日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

シーズン1
 (371)
2020すべて
公爵令嬢、カタリナ・クラエスは、頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻す。ここが前世で夢中になっていた乙女ゲーム『FORTUNE LOVER』の世界であり、自分がゲームの主人公の恋路を邪魔する悪役令嬢であることを!ゲームでカタリナに用意されている結末は、ハッピーエンドで国外追放バッドエンドで殺されてしまう…そんな破滅フラグはなんとしても回避して、幸せな未来を掴み取ってみせる!!勘違い?人たらしラブコメディの幕が上がる。出演:内田真礼, 蒼井翔太, 柿原徹也 ほか(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
出演
内田真礼蒼井翔太柿原徹也
ジャンル
アニメ
オーディオ言語
日本語

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4独占配信中

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 前世の記憶を思い出してしまった…
    2020/01/01
    25分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    カタリナ・クラエスは、頭をぶつけた衝撃で女子高生だった前世の記憶を取り戻し、自分が夢中になっていた乙女ゲームの登場人物の一人、わがままで傲慢ちきの悪役令嬢になってしまったと気づく。良くて「国外追放」最悪「死亡」する「破滅フラグ」を回避する為、カタリナは行動を開始するのだった。 [SF/ファンタジー][コメディ/ギャグ][恋愛/ラブコメ]
  2. 2. 王子に勝負を挑まれてしまった…
    2020/04/12
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    「破滅フラグ」を回避しようと悪戦苦闘していたカタリナは、ある日招待されたお茶会で、侯爵令嬢メアリ・ハントと出会う。畑の相談をする内に、植物の世話が得意なメアリと親しくなったカタリナは、突然やってきたメアリの婚約者で、第4王子のアラン・スティアートに何故か勝負を挑まれてしまうのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  3. 3. 麗しの美形兄妹と出会ってしまった…
    2020/04/19
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ロマンス小説に夢中になっていたカタリナの元へ、ジオルドとアランが主催する王宮でのお茶会の招待状が届いた。「ロマンス小説仲間を見つけてみせる!」と、やる気満々のカタリナは、美しいながらもその容姿のせいで「呪われた子」として虐げられていたソフィアと、老若男女をも魅了する兄、ニコルと出会うのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  4. 4. 魔法学園に入学してしまった…
    2020/04/26
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ついに乙女ゲームの主人公であるマリア・キャンベルと出会い、改めて「破滅フラグ」を回避するために奔走するカタリナ。魅力的なマリアにたじろぐカタリナは、既にジオルドとキースが攻略されてしまったのではないかと、勘違いしてしまう。授業どころではないカタリナは、恒例となっている「脳内会議」を開くのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  5. 5. 主人公の実家にお邪魔してしまった…
    2020/05/03
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    マリアの魅力にすっかりメロメロになってしまったカタリナだったが、中庭で高圧的な令嬢たちに囲まれているマリアを助け、親睦を深めることになる。その後、休みを利用して行った農地の見学で、マリアの実家が近くにあると知ったカタリナは、ほんの少しだけならと、マリアの実家に立ち寄ることにするのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  6. 6. 夏休みだから楽しく遊んでしまった…
    2020/05/10
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    順調?に破滅フラグを回避しているカタリナは、ヘビのおもちゃの投擲練習や畑仕事、木登りにいたるまで、来たる「破滅フラグ」回避への準備を進めつつも、充実した夏休みを満喫していた。そこへやって来たジオルドから「一緒に湖へ行きませんか?」と誘いを受ける。カタリナと2人きりで過ごしたいジオルドだったが…(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  7. 7. 危険なダンジョンに入ってしまった…
    2020/05/17
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    夏休みも終わり、カタリナたちは魔法の実技試験を受けることに。実技試験の会場として訪れた「古の遺跡」の奥に置かれた「魔力を宿す石」を持ち帰れば合格と言うが…。カタリナは、ジオルド、キース、ソフィアの3人と、様々なトラップが仕掛けられ、入り組むダンジョンへと入るのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  8. 8. 欲望にまみれてしまった…
    2020/05/24
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    参考書を探しに東棟の図書室へ向かっていたカタリナは、途中でいつもの面々と合流し勉強に励んでいた。ふと目に留まった本を開くと、本から眩い光が溢れ、ジオルドたちと共に飲み込まれてしまう。光から逃れたメアリとマリアは、恐る恐る本を開き、囚われたカタリナたちの姿を探すのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  9. 9. パジャマパーティで盛り上がってしまった…
    2020/05/31
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    アン・シェリーは、影に日向に主人を支えるカタリナ付のメイドである。主人の周りは、いつも賑やかで笑いも絶えないが、鈍すぎるカタリナは、王子たちから寄せられる好意に気づかないばかりか、勘違いしている様子…。そんなアンの心配を余所にカタリナはメアリたちとパジャマパーティーを開催するのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  10. 10. 破滅の時が訪れてしまった… 前編
    2020/06/07
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    突然カタリナの身に降って湧いた「断罪イベント」。ざわめく食堂に混乱する脳内。ついに「破滅フラグ」が!と慌てるカタリナ。そこへジオルドたち生徒会メンバーが入ってくる。証拠書類をジオルドたちに見せ、カタリナを責める令嬢たち。その時、当事者であるマリアが口を開くのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  11. 11. 破滅の時が訪れてしまった… 後編
    2020/06/14
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    突然姿を消したマリアの消息もつかめない中、カタリナまでもが目を覚まさなくなってしまった…。前世の夢を見つづけるカタリナ。一方ジオルドたちは、カタリナを医者に診せるも原因がわからず、悲しみに暮れていた。依然として目を覚ますことはないカタリナを前に、それぞれが自分の気持ちに気づくのだった。(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
  12. 12. 最終イベントが来てしまった…
    2020/06/21
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    囚われていたマリアをみつけたカタリナたち。そしてついに事件の首謀者と対峙する。事件の行方は!?ここまで破滅フラグを回避してきたカタリナ最大のピンチ!そして迎えるゲーム最後の卒業式イベント。果たしてカタリナは破滅フラグを回避できるのか!?(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

