通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
祈りの旅 天皇皇后、被災地への想い がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版、帯付き。カバー、帯に若干のキズがあります。注文確定後、クロネコヤマトDM便もしくは宅急便で発送いたします。店舗併売品のため売切れの場合ご返金とさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
11点すべてのイメージを見る

祈りの旅 天皇皇后、被災地への想い 単行本 – 2018/2/7


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2018/2/7
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,314

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第158回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は 『おらおらでひとりいぐも』 、『百年泥』。直木賞は 『銀河鉄道の父』に決定! 受賞&候補一覧 へ

商品の説明

内容紹介

天皇、皇后両陛下は台風、噴火、地震……
大きな災害のたびに、積極的に被災地を訪れ、被災者を見舞ってきた。
人々の前でひざをつき、一人ひとりに丁寧に語りかける姿が印象的だ。
なぜ、さまざまな被災地を訪問してきたのか、
被災した人々とどう向き合ってきたのか。
両陛下の被災地訪問の軌跡をたどり、
「象徴の意味」「現代にふさわしい皇室のあり方」について考える。


《目次》

●第1章● 東日本大震災
【皇居で一夜】その瞬間/揺れたシャンデリア/皇后さまが見舞いに
【首相の内奏】ワーキングランチ/平服で認証式/原発事故への関心
【御用邸を避難所に】倒れた石灯籠/御用邸の温泉を提供/秋篠宮家が絵を提供/御料牧場の卵とソーセージ/「川の流れのように」/務めは「国民の安寧と幸せを祈ること」
【まず東京、そして埼玉】選挙中の石原知事が出迎え/「東北は、私が行きます」/廃校舎、急いで下見/ひざ立ちで語りかけ
【千葉と茨城の被災地へ】関東地方から始めては/コウナゴ漁への影響は
【皇居での進講】「講師は先生お一人です」/消防隊員の健康気遣う/防塵マスク「それはN95ですか」
【宮城県訪問】記念の塗り箸は持ち帰った/真っ先に自衛隊の名/再度の黙礼/捜索活動に「ありがとう」/気休めではなく
【岩手県訪問】伸びたヒゲをどうする?/「窓は開けたままに」/「見下ろす海は青く静まる」
【福島県訪問】「原発を見たい」/「ヘリなら被曝の問題はクリアできます」/福島の野菜を持ち帰り/「津神社はどのへんですか」/自衛隊員の「メンタル面」を心配
【その後の被災地訪問】「お疲れでは」「いや大丈夫だ」/「飯舘村に行きたい」/サプライズ/よろける/大槌町のハマギク/4泊5日に膨らむ日程/イトヨを通じた交流/来ていただくだけで元気に

●第2章● さまざまな災害
【伊勢湾台風】血の叫び/随員は半分/ぼくらだけ/背広に長靴
【伊豆大島】スタイル/昭和と平成/ツバキ咲く/バッグと傘
【雲仙普賢岳噴火】車列は短く/「主人の分まで育てていきます」/核心触れる質問に絶句/「陛下の隣に」突然のお言葉/ストレス/前代未聞/「葉タバコ農家はどうなりましたか」/古文書
【北海道南西沖地震・奥尻島津波】入居延期/「教訓をしっかり記録して」/批判の電話/傷だらけの顔/あの坂/ありのまま
【阪神・淡路大震災】100日間/現下の急務/バス1台に/がんばって/曇天の校庭/マフラー/スイセン/島のヘリポート/皇室に問う/誠に遺憾
【三宅島噴火】少女との約束果たす突然の来訪/長期化する避難生活 感謝の島節/島あさりカレーのレシピ
【中越地震・中越沖地震】カレンダー/ひざが白くなって/土砂ダム/「段差でございます」/拉致被害者・蓮池夫妻と会う
【熊本地震】くまモン/南阿蘇村での再会/折り紙の花束
【さまざまな災害】汗だくで(長野県栄村)/深層崩壊だったんですね(和歌山県)/雪害を気にかけて(埼玉県深谷市)/忠恕の精神で(茨城県常総市)
【歌】被災地に寄せる思いを詠む/歌碑となり被災地を励ます
【水俣へ】「天災も人災も関係ないのかもしれない」/即席のあいさつ/山百合忌で同席/皇后さまは「会いたい」と/「夢を見た」と思ってください/「天皇さんに聞こえるごつ、声出さんば」/「まなざし」を交わし合う

●第3章● なぜ被災地を訪問するのか
【島々を思い続ける旅】51島を訪問
【傷痕の地を訪れ、悲しみを共有する旅】たましずめ/悲しみを共有する旅/「災害もまた自分の責任」/羽毛田元長官「被災者案じる姿に感動」/川島前侍従長「象徴の意味合い、如実に」
【「象徴」を考える】ひざをつく/天皇陛下の名にある「仁」の実践/国民と天皇の相互依存関係/象徴天皇の意味

あとがき
参考文献

内容(「BOOK」データベースより)

大きな災害が起きるたびに、被災地を訪れ、被災した人びとを見舞ってきた。その旅に込めた想いの原点はどこにあるのか―


登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2018/2/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022515252
  • ISBN-13: 978-4022515254
  • 発売日: 2018/2/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,355位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう