中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆除菌クリーニング済み◆中古商品の為、通常使用による多少の使用感・経年感(擦れ・ヤケ・多少の汚れ等)がございます◆目立つ汚れ・破れ箇所はございません◆中古商品の為、発行年によりカバーデザインが異なる場合がございますのでご理解ください(本文内容に問題がある場合のみ、返品対応となります)◆【帯・ハガキ・チラシ】等の封入物や【アマゾン商品詳細欄に記載の無い付属品】は原則付属しません(ある場合は付属しての発送となります)◆アマゾン専用販売品の為、在庫切れはありません◆最終検品時に製品に問題があった際は、ご注文キャンセルにてご対応とさせて頂きます★商品の発送:ご注文日より2日以内に発送となります(土日/祝祭日は順次発送)★配送業者:ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便のいずれかを利用しての発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神々の午睡 単行本 – 2009/9/30

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

著者初の神話モチーフのファンタジー小説。神様たちの織りなす6編の話と書下ろしを収録。「友情」「恋愛」「戦争」「世界の危機」とシリアス&ユーモラスに楽しめます。表紙は大人気コミック作家CLAMPが担当します!

内容(「BOOK」データベースより)

あさのあつこの書く神々は気紛れで少し優しい。初の神話モチーフファンタジー短編六編+書き下ろしを収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 268ページ
  • 出版社: 学習研究社 (2009/9/30)
  • ISBN-10: 4054042805
  • ISBN-13: 978-4054042803
  • 発売日: 2009/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,031,643位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
序説+6編の物語+終章で構成されています。
この物語も、「バッテリー」等、ほかの作品と同じく、
作者が得意とする会話形式で話がすすんでいきます。

初めは雨の神が人間に恋をしてしまう話。
次は、沼の神が人間に心をかける話。
そして、神の笛を武力で奪おうとする武将の話。
風の神と組んで、盗賊仲間を救出する話。などなど。
全編を通して、死の神グドミアノ(表紙左下の人)が登場します。

どの話も、神々をとても身近に感じることができます。

ただ、オチが途中で分かってしまうので、
もうひとひねりあるといいのかなあと思いました。
さらりと読みたいなら、これで良いのかも。

CLAMPさんの表紙がとても美麗なので、星は4つです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 東の閑人 VINE メンバー 投稿日 2010/3/24
形式: 単行本
大変カラフルな表紙、読む前は意味不明ですが、読了後に見ると描かれた全員が登場人物であることが分かります。カエルから赤ん坊まで登場す るのですね。

書名の「午睡」は「うたたね」と読みます。こちらもちょっと意味不明ではありますが、神様にまつわる「気まぐれ」やちょっとした「失敗」あるいは「偶然」がもたらすエピソード 集という雰囲気でしょうか?

登場するのは神と人間と、そのどちらにもなれる中間の存在である「箜(くう)」。神々と人間達の間の「愛」や「尊敬」、「恐れ」や「憎し み」も語られます。雰囲気的には日本の古代やアイヌの神々の世界かな?

6編の短編の前後に短い「序説」と「終章」があります。中間の短編は遥か古の神々の話。「序説」は現代 の考古学者が遺跡の発掘現場で古代の羊皮紙を発見しその内容(短編)を語り出す・・・と言うお話。「終章」は後日談ですね。

死神が狂言回し風に度々登場してお話が進んだりとメリハリに富んだ構成になっています。ちょっとSF風の感触もあったりして今一つまとまりに欠ける感もありますが、良くも悪くも表紙のイラストそのままの作品と感じます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告