詳細

監督
井上圭介
出演
鈴木達央松岡禎丞岡咲美保水瀬いのり早見沙織瀬戸麻沙美雨宮天田村睦心M・A・O
シーズンイヤー
2020
提供
(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.1

371件のグローバルレーティング

  1. 64%のレビュー結果:星5つ
  2. 10%のレビュー結果:星4つ
  3. 10%のレビュー結果:星3つ
  4. 9%のレビュー結果:星2つ
  5. 8%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

おやじねこ2020/04/05に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
空回りしているようでちゃんとかみ合う感覚がおもしろい。
アバンタイトルで主人公カタリナ クラエスが馬車から降り、魔法学園の門前でフラグへの挑戦を語るところから物語は始まります。今期一番楽しみにしていたのがこの作品です。釣り目のおでこがチャームポイントのお嬢様の登場です。
原作は小説ですが本編と呼ぶべきは2巻までで、15歳の時に魔法学園に入学してフラグに立ち向かうところまでです。生徒会長が登場しているのが一つの区切りを意味します。
ワンクールなので長さとしてはぎりぎりかもしれませんが、第一話を見た限りでは良いテンポで構成されています。この先、婚約者、婚約者の弟、義理の弟、ゲームのヒロイン、他女性キャラ二名を攻略するルートが待っています。
作中のゲームのフラグを攻略するのが主人公の目標になります。そのままなら良くて国外追放、悪ければキャラクターどれかによる殺害とバッドエンドとしては極限の所からの逆転なのでその落差を楽しむ筋立てです。主人公がじたばたしながらなぜか何とかなるのが楽しい。カタリナ5が直面する問題を区分けして真面目に議論しているのになぜかちょっとずれた結論になる。それなのになぜかちゃんとはまる。空回りしているようでちゃんとかみ合う感覚がおもしろい。
今期はこれをみます。
263人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ばるくほるん2020/04/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
肩の凝らない、気軽に楽しめる「もんぺヒロイン」の良作!!
面白さが加速しそうな予感のする作品です。
「悪女令嬢」という標題からは想像できない、めちゃくちゃハートウォーミングな展開に笑顔がこぼれます。

のべつくまなしに知的刺激を求めるご高尚な方には飽きがくる作品かもしれませんが、
娯楽作品に難読な展開を求めないお気楽派には支持を得そうです。

近年、長いタイトルの作品が増えていますが、娯楽作品に小賢しい芸術的なタイトルを持ち込まない
いさぎよさに好感が持てます。
ラーメン屋さんみたいな大衆的な嗜好品にフランス料理のような蘊蓄を求める「世の中、おりこうばかり」では疲れますよね。

