中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

祖國再生 (PHP文庫) 文庫 – 2009/12/1

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戦中は大本営陸軍参謀、その後、関東軍参謀等を歴任。
戦後は、十一年に及ぶシベリア抑留を経験。帰国後は、伊藤忠商事に入社、
商社マンとして、戦後日本の経済を牽引してきた瀬島龍三。
その祖国に対する深き思いは、永い抑留生活中に強くなった。
経済人として、臨調の委員になるなど、将来の日本をどこへ導くか、
この大きな問題に関わってきた。「祖国日本」を思う気持ちはさらに強まり、
「日本をどのように後代に引き継いでもらうか」という憂国の思いに至った。
本書は、瀬島龍三が、政治・経済・外交・教育などにわたり、
祖国日本の方途を、稲盛和夫・梅原猛・岡崎久彦・加藤寛・西澤潤一・渡部昇一ら、
時の知性と模索した対論集である。

内容(「BOOK」データベースより)

戦中は大本営陸軍参謀、その後、関東軍参謀を歴任。十一年に及ぶシベリア抑留から帰国後は、商社マンとして、戦後日本の経済を牽引してきた瀬島龍三。その祖国に対する深き思いは、永い抑留中に育まれ、晩年には「日本をどのように後代に引き継いでもらうか」という憂国の思いに至った。本書は、瀬島龍三が、政治・経済・外交・教育などにわたり、祖国日本の方途を時の知性と模索した対論集である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 358ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569673856
  • ISBN-13: 978-4569673851
  • 発売日: 2009/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 725,500位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
タイトルの印象から、右傾的な内容を予測したがまったく違った。

不毛地帯のモデルといわれる、元大本営参謀、伊藤忠商事会長の瀬島隆三氏が90年代に著した対話集。
JALのCEOになった京セラ会長の稲盛氏や、元慶応大学学長の加藤寛氏ら錚々たる面々とテーマ別に対話している。
(※政治家でもないのにこの二人に『先生』と呼ばれており、当時の瀬島氏の権力が伺える。)

主に、日本の未来に向けて、政治改革の視点で対話しながら、瀬島氏の大本営、ソ連抑留、伊藤忠時代、臨調のフィクサー時代の経験を交えながら意見をまとめている。本書は、瀬島氏の過去や臨調の活動を振り返る随想、橋本内閣時代の政商たちの考え方が対話集の形で資料としてまとまったものと理解するといいと思う。

橋本内閣の頃の著作なので、ホットな話題は、膨らむ国債残高や消費税の今後、中央省庁改革、公社民営化、教育改革等の話題が中心で、直接的に現在に繋がっていることが多い。大蔵省や通産省の改革はほぼ瀬島氏の論じるとおりになっており驚いた。また、膨らむ国債に対しても彼はかなり警鐘を鳴らしていたが、これは底なしの悪化が続いている。

省庁は組織は変わったが体質は変わっておらず、10年経ってさらに悪化している日本の現状を照らし合わせるとぞっとする。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告