失われた高度な文明に生きた人々が、時空を越えて私たちに伝えようとしたメッセージがいま解き明かされる。解説は映画「地球交響曲」の監督・龍村仁。

出版社からのコメント

遺跡に込められた神々たちの警告とは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 471ページ
  • 出版社: 小学館 (1999/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094038426
  • ISBN-13: 978-4094038422
  • 発売日: 1999/04
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 435,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
時間をかけてゆっくり読む必要があります。
内容は、執筆時の取材の深さを物語る内容です。
メキシコのカンクンに行こうと予約を取った後だったので、中米の遺跡に興味がわきそうです。
Kindleで読んでいますが、短時間で読み終えることはできません。上下とあるので、どちらも読み終えて、内容を理解するには、1日1時間で、半月位かかります。
内容は、充実して、読み応えがあります。
今の自分は、と思った時に、読むお勧めの本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 対象がエジプトのピラミッドやスフィンクスであり、上巻に比べると読みやすく理解しやすかった。ピラミッドやスフィンクスに秘められた数字のマジックや建設時期に関する謎(一般的な学説との建設時期の食い違い)については興味深く読めた。ただ面白かったのはそこまでで、第8部以後で力説されている世紀末的な展開、および結末の内容は読んでいてかなりひいてしまった。そういう考え方をする人もいるのね、という風に軽く受け止め、前半部分のピラミッドの謎の部分だけ楽しめばいいと感じた。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 「権威」の作り上げた歴史を根底から覆すことは確かに痛快だ。
だからこそ本書もベストセラーになったのだろう。だが、下巻も終
焉近くなり、どこか宗教がかった終末論が出てくるあたりで気が付
くべきである。何かが変だと。そして冷静に上巻から読み直して検
証して見るべきなのだ。たとえば、
 「地殻変動を都合の良いときだけ持ち出していないか?そして都合
の悪いときには触れもしないのはなぜか?」。
  しかしもしあなたが上巻を読破し下巻を購入しようとしている、
つまりすっかりハンコックの罠にはまっているのであれば、こ
の忠告は果たして届くだろうか。

 これは「歴史書」ではなく、「小説」である。彼は「歴史家」
ではなく「小説家」である。

 上巻は「小説」としての価値を認めるが、下巻は危険な終末論に
彩られており、毒がある。だが、毒を食らってみるのも良かろう。
対処法をよく理解した上でならば。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 いまさら私が言うまでもなく、多くの問題を含んだ本書であるが、著者の言うことにひとつの真実も含まれていないとは思えない。膨大な巻末の註や参考文献を見てもわかるように、著者は単に私たちを騙そうとしたり、無責任な自説の展開を行っているわけではない。定説を鵜呑みにせず、自分で確かめるという著者の姿勢は非常に評価できる。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
歴史や文明論に興味があり、以前にも別シリーズを読んだことがあったので購入した。
多分、学会からは荒唐無稽と一蹴されるものだと想像はつくのだが、読み物として面白いのは確かである。
専門家から見て根拠が乏しいというのは、史実に基づいた判断である以上逆らえないだろうとは思う。
しかし、ここで書かれている現存する遺物から、今後新たな技術により、とんでもない事実が立証されれば
いいなとも思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gh51 投稿日 2004/9/8
形式: 文庫
結論が正しいかどうかは別として、面白いのは確か。
今信じられている歴史認識の矛盾点を指摘しており、
人類には知られざる過去の歴史があるのではないかという
疑問を持つのには十分な内容である。
巻末に根拠とした参考文献のリストが載っており、
論旨を述べるだけではなく論拠を示しているところは評価できる。
前半は言おうとしていることの根拠が延々と語られており、
後半にならないと面白さが分かりにくいのが難点か。
正しいかどうかは私には分からないが、一読の価値はある。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自分に都合の良い説、データのみを使い、仮説を立てており、どうも信用できない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
上下巻、20円で購入できました。
まだ少ししか読めてませんが、
このようなセールはありがたいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者は世界中の古代遺跡に対して、非常に興味深い考察を加え読むものをひきつける。
しかし、下巻になり自説を証明するために、地殻変動の話を持ち出すに至って、全くお粗末な説を展開する。
例えば惑星直列。遠く離れた木星だの火星だのの引力が、地球に何も影響を与えないレベルである事は、高校の時に物理学を習った人間ならば誰でも分かる。
ちなみに、惑星直列の元ネタはカリフォルニア大学のグリビンとプレージマンと言う2人の教授が共同で発表した「Jupter Effect(木星効果)」であるが、2人 はすでに自説を撤回してしまっている。
こんな説を持ち出すとはジャーナリストとしての姿勢を疑う。
ただ、楽しめる事は事実。信じすぎないで読むならば良いが、
本質はノストラダムスの大予言と何も変わらない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す