アニメ制作はとても大変な作業なので、スタッフの皆さんの頑張りに感謝しながら
この1クールを楽しみたいと思います。

大衆娯楽作品を自称インテリアンチが寄ってたかって叩きまくるのが日本アニメの惨状です。
教育と娯楽をはき違えた意見がamazonで多いのは「自分は物事の上辺ではなく、深淵をのぞいている。だから教養あるアニメを求めているのだ」と差別化を訴えたいのでしょう。
結局、アニメ鑑賞に時間を費やしている時点で、お察しですけどね。

賛否が分かれる作品ではなく、タイトルの長さからも分かるように、
気軽に楽しくのんびり鑑賞できる作品です。

親切に長いタイトルをつけてライト層向けてあることをアピールしているのに、
「高尚ではない」と批評家気取りに星1つ2つの評価をつけてられても、ねぇ。
235人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ヤママダ2020/04/23に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
原作ファンだが面白かった
原作と漫画版を読んでいて正直、作画とかテンポとかかなり不安だったが杞憂でした。内容を知っていても十分笑えたし(主人公以外の)女の子達の健気さと可愛さが声優の力によって際立っている。おそらく長さ的に漫画版のように終盤は詰め込む形になるだろうが3話まで見た感想としてはかなりうまいことまとめてくれてると思う。

余談だが、トップレビューの1つにこのアニメに対する評価ではないものを書き込んでいる方がいるが、このアニメに対して星2をつけた理由もほとんどなく(終盤に失踪するだろうという想像やタイトルに触れたぐらい)で、あとは制作会社やなろう作品、中国のアニメはどうのという筋違いなレビューがトップに上がっているのは正直納得がいかない。思ったことを書くのは本人の自由だがこの作品のレビュー覧としてはファンとして複雑な気持ちになる。
148人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ローン2020/05/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
観たら嵌るなろうアニメ
確認済みの購入
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったは小説家になろうでみて主人公のキテレツさとアクの無さにはまり、Kindle小説、マンガを買ってました。このたびアニメ化されたのをプライムで観てブルーレイも予約
しましたw
60人のお客様がこれが役に立ったと考えています
レイブン2020/04/09に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
なろうの「悪役令嬢モノ」が遂にアニメ化【有害度は低め】
ダッシュのち失速の予感もある作品です。
なろうの異世界転生モノで一大新興勢力となった「悪役令嬢モノ」が遂にアニメ化です。
”異世界”といってもゲームの世界ですが、なろうの異世界転生モノの”異世界”は殆どゲームの世界のようなものですから、気にするのは野暮です。
タイトルに悪役とありますが、主人公が”悪”を行うわけではありません。
どちらかというと逆で、”悪”を行うと破滅するので、周りの好感を得るように善を行うお話です。
なので、「悪女が主役」を期待すると外します。
チートではありませんが、展開と結末が分かっているという点でタイムリープ物に少し似ています。
俗にいうIFストーリーを愉しむものです。
といっても殆どの人は元のストーリー知らないと思いますが、
乙女ゲーというものが極端なテンプレ展開で、概ね解るという前提なのかもしれません。
”攻略対象”という男性キャラが何人かいて、それぞれに似たようなことを繰り返しそうなので、理解力の乏しい人でも水戸黄門のように安心して楽しめそうです。
その点、コロナ禍の影響で休校になっているお子さんには、
ポケモンとかも中断になっているようですし、その代替としていいかもしれません。
「なろう産」にしては、珍しく有害度が低めで、思いやりや善行が自分に還ってくるという、
「情けは人の為ならず」を地で行くようなエピソードも多いです。
幼女を性欲の捌け口にするようなところもありませんし、
弱者を虐めてそれを笑いにするような下衆さもありません。
胸やけがするような承認欲求に満ちて、ステータスの高い異性から好意のバーゲンセールを受ける
自我肥大的な側面は、ライトなギャグでオブラートに包んでいる分、
同じゲーム物のSAOやダーウィンズゲームに比べるとマシで、
お子さんが観ても社会適合性を損なうほどではないと思います。
社会的意義が見いだせない且つ、有害性の高い作品には星1つを付けますが、
本作は社会的意義は特に見出せませんが、有害性は低いのでそれらより高い評価、
但し、同時代の同じギャグアニメである「かぐや様」や「極振り」辺り(星3評価)と比べると、
ギャグアニメとしてのクオリティは一段下なので、間をとって星2の評価です。
また、同じような事を繰り返されると、知的刺激を求める人は飽きてくるかもしれません。

そして、理解力の乏しい人にも解るように長いタイトルの親切設計です。
そう言えば、アニメ制作のシルリンは前クールでは、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」という長いタイトルの作品を作っていましたね。
ただ今回の主要スタッフ(キャラデザ以外)は、監督2作目とかシリーズ構成2作目とか、その職務の経験が豊富という訳ではないようです。
主要スタッフの実績が豊富だった”極振り”のようなクオリティを1クール続けられるかは微妙かもしれません。

余談になりますが、こういう箸休め的な作品もいいですが、あくまで脇役的な存在にとどめて、情報量が多い作品・映像言語の豊富な作品も増えて欲しいところです。
最近シルリンは、こういう作品の制作が多いですが、それが嫌ならボンズのようにネ〇〇フ〇ッ〇スにでも行くしかないのが日本の現状なのでしょう。
OECDのPISA調査で日本の読解力の低迷ぶりがニュースになっていましたが、少し理解力を要する作品は、アンチが寄ってたかって叩きまくるのが日本のアニメの現状なのでしょう。
これに対してPISA調査で読解力トップの中国では、大手配信サイトで「ID:INVADED」が高評価をたたき出し話題になっていました。
これを「中国が遅れている」と言う意見がネットで多いのは、なろうで現実逃避を鍛えた賜物でしょう。
95人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2020/04/05に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
意外な面白さがある。
乙女ゲームの悪役令嬢に転生してしまったオタク女子高生が主人公です。
自分が転生した悪役令嬢が自分のBAD ENDを避けるためにどうにかこうにか頑張る様子が描かれています。
転生した女子高生は自分が入り込んだ乙女ゲームをやりこんでおり、登場人物の基本設定や選択ごとのストーリーを熟知して令状がどう転んでも悲惨な顛末を迎えることを知っているので、何としてもそれを回避しようと必死に立ち回ります。…が、本来の”悪役”令嬢とは全く違う性格になってしまっているので、転生後の行動でゲームのストーリー自体が大きく書き換わりそうな…?
転生ものでも今までにはない感じというか、見せ方が上手いので以外な面白さがありました。
83人のお客様がこれが役に立ったと考えています
taka sou2020/04/25に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
タイトルだけ見れば視聴する気すら起こらないアニメだが・・・
どこか懐かしい理想的なガキ大将のような主人公、要所のわかりやすい比喩、ストーリーテンポのよさ。

主人公がドアを打ち破るシーンは、弟の心の壁を打ち破ったことを暗に意味していて、視聴者も見ていて心地いい。

弱った植物を育てるシーンも、植物を育てる=友情を育むというわかりやすいストーリーだ。

劣等感に苛まれていた王子のシーン、完璧だと思っていた者の弱さを知ることで、皆同じく強さと弱さを持っていることを理解し、劣等感から開放されたストーリーはよくある感じだが、見ていて飽きない。
また、蛇がキーアイテムとして出てくるが、蛇は生まれ変わりの象徴としての意味もあるので、作中の伏線としての意味もあるかもしれない。

少女が追い詰められた時に主人公がまるでヒーローのように唐突に現れたシーン、弱きを助け、敵を蹴散らし、軽快に去っていくその姿はまさにウルトラマン。
誰もが憧れるその勇姿は、正義と優しさを持つカタリナ・クラエス。
あれ?なんの話ししてるんだっけ?

とにかく面白いので今後に期待。
74人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mmy2020/04/11に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
なぜか応援している自分。おでこの怪我前後のギャップが面白い!
脱ヒール、脱死亡フラグで生き残りをかける、
そんなヒロインを応援していることに気づいてびっくり。
気づいたら没入してました。
おでこの怪我以降の必死さはなぜか共感。
話が一気に好転してこのあと行き詰まりやしないかと変な不安がありますが、
そんな不安も含めて次話以降がとても気になります。

おでこの×印はいつ消えるのかな(笑)

最終話まで見て追記
ひたすら破滅フラグ回避のヒロインと、その周りの友人・家族たちとのギャップが面白いです。
破滅フラグ回避で行動してるが故、結果的に”超良い人”になってしまい男女問わず好かれてしまうのですが、
自分の目的=破滅フラグ回避以外は全く眼中にないヒロインには周囲の好意などお構いなし。
他にもいろいろ笑わせてくれるヒロイン、楽しめました。
54人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示