この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

社内の「知的確信犯」を探し出せ ハードカバー – 2007/7/13

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 7,800

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

サイコパスへの自衛策
1.サイコパスの知識を得る
2.安易にサイコパスのレッテルを貼らない
3.自分自身を知る
4.サイコパスにとっての利用価値を知る
5.自分の"つぼ"と"弱み"を知る
6.サイコパスが他人を操る手法を理解する
7.誘惑を退ける
8.絆を結ばない
9.サイコパスのゲームに加わらない
10.自信喪失と自己否定を乗り越える
11.虐待されたら、ただちに助けを求める
12.客観的に状況を分析する
13.羞恥心を乗り越える
14.怒りをコントロールする

出版社からのコメント

あなたと会社を守るために!!

サイコパスとは...
平気でうそをつき、他人を操り、策略をめぐらし、冷酷で身勝手に振る舞うと
いった有害な性質に根ざした"パーソナリティ障害"

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 400ページ
  • 出版社: ファーストプレス (2007/7/13)
  • ISBN-10: 4903241572
  • ISBN-13: 978-4903241579
  • 発売日: 2007/7/13
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 649,731位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
知り合いに本当に私の心をわざと踏みにじり、弱みに付け込んだり、他者を操縦して私を貶めたりする人がいて、サイコパスの特徴とよく似ており、何回も確かめた上で、縁を切りました。
共通の知人を操って、私にダメージを与えようとしたり、こちらに手紙を送って遠距離から悪影響を与え、思い通りに操ろうとしたりします。とにかく人面がよく口がうまいので外からはそういうことが分からないと思います。なので、共通の知人は持たない方が良いというのは本当です。印象操縦というのもよくやっていました。今は縁が切れていますが、
あと肩書きが看護婦ということで社会的にはやさしいというイメージがあるかも知れませんが、これもよく見られるということを計算してのことだと思いますし、肩書きで人を信用してはいけないとは本当のことです。
この本は、さまざまな種類のサイコパスの特徴と行動パターンがのっていてわかりやすいです。私はここに太い赤線を引いて、本を開いたらすぐにわかるようにしています。
操り屋タイプのサイコパスのことも書いてあり、すごく参考になりました。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
まず本書はなかなか分厚いのだが、フィクションと人格障害への実効的な対処法の構成がうまく、実に面白く読める。
私自身、人事のキャリアを中心に企業生活を送ると共に、メンタルヘルス対応も職掌の一つであるため、臨床心理や精神病理学の書籍にもかなり目を通しているが、この書籍はこけおどしの素人によるものではなく老獪なキャリアをもった「プロ」の著者二名の経験と洞察力に基づいて実にしっかりと記載されている。〜本書に記載されているような人間は実際企業の中に、いる。頭もよく、スマートで表面的な人当りはよいのだが、自分が気に入らない些細な事で豹変したように激昂し、わけのわからない根拠で攻撃をおこない、また、部下の成果物を「自分で作った」と豪語してはばからない傲慢な存在だ。〜無論本書にも記載があるよう安易にサイコパスと断定する事はできないが、僕の経験則からいってもその「認知」(もの事の受け止め方)は著しくゆがんでおり、支配欲、ナルシズム、攻撃性は明らかに正常ではない。〜本書はあるサイコサスペンス映画のようにサイコパスの勝利に終わるような皮肉な結末を迎えている。しかし、現実にそうはいかない。そのような人物は周囲、部下からもまったく信頼をされておらず、(寧ろ、死んでしまって欲しい程に憎まれている)企業規模の拡大化とともに、「強権支配」と「スキル不足」によって会社にとって確実な「害悪」となってゆく。僕
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
「邪悪で狡猾な毒蛇」にどれだけ愛情を注ぎ大切に育てても、その毒蛇が飼い主になつくことはない。その毒蛇は飼い主を助けるのではなく、愛情を注ぎ大切に育てた飼い主を「殺し」「食らい尽くす」だろう。「サイコパス」は「邪悪で狡猾な毒蛇」である。彼らは人間の姿で現れスーツを着ているが、彼らの核となる脳の構造は「邪悪な毒蛇」と変わらない。「サイコパス」に絶対の信頼をよせ、部下を与え、予算を与え、権力を与え、最後まで「サイコパス」を擁護し続けた上司、部下、同僚、経営陣は物質的、精神的な損失を与えられ、破滅させられるが、「サイコパス」が裁かれる事はまれである。

本書では「スーツを着た蛇(サイコパス)」が経験豊富な人事担当者の目を欺き、彼らの最大の武器である「虚飾」と「饒舌」を用いる事で、社内の重要人物に「自信と魅力に満ちた」「知的で誠実で聡明な」「企業が理想とする社員の姿」を植え付け、経営陣から「揺るぎない信頼」を獲得し、「企業のモラルを打ち砕き」犯罪を行い続ける姿が書かれている。

「サイコパスとはどのような人々か?」「サイコパスはどのようにして企業に潜り込み、経営陣から信頼を獲得し犯罪を行うのか?」「どうすればサイコパスから企業を守れるのか?」「どうすれば魅力的でパワフルで饒舌に見える人気者の社員を、サイコパスであると見抜けるのか?」などが書き記されてお
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 紅茶 投稿日 2007/9/24
形式: ハードカバー
「サイコパス」というパーソナリティ障害の紹介と恐怖(^_^;ならびに対応を書いた本です。 構成としては、紹介と対応をベースに大きな話が2つ分けて入っています。(2つ目の話は、あまり大きくありません)

本の対象読者は、、会社の人事等にしている(あるいは見せている)が、一般の会社員にも読めるようにしています。

内容としては、共感できる部分が多数あり、「サイコパス」および周囲に対して「何故」という疑問への説明がなされています。個人的にも実社会でよくいる人たちの説明がなされており納得の一冊です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック