中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

破裂 単行本 – 2004/11

5つ星のうち 3.9 42件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「新世紀版『白い巨塔』!」「まさに悪魔の計画書」「超新星の大胆さ」と各書評家が絶讃!大学病院の実態を克明に描き、日本老人社会の究極の解決法まで提示する、医療ミステリーの傑作!

内容(「BOOK」データベースより)

医者の診断ミスで妻を傷つけられた元新聞記者の松野は、“医療過誤”をテーマにしたノンフィクション執筆を思いつく。大学病院の医局に勤務する若き麻酔科医・江崎の協力を得て、医師たちの過去の失敗“痛恨の症例”や被害患者の取材を開始した。その過程で、「父は手術の失敗で死んだのではないか」と疑念を抱く美貌の人妻・枝利子が、医学部のエリート助教授・香村を相手に裁判を起こす。が、病院内外の圧力により裁判は難航。その裏で医療を国で統制しようと目論む“厚生労働省のマキャベリ”佐久間が香村に接触を始める…。枝利子の裁判の行方は?権力に翻弄される江崎と松野の運命は?そして佐久間の企図する「プロジェクト天寿」とは?大学病院の実態を克明に描き、来る日本老人社会の究極の解決法まで提示する、医療ミステリーの傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 450ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344006984
  • ISBN-13: 978-4344006980
  • 発売日: 2004/11
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 387,922位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
テーマが非常にすばらしい。超高齢化社会へ世界で始めて突入するだろうこの日本をどのように変えていくべきなのか。単に延命を最優先する今の医療が、日本、そして、個人にとっても本当に必要なものなのか。そんな現在の医療体制とその進化に一石を投じた小説だと思う。ラストシーンに著者のそういった複雑な想いが現れているようにも感じた。
残念なのはそのストーリー展開の中、途中失速するようなシーンが見え隠れしたこと。中盤あたりで登場人物の心理描写とそれに伴う行動が現実離れし始め、心情的に理解できないシーンもいくつかあり、多少の興ざめの感は否めなかった。
全般的には医学の専門化だけあって、非常に説得力のあるテーマであり、内容になっていると思う。日本の国益の中にある高齢化という問題と、既に向かいつつある自分自身の老化とその死に対してという個人的問題を、この本を読むことで本当に考えさせられた私がいた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 医療裁判、高齢化社会、尊厳死問題に大学病院の教授戦を絡めて、ぐいぐいストーリーを展開させていく。暗殺、薬物乱用、恋愛もあって、エンタテイメントとして飽きさせない。

 焦点ボケと感じる読者もいるだろうが、作者のサービス精神と割り切って、身を任せて読んでいくと気持ちいい。最新医療技術も散りばめられ、センスがいい。

 ずいぶん前から気になっていた小説だが、読んで損のない面白さだった。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2005/1/12
形式: 単行本
 2段組で450ページもある。買おうかどうしようか、書店で手に取った時、ためらった。でも、いったん、読み始めたら、止められなくなった。面白い。とにかく、面白い。ぐいぐい、ストーリーに引き込まれ、ラストまでたどり着いた時、我々は、来たるべき高齢化社会に対して、切実な問題をつきつけられる。読後、心の中に、ザラリとした感触を残す未来図は、絵空事ではないのだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この結末では扱ったテーマが泣く。作者が医者ではこの程度で収めるしかなかったかも知れない。医者とて人間、神ではない。人の命は皆平等、地球より重いなどということがありえないように、患者の命が医療の前には皆平等、等しく安全ということはありえない。それでも、そのタテマエを信じて進むしかないのかもしれない。小説は思考実験なのだから、思い切って結末を”破裂”させてしまった方が核心に迫れたのではないかと思う。導入部分が良かっただけに、残念。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今年の正月の新聞広告でこの本の存在を知り、
取り扱ってるテーマが
「医療界での権力争い」
「人・立場によるそれぞれの正義」
「マスコミの力」
「医療訴訟」
「尊厳死」
「政治・政略」
など、僕好みの要素が多く含まれているということで、
読んでみたいな、と思っていた作品です。
読んでみると僕好みのテーマらがほどよく絡み合っていて、
その絡ませ方、その絡まったものを読者にどう読ませるか
(読者への提示の方法・順番等)もよく考えられていて、
心地よく読み進めることができました。
登場人物も「絶対的」な存在な人はいなく、
どの人間もそれなりに人間的な存在となっていて、
善・悪の狭間で揺れ動くし、人間的な弱さもあり・・・
と、そのあたりも納得できる内容であったと思います。
ただ、最後、方々に伸びた複線を強引にまとめあげた感があるのは残念です。
ひとつひとつにちゃんとした終焉を書いてほしかったですね。
その強引さがちょっと強烈な強引さだったので・・・その分だけ☆1つ減です。
でも、それでもいいんじゃないか?って思うくらいの作品です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
筆者の医師の経験が随所に活かされた医療ミステリー。
諸兄のご指摘のとおり、
全体的にご都合主義的ストーリーは否めません。
しかしながら医療業界という極めて専門的かつ閉ざされた世界を
リアルに判りやすく描写している点は、この本の最大の魅力でしょう。
また「延命医療」「医局制度」「日本の麻酔科医の立場」といった
諸問題に対する、いち医師の批判書と見てもおもしろいと思います。
ただ日本の医療制度の限界を見据えて計画的に行動する、
敵役(?)の冷徹な厚労省キャリアが作中に登場しますが、
彼が話が進むにつれ、エゴ丸出しの漫画チックなキャラに堕した点は
いただけませんでした。
このキャラが活き続ければ、話の軸となる「計画」も際立って、
二倍くらい面白くなったんじゃないかなぁ...。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー