¥ 1,728
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 432 (25%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,296
Kindle版
¥ 1,728
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 432 (25%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
  • ポイント: 17pt (1%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
社会を希望で満たす働きかた ソーシャルデザインとい... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
11点すべてのイメージを見る

社会を希望で満たす働きかた ソーシャルデザインという仕事 単行本 – 2018/10/19


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等 と【B】ドラッグストア、ビューティー、食品、飲料、お酒、ベビー&マタニティ、ペット、ホーム、キッチン、おもちゃ、書籍、スポーツ、家電・オフィス用品 をまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。2018/10/10(水)から2018/10/30(火)まで。詳しくはキャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

◎ソーシャルデザインとは、「社会的課題を解決」するための
「意図的な企て」を「整理整頓」することである。

◎ソーシャルデザイナーは、「切羽詰まった貧困な生活」を強いる社会に
ラディカル(徹底的)に抗し、社会を希望で満たすことをめざす。
だから、利益追求を第一義にせず、社会貢献をおこなう。
その背景には、「公憤」という公共の正義から起きる怒りがある。

◎障がい者でありソーシャルデザイナーである著者は、
「デザインの力」で怒りの解決の糸口を見つけようと、
「アトリエ インカーブ」をつくった。そこでは、
障がい者といわゆる健常者が共に希望を見いだすために
「意図的な企て」が実行されている。

◎時に怒りは、人を傷つけ、社会を不安定にする。
しかし怒りは、社会を希望で満たす力にもなり得る。
怒りは、社会的課題に挑む原動力でもある。
だから、あなたの社会に対する怒りが見つかれば、
それが社会を希望で満たすきっかけになる。

◎あなたの「怒り」は何ですか。



【目次】
はじめに──ソーシャルデザインという仕事は「社会的課題」を「希望」に変えることだ

第一章 ソーシャルデザイナーの仕事
「デザインと福祉」をつなぐ
隣にいる「ふつうではないとみなされる人」とコミュニケーションをとる
「ふつうの人の意識を変えるデザイン」が求められている
「経済原理」と「道徳原理」の融合を目指して

第二章 ソーシャルデザインは「コノユビトマレ」から始まる
インカーブがおこなっている「コノユビトマレ」
消せないジレンマを丸抱えにして行動を起こす
デザインの思考や手段で「生活の困りごと」を解消する

第三章 「ソーシャルワーク」から「ソーシャルデザイン」を考える
利益追求を第一義にせず、「社会貢献」をおこなう
社会を「希望」で満たすためのコミュニティ
デザインは狭義と広義に分けて考える
「価値のある社会的企て」をデザインする
ソーシャルデザイナーに必要な能力❶ ──「社会的課題」を「発見」する能力
ソーシャルデザイナーに必要な能力❷ ──「バランスの良い」意図的な企て
ソーシャルデザイナーに必要な能力❸ ── 課題を「整理整頓」する能力
ソーシャルワークとソーシャルデザインに共通する課題

第四章 デザイナーは本来、「社会改良者」である
近代デザインの祖、ラスキン
詩人、デザイナー、社会改良者のモリス
トインビーとセツルメント運動
第五章 「デザイン」と「アート」の境界線を考える
真綿に包まれた「劣等性」という幸運
「人を慮ること」から生まれるデザイン
デザイナーは共同体の中で生きる
「私のデザイン」と呼べるものを探して
「アート」だけが「オリジナル」を生む
デザイナーは共同体のためにチームを組む

第六章 「熱い胸」と「冷たい頭」をもった組織を目指す
インカーブはアーティストを支援する組織
「なんとなく、分かる」ゆらいだ状態を受け入れる
身の丈にあった「組織のサイズ」を考える
「クライアント」と「デザイナー」の距離を考える
「熱い胸」だけで突き進むと、大きな判断ミスを誘発する

第七章 「社会福祉法人」を使い倒す
社会福祉法人の仕組み
なぜ社会福祉法人にこだわるのか?
「閉じながら開く」組織がもつ力
公務員や政治家とも協働する

第八章 「公と民の新しいコラボレーション」を模索する
「経済学」も「社会福祉学」も目指すところは同じ
「悪気のない善意」に抗する
「普遍性のある企て」をデザインする
「市場のルール」と「専門的就労」を尊重した分業が望ましい
二段ロケット──「公と民の新しいコラボレーション」

第九章 ソーシャルデザイナーが直面するジレンマ
「ケアとコントロール」から生じるジレンマ
インカーブによる「ラディカルな実践」
ローカルを射程に入れて、行動する
福祉領域への参加者を増やす試み
ソーシャルデザイナーは当事者ではない

第一〇章 「ふつうではないとみなされる人」と「ふつうの人」の境界線を越えて
デザインには非差別化する力もある
ソーシャルデザイナーによるエンパワーメントは可能か
「障がい者文化」も「ふつうの文化」として社会に提出する
「希望の仕組み」を新たに企てよう

あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

100万人に1人といわれる先天的な障がいがある私は、なぜ「デザイナー」になったのか―。それは、障がい者と健常者が共に希望を見いだす「意図的な企て」を実行するためだった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2018/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023317403
  • ISBN-13: 978-4023317406
  • 発売日: 2018/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,724位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう