Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大石まさる]の碧 水惑星年代記 (ヤングキングコミックス)
Kindle App Ad

碧 水惑星年代記 (ヤングキングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 193ページ 碧 水惑星年代記 (ヤングキングコミックス)と類似の本

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

ライフスタイルは違っても、僕らとおんなじ、夢と希望に生きているBOYS&GIRLS。瑞々しい感性を大いに悩ます少年から大人まで。まっすぐに生きている僕らを励ます読切り連作集。ちょっと不思議なこの水惑星、サイコーです!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 81280 KB
  • 出版社: 少年画報社 (2014/10/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00O2ZEPRI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 日常の中に偏在する「夢、希望、冒険、躍動、恋、その他諸々」。

 それら人間が本来持つ「可能性」を、近未来技術を小道具にして娯楽作品に仕上げたものがサイエンスフィクション(空想科学物語)の王道であると思う。
 その王道を行っている本シリーズも5巻目だが、短編読み切り形式ということもあり、どの巻からでも楽しめる作りになっている。
 
 著者のファンの方には言わずもがなだが、未見で書店等で見かけられた方は是非手に取ってみて欲しい。決して損したという気分にはさせないと思う。
 SFファン、青春物ファン、自然物ファン、ファンタジーファン、「ARIA」のようなの癒し系アニメのファン等、「希望に満ちた未来を信じたいと願っている」方々には特に強くお勧めしたい。

 正にセンスオブワンダー。個人的には星10個評価をつけたい作品だ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
水惑星シリーズは初期の作品から単行本で追っかけています。ストーリーなどの紹介は他の方もうまくレビューされていますので、私は個人的に好きなポイントなどを書いてみます。

この水惑星年代記シリーズでは、何組ものカップルが登場します。大抵は、大石氏の好みなのか(笑)、それとも読者層のニーズなのか、胸が大きくてあけっぴろげで元気、でも少し意地っ張りで…というような女の子と、朴訥な感じの男の子がペアになっている感じですね。ま、そんなことは良いのですが、この作者が描くカップルの夜の描写が、おそろしくさわやかで、それでいて愛を感じさせるような明るさで、まるで太陽のようなのです。

水惑星年代記は、ノスタルジックに郷愁を誘うような物語が多く掲載されて、どれも評価できますが、私は特にこの作者の愛の描写のさわやかさが一押しだと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
月刊誌『ヤングキング・アワーズ』誌に連載されている、大石まさるによる水惑星年代記シリーズの「第5弾」(背表紙)または「5冊め」(漫画家あとがき)の登場です。ポイントは第5巻ではなく、第5弾というところ。このシリーズは一貫した時間軸や世界観を編年的に追うストーリー・マンガではなく、SF短編的醍醐味を持ちつつ、水辺と惑星を主に描いた(絶対ではありませんが)オムニバス形式の『短編集』。よって、1「巻」から順に読まずとも、第3弾から、2、1と遡って、4,5と読んでも良いし(実際レビュアーはこの順番で読みました)、5から遡ってもかまいません。また編集も必ずしも雑誌掲載順ではないところが、この体裁に対する作者と編集者の主張を感じます。

前置きは長くなりましたが、オムニバス形式で綴られる短編は全く違う世界のお話だったり、同じ世界でも時代がちがったり、全く違うお話に見えても同じ世界・時間のお話だったり。とにかく1話1話楽しめる小品集。この作品群の中心にあるのはハートフルなお話。時に人間以外の物語であったりもしますが、必ずしも理想の世界ではない場所で、気持ちよく生きるのはどういうことかを描いています。

さて、第5弾の内容について一つだけ。作品「凪と波」のタイトル及び登場人物はなぜこの名前なのでしょう? まるでアダムとイブを想起させるこのお話。そう、彼らは日
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ポチR トップ100レビュアー 投稿日 2010/8/19
形式: コミック Amazonで購入
水惑星シリーズ、ずっと気になっていて、とりあえず手に入った「碧水惑星年代記」から読んでみた。

SFなのだろうがほんわかした日常が描かれた独特の雰囲気。トーンがほとんど切使われていない作画。
この本の中では「凪と波」だけがSFを十分に感じさせてくれる物語で一番好き。
とてもいい作品ばかりだったので、他のシリーズもぜひ読んでみたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover