通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
確定拠出年金の教科書 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ふわふわ天国
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ▼お読みください▼発送はゆうメールとなります。土日祝日は休業日の為、発送を行っておりません。1~2営業日で発送させて頂きます。 ※帯や付属品(CD・DVD・特典)の欠品、色あせ、キズ、ヨレ、書き込み等がある場合がございます。神経質な方は事前に状態確認をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

確定拠出年金の教科書 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/9

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 882

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 確定拠出年金の教科書
  • +
  • はじめての確定拠出年金投資
  • +
  • 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
総額: ¥4,514
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『会社四季報 2017年 2集春号』特集
業界担当記者が独自取材・独自分析で上場企業の業績を先読み。「会社四季報」で、好調会社や有望銘柄を探す。 『会社四季報 2017年 2集春号』特集はこちら。

商品の説明

内容紹介

◎確定拠出年金に加入しているすべての人、待望の基本書

2016年3月末時点で、企業型548万人、個人型25万人と、非常に多くの人が加入し、毎月何万円ものお金を積み立てている確定拠出年金。
うまく利用すれば非常にお得な制度であるにもかかわらず、ベストな運用をしていなかったり、
あるいは加入できるのにしていなかったりで、“もったいない"ことになっているのが現状です。

本書では“お金との賢い付き合い方を教えてくれる第一人者"である著者が、すべての人が最も得できる確定拠出年金の活用法を、
実際の商品ラインナップの実例も交えながら、スッキリとシンプルかつロジカルに解説。
2017年から施行される改正法にも対応しています。
この本を手元に置いておけば、誰もが明日からすぐに、確定拠出年金とのベストな付き合い方が「超簡単」にできるようになる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

加入、運用、受け取りの「一番得」なやり方がスッキリ分かります!運用商品は「超簡単」に決まります。商品ラインナップ具体例多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2016/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534053789
  • ISBN-13: 978-4534053787
  • 発売日: 2016/6/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,115位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
理知的だが歯に衣着せぬ物言いで資産運用業界のみならずマルチタレントとしても名を馳せている山崎元氏による確定拠出年金(DC)の入門書。氏のスタンスは「合理的な個人が合理的な判断を行えば由」という徹底した実力主義に根ざしており、本書もそんな山崎イズムあふれる一冊となっているが、この「説明は以上。あとは自分で考えろ」というスタンスが、本書のような入門書・教科書では裏目に出てしまっている。肝心のDC制度の解説にしても、著者にDCに関する確固たる知識や実務経験があるわけではないため、どこか上っ面で、銀行員や証券マンを批判する時の歯切れの良さは微塵も感じられない。DCについて山崎師匠から直々に教えを乞いたいというファンから見れば星5つなのだろうが、それ以外の者からすると中途半端さは否めない。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 確定拠出年金は様々な節税メリットがあり、ほとんどの人にとって「使わないと損」な制度なのだが、国や金融機関ののPR不足もあり、あまり知られていないのが実情だ。折しも2016年の5月に確定拠出年金に関する法改正が国会を通過し、対象者の拡大や各種の規制緩和が実現する見込みがついたことから、今後は加入者が増加していくことが見込まれる。本書は確定拠出年金の制度や仕組み、どのように始めたらよいか、具体的な運用商品の選び方などに加え、運用期間中の様々な諸手続き方法までをも網羅して解説したものである。
 著者の山崎元氏は、個人の資産運用を専門分野とする楽天証券経済研究所の客員研究員で、多くの著書や講演・執筆活動を通じ様々な情報発信を普段から行っており、この方面に明るい方ならお馴染みの人だ。金融機関に勤めながらも、常に消費者目線に立ったスタンス・鋭い指摘が持ち味で、本書でも冒頭で「確定拠出年金を提供する金融ビジネスの側に立つのではなく、100%加入者個人の利益の側に立つことにした」と宣言している通り、我々加入者にとって「何が得なのか」という観点で本書全体が一貫してまとめられている。手数料の高い、金融機関を設けさせるだけの商品を「地雷」と呼び、「選んではいけない商品」と紹介している点などは痛快であり、この手のお堅い本を読みやすくしている。
 個人の資産運用の一環として確定拠出年金
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
資産運用の専門家・山崎元が、個人個人が運用を指図する「確定拠出年金」の用い方について述べた本である。確定拠出年金には多大な節税効果があり、近日中には制度の変更によって加入可能な人の数も大幅に増える由、特に年齢の若い方にとってはメリットの大きな制度と考えられる。本書を読んで制度の詳細を知り、活用するか否かを読者各自でよく考えてみるとよいであろう。具体的な運用方法の提案も、山崎らしくシンプルに書かれている。

ところで評者個人は確定拠出年金に加入する予定はない。これは本評の時点で既に五十歳近く予定運用期間が短いからでもあるが、もう一つは同年金には「特別法人税」を課せられる危険があるからである。特別法人税とは、厚生年金基金や確定拠出年金の運用資産全体に掛けられる税金である。年率1.173%の税金を課すという法制だが、現在のところは一時凍結されており実際には徴税されていない。しかし、霞ヶ関のありがたい「お上」の気分次第で、いつでも凍結が解除され年率1.173%の資産課税が開始されるという意味になる。

「資産」の1.173%だからタチが悪い。確定拠出年金において首尾よく年率6%のリターンを挙げられたとして、その約二割を献上するのと等価である。偶然だが現在の上場株式等の分離課税:約20%:と同じで、誠にご同慶の至りである。評者は過去十数年間に山崎の著書
...続きを読む ›
2 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
投資家の1人として山崎元さんのコラムは読んでいます.
この方の考え方をご存知の方は、またいつもの話かと思うかもしれません.つまり、資産運用の1つの器にすぎないということです.
これまで、資産運用をしたことのない人には驚くかもしれませんが非常にシンプルなスタイルです.

さて、本編についてです.
教科書とタイトルに拘ったのか、網羅的にまとめたかったのかの教科書となったのかの前後関係はわかりません.
内容は制度の概要、運用方法、転・退職に伴う手続き、受け取り方まですべて書かれているため読者が必要な個所だけ読めばいいかと思います.

個人的には、転・退職に伴う手続きは知らなかったので大変参考になりました.
全く知識のない方で始めてみたいと思う方は、大江英樹さんの
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー