中古品
¥ 38
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後、通常奈良県から日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

確率・統計であばくギャンブルのからくり―「絶対儲かる必勝法」のウソ (ブルーバックス) 新書 – 2001/11/20

5つ星のうち 3.7 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 38
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

 「すべてのギャンブルは純粋に数学的事象であり、直感に頼るギャンブラーはトータルでは決して勝つことはできない」と、著者は言いきる。ギャンブルに関して世の中には必勝法と銘打った嘘やイカサマが無数にある。金額の大小にかかわらず、金銭が伴うということでそれが顕著になる。そんな嘘や必勝法を、ジャンケンから競馬、ルーレット、ポーカーに至るまで確立・統計を用いて暴き、本当の必勝法とは何かを述べている。

   公営ギャンブルからブラックジャック、ルーレット、宝くじ、TOTOに至るまで、その胴元の儲けのしくみを「期待値、控除率」を用いて紹介する。この期待値とは「ある特定の賭け方に対して理論上戻ってくる割合」であり、控除率とは「賭けられた金額に対するギャンブル主催者の利益率」である。この2つを理解することにより、ギャンブルの裏側や、楽しみ方がわかってくる。つまり、「堅実なギャンブラーになれる」ということである。

   各章末のコラムにも注目すべきものがある。身近な事例を確立・統計を用い、ギャンブルにみたてて損か得かを証明するのだ。イチローをいくらで獲得すれば得するか、といった軽いトピックについても、打率などから確率・統計を用いて理論的に説明されており、興味深い。内容を理解するためには高校卒業程度の数学の知識が必要とされるが、それがあれば、十分楽しめるだろう。(松長泰広)

内容紹介

胴元は確実に儲かる。なぜか?
明日のレースに、まだ間に合う!勝負に挑むギャンブラーはこれを読め!

胴元が確実に儲かるように設計されたギャンブルに、直感で挑んでは勝ち目はない。カタい目を押さえる流し買い、ワイド馬券や複勝転がし……、一見勝ちやすそうな手こそ負けへの近道とは、これいかに?
「必勝戦術」のあるゲーム、ないゲーム、スポーツ・ブッキングの仕組みなど、確率論で解き明かす、巧妙なからくりの数々。

以下の質問の答えがわからない人は、本書の読者です。
●なぜパチンコ屋は、たまった玉をいったん交換しろと言うのか?
●本命一本と大穴一本、どちらで勝負すべきか?
●ボックス買い、流し買いで押さえるのは賢い?
●ブラックジャックに必勝法がある?
●公営ギャンブルはまず勝てない?
●カタい馬券で連勝を目指すのは正しい?
●ルーレットでは「流れ」こそ大切だ?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062573520
  • ISBN-13: 978-4062573528
  • 発売日: 2001/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 確率・統計理論を使って、ギャンブルのしくみをわかりやすく説明している本という見方もできるが、どちらかというと、ギャンブルを使って、確立・統計理論をわかりやすく説明している本。
 ギャンブル必勝法を期待して読むとがっかりする。数学が苦手な人にも理解しやすい記述になっている。例題や解説がとてもわかりやすい。確率・統計がとても理解しやすい。
1 コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は読んで面白いと思いましたが、あくまでもギャンブルに詳しくなるための本ではなく、確率論・統計学への入門書(興味を引くためにギャンブルを例にいるとっているだけ)です。

確率論・統計学について知ってみたいが、通常の入門書は堅苦しくて・・・という方にはお勧めできます。

身近にギャンブル好きの人がいて、その人にギャンブルを止めさせるために読むというのはお勧めできません。ギャンブルは胴元が一番儲かるというのが鉄則であり、それはこの本を読まなくても皆知っていることだと思います。ギャンブルは儲けるためにやるだけではなく、賭けてから結果が出るまでのドキドキ感が堪らないからやるわけですから。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本を読むことでギャンブルの勝率アップに繋がる、という人は
皆無とまでは言わないですが、ほぼいないでしょう。
競馬予想家の須田さんなど
データ派と呼ばれる人たちの予想方法に興味があるけど
統計とか確率とかよく分からんから勉強したいという人は
この本よりも(一般向けの)統計入門書を買った方がいいです。
他の人も書いていますが
確率の話をするためのネタとしてギャンブルを取り上げている本です。
ただ、単純に読み物としてそれなりに面白いですし
また、本格的なデータ分析によるギャンブル予想をしたい人ならば
最低限理解していないといけない内容が書いてあるとは思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ギャンブルというのは、お金にせよ、オッズにせよ、数字が支配する世界であるから、本来は、数学的な世界なのである。
たいていのギャンブラーは、熱くなっているだけで、なんにも計算していないように見えても、頭の中では、相当な計算をしているはずだ。
ただ、その人なりの計算が、はたして数学的に妥当なのかどうか、それはわからない。
たぶん、結果が、すべてを物語っているだろう。
ギャンブルは、のめりこむと、生活資金のすべてを失う世界であるから、その計算というやつの妥当性は、たとえいくらかでも、確かめておきたいものだ。
そこに、本書のような、数学的、理性的に解説してくれる本があると助かる。
というか、ギャンブルに明確な指針をもたない、カンにたよる人々にいくらかでも指針を与えてくれる、数少ない本なのである。この本は。
なにせ、著者は、競馬情報を流して生活する人でもないし、まして予想屋でもないし、なんとかのブローカーでもないし、ノミ行為をするわけでもないし、ダフ屋でもない。
ギャンブルとは、いっさいの利害関係のない人なのだ。
かといって、ギャンブルを毛嫌いし、ギャンブルの絶滅を願っているわけでもない。
純粋に数学的な研究の対象として真摯に対応しているだけなのだ。
たとえば、確率統計での大数の法則
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
まえがきによると、本書の目的は”「ギャンブル」を正しく理解し、ニセモノを見分ける力をつけることにある。ギャンブルを数学(確率論)を中心に解説する”とある。

では、以下が大まかな内容になります。

第一章:直観に頼るギャンブラーはなぜ負けるのか 〜 あなたの「確率論センス」をテストする 〜
第二章:儲けとテラ銭 〜 「期待値・控除率」と「シミュレーション」〜
第三章:ルーレットに「流れ」はあるか〜 独立事象ゲームのシミュレーション 〜
第四章:ブラックジャックの必勝戦術 〜 従属事象のゲームについて 〜
第五章:胴元はなぜ儲かるか? 〜 大数の法則 〜
第六章:スポーツ・ブッキングの要 〜 多変量解析とその応用 〜
第七章:現代社会は、ランダムな世界 〜 ギャンブルとビジネスの密接な関係 〜

内容は、ギャンブルを題材にした数学(確率論)入門なので、ギャンブルに興味がない人が読んでも面白くないかもしれないが、「第五章:胴元はなぜ儲かるか? 」は非ギャンブラーにもぜひ読んでほしいと思う内容だ。特にp145ページとp146ページに掲載されている、カジン(ネバダ州)の期待と日本のギャンブルゲームの期待値についての表やp153の「期待値が異なるゲームにおける100回、10
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー