中古品
¥ 116
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 三姉妹書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品は、一品一品検品し, amazonコンディションガイドに基づきコンディションを決定しております。中古品の為小さなダメージがある場合がございますが、ご理解の上お買い求め下さいませ。商品は、概ね良好かと思います。配送及び梱包は、迅速かつ丁寧な発送を心掛けお客様にお届け致します 。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

祇園の課外授業 単行本 – 2004/9

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 116
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

お座敷が正規の授業なら、これは私の課外授業。
表舞台が祗園の花柳界を自在に舞う舞妓・芸妓だとしたら、裏は「七転び八起き」の挫折の人生でした。でも私には、道に迷ったからこその、人生の達人との宝物のような素敵な出逢いがあったのです。

内容(「BOOK」データベースより)

『祇園の教訓』の著者が放つ、出逢いの不思議、人の縁。祇園甲部という特殊な環境と業の深さを合わせもつ人生だったから、稀有な人々との交流から学ぶ「課外授業」に恵まれた…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 229ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087813126
  • ISBN-13: 978-4087813128
  • 発売日: 2004/09
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 416,910位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 アレルヤ 投稿日 2007/1/18
形式: 単行本 Amazonで購入
以前、銀座にある、政財界の大物御用達の老舗が、顧客の名前を聞かれて、決して答えないのを見た。さすがだと思った。口が堅いとは、こういうことだと思った。信用や品格というものは、こういうところに現れると思った。

この本の著者は、祇園で、100年に一度の名妓と言われた方だそうである。今は引退なさっているが、祇園を思う気持ちに変わりはないようだ。
しかし、口が堅いと言われる祇園の、しかも名妓と言われたひとが、自分の顧客について、名前をだすのみならず、ぺらぺら語るのは、如何なものか。故人のことも書いている訳だから、書かれた本人に明らかに了承をとっていないケースもある訳で、中にはえらい迷惑だと感じている方もいらっしゃることだろう。

確かにこの本を読めば(別にこの本に限らず、著者の他のどの本を読んでも。)、なるほど、祇園のお客様は超一流だとわかる。だが、それと引き替えに、祇園という場所が、口の堅さという面で、明らかに信用を失墜しているようにも、見える。なにしろ、引退してしまったとはいえ、100年に一度の名妓でさえ、上述の銀座の老舗と異なり、顧客のことをこれだけ語るのだ。著者がいくら祇園の口の堅さを喧伝しようとも、これは明らかな矛盾だ。しかも、こと細かな叙述が、著作毎に少しずつ異なっているのだ。学術書ではないから、ご愛敬とはいえ、これは信憑性の失
...続きを読む ›
1 コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 文藝春秋から『さゆり』が出るころ、アメリカで原作者のゴールデン氏を告訴した日本人がいるというので話題になった。この時点でこの本の著者の名が世界中に知れ渡ったわけである。それからすかさず、海外数か国で Geisha, a Life と Geisha of Gion が瞬時に刊行された。これだけの手際、段取り、やり手の欧米系出版ブローカーが陰で差し金をひいていることは間違いない。
 この著者の本にいろいろ反感を持つ読者もいると思うが、著作が著者の生の姿を伝えているわけではないことが、以上の経緯からわかると思う。著者は軽はずみな面があるにせよ、むしろブローカーによる被害者なのである。『芸妓峰子の花いくさ』では、かくいう自分も著者の鼻持ちならない傲岸不遜ぶりにあきれたものだが、だんだん事情がわかってくると、不本意にもおどらされる素朴な京都のおばちゃん像が浮かんできて、同情させられるのである。あの本や『祇園の教訓』から比べると、本書は日本人向けにアレンジされているようで、格段に謙虚だし、読後感も悪くはない。
 一般に聞くことのできない芸舞妓の考え方や風習について、かつての当事者から教えてもらうのは、それなりの重みがある。ただ、顧客情報については、花街の常であるように、墓場に持って行ってほしかった。ナイショがあったほうが、男も女も魅力的なのだから。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 オレンジシェード トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/6/17
形式: 単行本 Amazonで購入
祇園を贔屓にしてくれていた故人の中でも、
人間として優れた人物から著者が学んだことが書かれていました。

外部から見た華やかさとは違い、
精神的にも肉体的にも苦労されたようで、
「人間とは?生きるとは?」哲学的な記述も目立ちました。

まさに授業を受けているような感覚になる本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告