通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
祝もものき事務所4 (C・NOVELSファンタジア... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

祝もものき事務所4 (C・NOVELSファンタジア) 新書 – 2015/7/29

5つ星のうち 3.0 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 9

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 祝もものき事務所4 (C・NOVELSファンタジア)
  • +
  • パピヨンルージュと嵐の星 - 海賊と女王の航宙記 (C・NOVELSファンタジア)
  • +
  • 天使たちの課外活動5 - 笑顔の代償 (C★NOVELSファンタジア)
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

凰華の大学時代の先輩・芹沢が事件の依頼にやって来た。これが記念すべき『もものき事務所』最初の客である――

内容(「BOOK」データベースより)

凰華の大学時代の先輩である芹沢達也が、開設したての「もものき事務所」に依頼を持ちこんだ。だが、太朗は初手から「理解不能な」理由で大遅刻!怒りに震える秘書の凰華とともに向かった先では、敷地内で遭難できそうなお屋敷での複雑怪奇な相続争い!?もものき、最初の事件。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 219ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2015/7/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4125013462
  • ISBN-13: 978-4125013466
  • 発売日: 2015/7/29
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 301,360位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
3巻を除いて既刊の物語と設定が似たり寄ったり
金持ちがー、遺産がー、無駄に多い登場人物ー、何より今作は百ノ喜の偶然解決に
貢献というのがほとんどなし
ひたすら面倒くさい人物関係の相関で疲れてしまいました
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
3巻で離脱します。
茅田先生の著作はほぼ全部読んでいるのですが、何故この方の作品は舞台が日本だったり漢字の名前の登場人物になったりするとこんなに・・・ほんとにすみません・・・読む気が半減するのでしょうか。
なんというか・・・茅田先生がふたりいるのではないかしらと思うほど他の作品と読み応えが違います。特に「もものき・・・」は登場人物の名前が難解なこともあり、読んでいても誰が何をしてるのかということ自体わからなくなったりもします。読みながら何度も登場人物紹介のイラストを見返すのですが、名前と人となりがちっとも入ってこないのです。
せめてキャラの名前がもっとシンプルだったら・・・とも思ったのですが「桐原家の人々」を読んだ時も同じ印象だったので、我ながら不可解です。
次回作はどうか、金銀黒天使か怪獣夫婦か、もしくはけもけもでよろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
探偵事務所もどきの所長(やる気、勇気まるで無し男君)が、受けた依頼に翻弄されるお話の第4弾です。
迷子になったり、意図せず事件の核心にふれたり、駄目っぷり発揮が面白いのですが、今作はあまり活躍(?)無しなのが残念です。
登場人物が多過ぎて、ちょっと疲れます。
3巻の凰華さんの先輩の依頼の話なので、そこが気になっていた方は読んでみてください(^^;
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
私は紙媒体で購入したのですが、最初からずっと読ませていただいてます。私はこの方の本をこのシリーズしか読んでいないので、他の方が言うように比較してどうこうという意見には賛同しかねるというところです。個人的にはとても面白いです。でも、はっきり言うと全巻読まないとこの巻で面白い! とは言いづらいですね。私は推理ものが物凄く苦手です。キャラ読みや台詞読みしてトリックだけ目が滑るので流してしまうほど。なので、こういう展開の人間ドラマは読みやすくて、純粋にストーリーと真相を追えて楽しいです。
とんでもなく重たい話をさらりと話せるキャラクターの芯の強さが好ましいのです。そして、主人公の自覚のない能力と本人の普通さが好きです。何も特別優れていないけど、心惹かれるものがある人物だと思います。
このシリーズを低評価する方は、何故か同著の他のシリーズと比較していますが、全くジャンル違いであることを思い出してほしいと思いました。見出しにも書きましたが、この話のジャンルは『コメディ』なのです。推理ものやら超能力者が活躍するファンタジーでも何でもない。平和な日本で起こるコメディなのです。主人公がちょっと特別で、周りの人達が優秀というだけ。後は某名探偵の如く毎日毎週殺人事件が怒ったりしない世界のお話です。
その中で、たまにクスっとしてしまうストーリーと、主人公の無自覚な特別さにハッとさせられたり、ラストで爽快に締められるのが気持ちいい楽しいコメディライトノベルです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
もものきシリーズは毎回同じ感想を抱くのですが、登場人物がすぐには把握しづらいというか。
そして、苦労して(紙に登場人物描いて整理しながら)読んでも、そこまで苦労しちゃう程お勧めできるかというとしづらいというか。

著者には他のシリーズがあるので、そっちの方に期待します。
ただし油断するとワイルドカード連発のご都合主義になるので、注意して欲しい所です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
茅田ファンですが、このシリーズはにちゃんねるの家庭版まとめか、という感じで好きではなかった。
ファンだから一応読んでます、って感じ。
今回も相当残念なことを覚悟して読みましたが、①家屋や作法の描写が丁寧で興味深かった ②オチがファンタジーなレベルの外道だった の2点を評価します。
が、現代物向かないんじゃないの……? というのが正直な感想かなぁ。
せめてにちゃんねる臭は脱してほしい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー