中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

社長のための失敗学 単行本 – 2002/4

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   人は誰でも失敗する。そして失敗を学ぶことによって成長し、強くなる。「失敗は成功の母」という格言があるが、本書は、企業経営者21人の失敗事例を体験談の形で収録(月刊誌「経営者会報」の連載を加筆・再編集)したものに、著者が「失敗学」の立場から事例分析を付し、「経営における失敗」の体系化を試みたものだ。

   著者は、東京大学名誉教授、工学院大学教授および畑村創造工学研究所代表を兼任し、創造的設計論を専門とする工学博士。本書では、さまざまなビジネスシーンで起こり得る失敗の原因(無知、不注意、手順の不順守、誤判断、調査検討不足、制約条件の変化、企画不良、価値観不良、組織運営不良、未知)を種類別に紹介している。「どのような失敗で」「そこから何を学ぶか」をまとめ、全体として「経営にまつわる失敗の構造」がわかるように配慮している。

   ベストセラーとなった『失敗学のすすめ』と同様、失敗を単に「マイナス」と考えて忌避するのではなく、失敗体験に学び、さらにチャレンジを続け、致命的な失敗を回避しようとする前向きな考え方が見て取れる。失敗体験がいっぱい詰まった本であり、読み物としても楽しめる。(増渕正明)

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、企業経営者の失敗事例を本人の体験談の形で収録したものに、著者が「失敗学」の立場から事例分析を付し、「経営における失敗」の体系化を試みたものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 284ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2002/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534033907
  • ISBN-13: 978-4534033901
  • 発売日: 2002/04
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 650,705位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
あらかじめこういう失敗をした人がいる。平時にこそ、そういうことを知っておくべきなのである。確かに、一読すると、あまり自分の仕事や会社とは関係ないかもとか思った。
しかし、むしろ。自分としては、この平時に、この一冊に出会えたのは実に良かったと思う。図1というものがあって、何が失敗の原因となるか。網羅されている。
平時において、いや、むしろ、成功の絶頂にいる時にこそ、この一冊、それも特に図1を見つめてみて、自分にあてはまることがないかどうか。そこをよく考えてみるのが良いのだ。
社長ばかりでなく、会社組織で「長」とつく人。ご一読をお薦めしたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いままでなかった「社長の失敗」について書かれた本だ。
まず読み物として楽しみ、そこから論理的に分析し何が失敗まで及んでしまったのかを解析している。
「人は自分の都合のいいことしか見えないし、聞こえない」という
一文には、思わずひざをたたいて納得してしまった。
また会社運営においては「失敗のツケはいつまでも残る」というのは
事実で汚名返上はかなり難しいとされる。
それにもこの本は踏み込んで書かれている。
自分ならどうするか?を考えさせてくれ、自分も会社も強くなれるように仕向けてもらえる本でもある。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
多くの社長の失敗談が書かれており、著者がそれの体系かを試みている。
中小企業の経営者には大変有用な内容だと思います。
もっと事例が読みたくなってきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告