通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケ... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■比較的状態良好な中古本です、帯付■Amazonからの発送になります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 単行本 – 2016/6/2

5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 3,006

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力
  • +
  • USJを劇的に変えた、たった1つの考え方  成功を引き寄せるマーケティング入門
  • +
  • USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)
総額: ¥5,659
ポイントの合計: 171pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界屈指のマーケター&アナリストが、USJに導入した秘伝の数式を公開。

ビジネス戦略の成否は「確率」で決まっている。
その確率はある程度まで操作することができる。

八方塞りに思える状況でも、市場構造や消費者の本質を理解していると、
勝てなさそうに見える局面や相手に対しても勝つチャンスのある戦い方、
つまり勝つ確率の高い戦略を導き出すことができる。
その戦略を導き出すのが「数学マーケティング」である。

内容(「BOOK」データベースより)

ビジネス戦略の成否は「確率」で決まっている。その確率はある程度まで操作することができる。八方塞りに思える状況でも、市場構造や消費者の本質を理解していると、勝てなさそうに見える局面や相手に対しても勝つチャンスのある戦い方、つまり勝つ確率の高い戦略を導き出すことができる。その戦略を導か出すのが「数学マーケティング」である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 311ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2016/6/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041041422
  • ISBN-13: 978-4041041420
  • 発売日: 2016/6/2
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 642位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」を読んだ後、本書を読みました。
前述の著書がマーケティングのベーシックコースとすれば、本書は数学的思考のマーケティングのアドバンスコースですね。

数学や統計学に詳しくない私でも、数学的思考を通じて述べられていることが、苦もなく理解できました。

内容が濃く、読み応えがしっかりあるにも関わらず、分かりやすい例を挙げてくれているので、数式を理解できなくても、骨子や考え方はすんなり伝わってきます。

記載されている数式を全て使えなくても、骨子が理解できれば、十分に実践で活用できそうです。

読む順番は、「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」を読んでからの方がお勧めですが、勿論、本書だけ読んでも十分に理解できると思います。

マーケティング的な思考を理解したい人には、是非是非、お勧めの一冊です。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
USJをV字回復に導いた、2人の著者による熱い数学的マーケティング論。

数学の部分は付録のところにほぼ追いやられており、口語体で語りかけるように書かれた本文は非常に読みやすく、

また実例に基づいているので説得力がある。これは読んで損のない本だと思います。おすすめ。

以下に本書のうち気になったところを抜き出しておく。

・プリファランス(選択)を理解するためにNBDモデルを知る
・売上を規定する7つの基本的要素
・トライアルビジネス・・・初回購入に依存するビジネスモデル・・・観光地の土産物屋やぼったくりバーなど
・日本のテーマパークの値段が安いのは東京ディズニーリゾートが長年にわたって天井となる価格を低く抑えてきたから
・サイコパス性とは目的に対して人間的感情にとらわれず、純粋に正しい行動をとれる性質のこと(感情が意思決定の邪魔にならない)
・刑務所の凶悪なサイコパスとよく似たサイコパス性を持つ人が大企業の重役に非常に多い
・つらいが正しい意思決定には感情は邪魔にしかならない
・会社のための正しい意思決定より自分のストレスから逃れることを優先するのは自己保存の本能に基づく行動
・選択による結果が重大であるほどストレスが猛
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は内容が非常に濃い。
ビジネスの本質を数式から明らかにした傑作です。

前作も素晴らしいがこちらの方が上級者向けで、
読後に感じる「自分の目が開いた」感がものすごい。
簡単に読めるありがちなビジネス本と違い、本物の背骨がしっかりある。
ただ正直、文系の私には巻末にある数式の解説だけは理解できなかったが、
それ以外の大部分は数式ではなく結論や意味をわかりやすく解説してくれていてとても良い。
これだけの内容を読み物としてこれだけ面白く書けていることに驚く。

この本で言っていることで最も感銘を受けたのは、
確率の高い勝てる戦いをどうやって探すのかということ。
世の中の消費者行動は「負の二項分布」の数式で計算できてしまうこと。
その数式の要素を見ると、勝ちをコントロールしやすいものが何なのかわかること。
なのでどこに集中すれば勝てるか戦う前からわかるということ。
合理性のかけらも感じない自社の幹部の皆さんにぜひ読ませたい!!

文系理系を問わず、経営戦略に関わる経営幹部や実務者、
これからビジネスに関わる学生におすすめします。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こんにちは、古舘健です。

2人の「数学マーケティング」の実践ノウハウが学べる貴重な一冊です。
1人はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のチーフ・マーケティング・オフィサーの森岡毅(もりおか つよし)氏です。もう1人はUSJのシニアアナリストの今西 聖貴(いまにし せいき)氏の共著です。

マーケッターで戦略家の森岡氏は元P&G世界本社のブランドマネジャー、USJに入社後、集客数を5年で660万人も増やしUSJを日本一にした実績をもちます。一方、リサーチャーで需要予測家の今西氏は元P&G世界本社の最高頭脳の一人として、世界の第一線で活躍していました。

2人は米国シンシナティで安いドーナッツとコーヒーを片手に10年以上前から本書のコンセプトを温めてきたと言います。

今西氏が生み出した消費者テストの具体的な方法(BP-10:Brand purchase in next 10 category purchases)や、「数学マーケティング」の代表的な6つの道具も巻末解説で公開されています。

個人的には、以下の場面が好きです。
USJの社運をかけて、ハリー・ポッターを日本にたてるとき、リスクの大きな賭けを前に著者2人がそれぞれ独自に需要を予測しました。そして
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー