中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため表紙カバーにスレ、ふちヨレ等、多少使用感はありますが、ヤケや読み癖の少ない、読む分に問題のない商品です。帯はございません。★女性スタッフにより、一点一点丁寧にクリーニングしております。※48時間以内の出荷を心掛けております。ゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

社運を上げる人財哲学! 単行本 – 2004/12/11

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

会社を急成長させる「ベンチャー人間」をどう採用し、育てればいいのか? 採用のプロ中のプロが集めた、人事担当者一万人の知恵。

採用・就職支援事業を営み、毎年1,000人の人事担当者に会っているという著者は、「会社の停滞した空気を一掃させ、急成長させる確実な方法がある。それはベンチャー人間を獲得することだ」と言う。ベンチャー人間とは、どこか偏っていっても可能性に溢れた人間、感動する力や感謝する力にあふれた人間、実行力が突出している人間のことだ。言い換えれば彼らの有無が社運を左右するのである。
本書は、そんなベンチャー人間がどこに存在するのか、どう見極めればよいのか、どう採用すればいいのか、そして、彼らはどう育ってゆくのかを、経験に即した言葉のみで伝授する。「電話面接」などの面接法、「日経新聞メール日記」などの内定期間フォロー術、はたまた絶対感動する社員教育などなど、すべて急成長中の企業で実践されているものばかり。必ず、あなたの会社の社運を上げる1冊になるだろう。

内容(「BOOK」データベースより)

会社を急成長させるのは「ベンチャー人間」だ!その集め方、育ち方のすべてを明かす。採用のプロ中のプロが集めた、人事担当者一万人の知恵。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 194ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2004/12/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569639739
  • ISBN-13: 978-4569639734
  • 発売日: 2004/12/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,545,387位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、ベンチャー企業を中心に人材採用に関わってきた著者が、「会社に貢献する人材をどのようにしたら採用できるのか」を解説した本です。
ここには、
「どのような人間がベンチャー企業に貢献する人材に育つのか」
「そのような人材をどのように見極めるのか」
「そのような人材に魅力ある会社にするためには何をしたらいいのか」
などが、採用面に重点を置いて解説されています。
しかしここに書かれている事は、「現代の若者とどのようにコミュニケーションをすれば、彼らの琴線に触れるのか」と言う事にも通じていて、人事採用関連の人だけではなく、部下を持つマネージャの人にも多く有益な内容となっていると感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本経済もようやく回復の兆しが見られてきたが、それはある面、勝ち組と負け組がはっきりしてきて、負け組が脱落して勝ち組が伸びていることが理由であろう。では勝ち組企業の勝因は何か、といえば人材、著者の言葉を借りれば人財ということになるのだろう。では、その人財はどこにいるのか。普通であれば即戦力で実績のある人間をヘッドハンティングすると考えるのだが、著者はそれは誤りだという。そういう勝ち組になるための人財は、新卒者の中にいるというのだ。これは人事のコペルニクス的発想の転換である。もちろんそのためにどのようなかたちで「人」を見ていくか、著者が手がけた数多くの実例で丁寧に説明してある。大学名で採用を決めているところ、試験の成績で決めているようなところ、圧迫面接で学生を試すようなことをしている企業はこの本をよく読むべきである。そんなことで言い人材は採れないのだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
会社は「人が礎」ということは定説だが、この本はこの定説を
単刀直入に非常に分かりやすく書いてある。スッと頭に入った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告