通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
硝子の太陽R-ルージュ がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

硝子の太陽R-ルージュ 単行本 – 2016/5/11

5つ星のうち 3.7 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 281

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 硝子の太陽R-ルージュ
  • +
  • 硝子の太陽N - ノワール
  • +
  • インデックス
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

姫川玲子×〈ジウ〉サーガ、衝撃のコラボレーション、慟哭のルージュサイド!

祖師谷で起きた一家連続殺人の捜査本部に加わった姫川班。
有効な手がかりや証言のない難しい捜査だが、捜査一課に復帰して間もない玲子の日々は充実していた。そのはずだった……。
緻密な構成と驚愕の展開、著者渾身の二大ヒットシリーズ競演!

内容(「BOOK」データベースより)

祖師谷で起きた一家惨殺事件。深い闇の中に、血の色の悪意が仄見えた。捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、姫川を高く評価する林が統括主任として見守る。個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。謎の多い凄惨な事件を前に、捜査は難航するが、闘志はみなぎっている―そのはずだった。日本で一番有名な女性刑事、姫川玲子。凶悪犯にも臆せず立ち向かう彼女は、やはり死に神なのか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 380ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/5/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334910939
  • ISBN-13: 978-4334910938
  • 発売日: 2016/5/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,768位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
祖師谷で起きた一家惨殺事件を巡る姫川シリーズの最新作。

犯人の視点と警察の視点、双方から物語が展開され真相に迫っていく。刑事側は主役の姫川だけでなく、姫川班に戻ってきた菊田や、旧姫川班の葉山、姫川を目の敵にするガンテツなど、様々な視点から描かれ、それぞれの思惑がうまく描かれていた。

今回は事件の捜査より、警察内部の人間関係に重きがおかれていた気がする。捜査自体は、ちょっとした資料から一気に進展してしまう展開も都合が良すぎるし、姫川の単独行動が目立った。せっかくの新しいチームにも関わらず、新メンバーの活躍が見られなかったのは残念だった。

また、終盤、特に犯人を追い詰めていく場面が駆け足になってしまったので、もう少し丁寧に描いてほしかった。

祖師谷一家殺人事件の取材をしており、何かしらの情報をもっていると考えられる上岡が殺害された事件や反米運動の話は、同時刊行の「硝子の太陽Noir」で描かれているので、そちらも読むと事件の全体像が分かると思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ストロベリーナイト、シンメトリー、ブルーマーダー は面白かった。インデックスもまあまあ面白かった。
これは読まなくてもよかった。

コラボレーションもいいけどさ、姫川玲子シリーズの本格続編を待望してますよ!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
姫川×ジウ、サイドを変え2冊同時刊行という事で、
両シリーズのファンにはたまらない企画です。
こちらは姫川サイドです。
今回は日米地位協定の闇を描いた作品と言えます。
かなり残虐で救いのない事件。
そして、今回の目玉のコラボ。
どんな感じなのかワクワクしながら読みましたが、
読んでみればコラボレーション感はあまりなく、
東くんが少し出てくるのくらい。
こんな大々的にコラボをアピールするレベルのものではありませんでした。
ノワールの方も読めば、多少は評価が変わるのでしょうか。
それでは、次はノワールへ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 誉田哲也の最新作は,同じ体裁の2冊組で,ジウ×姫川玲子コラボシリーズとなっていますが,上巻・下巻の構成ではなく,Rが姫川玲子シリーズ,Nがジウ・歌舞伎町セブンシリーズと,それぞれの世界観で同じ時間軸の中で進行していきます。
また,シリーズの版権の関係からか,Rは光文社,Nは中央公論新社と別の出版社から出てるんですね。
 Rでは,アイドル一家が惨殺された祖師谷一家殺害事件の捜査が行き詰まる中,フリーライター上岡慎介殺害事件が発生し,玲子は前者から後者の特捜本部に移ることになった。上岡が残した資料を調べるうちに,「祖師谷一家殺害事件が,28年前に発生した昭島市一家殺人事件と類似しており,在日米軍の人間が関与している」というメモに行き当たる。事件の詳細を知るため昭島警察署を訪れたところ,時効を迎え処分されているはずの操作資料がひそかに保管されおり,そこから一人の元米兵が浮かび上がる。
 Nでは,歌舞伎町を拠点とするジャーナリスト上岡慎介の殺害事件を中心に物語が展開する。上岡慎介は, 3組の「目」と「手」のコンビに元締めで構成する裏社会の暗殺組織,歌舞伎町セブンのメンバーであった。沖縄の普天間基地移設反対運動にかかわってしまった後輩のジャーナリストを助ける過程で,極左メンバーに殺されてしまい,さらに日米安保破棄を迫るため官房副長官の娘を誘拐する。陣内たち
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
世田谷一家殺人事件当時、近所に住んでいたため興味があり購入。

過去時効になった事件との関係性に気づき調査をしてみると、、
という感じですが、事件の背景の内容が少し薄いかなと。

犯人も途中で気づけてしまうのでちょっと残念。コラボの仕方も特に必要あるのかという感じで、、

次回作に期待したいです
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
冒頭の部分から、何か起りそうな描写が……しかし、それが伏線になるとはわかっていても、なかなか事件展開にどんなふうに絡んでくるのかこんがらがってしまって何回も読みかえしてしまいました。姫川班の新メンバーでの活動はちょっと昔を思い出すとさびしいけれども、本当はどこもこんなもんじゃないのかなという感じでした。ラストはここまでする必要があるのかなという感じ。また、因果応報なのか、こんな、人間の思い込みでこんな悲惨な事件が起こってしまうとしたら、この世の中大変だなと思ってしまいました。後味は悪いです。ただ、今後の姫川班に期待します。”N”も読みましたが、ちょっと関連性を持たせたという程度で、話としては全く別で、こちらもちょっとこんなことがあったらこわいなという感じです。
純粋に、今後の姫川班の活躍の話を読みたいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー