¥ 3,024
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
社会運動と若者:日常と出来事を往還する政治 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

社会運動と若者:日常と出来事を往還する政治 単行本 – 2017/3/31

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 4,969

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 社会運動と若者:日常と出来事を往還する政治
  • +
  • 社会にとって趣味とは何か:文化社会学の方法規準 (河出ブックス 103)
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 149pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

誰もが個別に特殊な形でしか政治を体験できないのが現代の日本社会であり、彼らは自らが体験した政治を、自らの文法で語っているにすぎないのではないか。(中略)私たち年長者は自分たちが思うほど若くないし、若者たちは思った以上に年長者とは異なる体験を生きている。だからこそ、彼らの意味世界を汲み尽くす試みからまずは始める必要があるのではないか。(「はじめに」より)

内容(「BOOK」データベースより)

「若者」たちの語りから見えてくるものは何か。社会運動の規範や作法(=社会運動サブカルチャー)はどのように形成されるのか。「若者」とその社会運動の特質を当事者が集合するデモなどの「出来事」と、他者との関わりの中で揺れる「日常」生活から浮き彫りにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: ナカニシヤ出版 (2017/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477951164X
  • ISBN-13: 978-4779511646
  • 発売日: 2017/3/31
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 149,166位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
前著『社会運動のサブカルチャー化』で社会運動参加者のこだわりから社会運動を読み解くという観点を提示した著者が、その観点をもとに昨今注目を浴びた若者による社会運動を分析したのが本書である。
背景が異なる多様な人たちが自身を「若者」と語り、自身の主張を届けたい人たちを「若者」とラベル付して、運動が展開される。若者とは年齢によって決まるものではなく、運動のメッセージの送り手と受け手の関係で決まる。
「若者」による社会運動に込められた参加者たちの「思い」を丹念に読み解くことによって、マスコミが提示する社会運動像とは異なるものが見えてくる。そういった点で、本書は社会運動論の好著ではなかろうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告