中古品
¥ 384
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 asataro0724
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感はあまりなく、カバー・本体ともに良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

研究者人生双六講義 (岩波科学ライブラリー 96) 単行本 – 2004/2/22

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 383
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

研究とは何か.研究者とはどういう人なのか.研究を職業とし,研究で自己実現するにはどうしたらよいのか.世の中も大学も研究機関も日々変化している現代,小手先のテックニックは通用しない.研究者として堂々と生きるための心構えを,気鋭の脳生理学者が講義形式で指南する.雑誌『科学』好評連載待望の単行本化.

内容(「BOOK」データベースより)

研究とは何か。研究者とはどういう人なのか。研究を職業とし、研究で自己実現するにはどうしたらよいのか。世の中も大学も研究機関も日々変化している現代、小手先のテクニックは通用しない。研究者として堂々と生きるための心構えを、気鋭の脳生理学者が講義形式で指南する。雑誌『科学』好評連載待望の単行本化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 121ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2004/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000065963
  • ISBN-13: 978-4000065962
  • 発売日: 2004/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 304,278位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
題名どおり、研究者としての人生を双六に例えて「あがり」に到る為のプロセスを概説した本。但し、何をもってあがりとしているのかは全く不明ですが。
とはいえ、「研究とは何か、研究者とはどういう人なのか」についてかなり丁寧に細部まで書いてあるため、かなり役に立ちそう。
特に、一介の大学院生が押しも押されもせぬ科学界の重鎮になるまでの成長過程を概説している辺りに感動しました。まさに、現役研究者で無いと書けない様な現場感覚溢れる本です。迷っている人は是非とも読んでみましょう。絶対にお勧めの本です。
但し星5つでないのは、本としての纏めかたにやや不満があるためです。例えば時々欄外に「はい、質問!!」というコーナーがありますが、そこの扱いが不明瞭です。誰かから受けたと思われる質問とその答えだったり(しかも、どこから答えに切り替わったのか良く分からないことが多々ある)、現在の科学界に対する誰かの意見(誰の?)だったりと、一貫性が全くありません。また、この著者は科学と社会の関係にかなり敏感らしく、科学は社会に貢献するべきであるとの姿勢が明らかなのですが、研究者の存在意義としてそのような主張にあまりに拘り過ぎている様に感じました。さらに、最後の「座談会」ですが、「様々の立場からの問答形式で議論」すると言っておきながら、結局落とし所はそれまでの著者の主張に他ならない辺り、残念
...続きを読む ›
1 コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
科学研究するという活動が現代社会においては現実的にはどういったものかを知る上で、毎日新聞社刊「理系白書」が研究世界を外から眺めたものであったのに対し、本書は研究者が内側から形而下学的に簡潔にまとめたもの(つまり、新しいアイディアをどのように出すのかなどについては触れていない)。著者が意図した通り、大学院の学生に「研究ってこんなもの」ということを短時間で伝えるには格好の書である(自分も読ませよう)。このように整理されると、「そうだよな、それが現実だよな」と思ってしまうし、著者もそれに徹しているが、そのような研究観に対する異論は「はい!質問!!」というコラムに述べてあり、現実と理想を小冊子にまとめる上で斬新な手法だと思う。秀逸なのは、論文がリジェクトされたときの対処の部分で、極めてリアルである(勉強になりました)。それにしても、「研究者人生双六」とは恐ろしい双六だ。自分はいったいどこにいるのだろう、と思うと情けなくなってしまった…。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鈴木純一 VINE メンバー 投稿日 2004/6/15
形式: 単行本
研究者の一般的なキャリアパス(双六)と、その過程ですべきこと、留意すべきことを簡潔にまとめてある本。著者がまえがきに書いているように、大学院生が研究者としての指針として読むと有益だと思う。論文のステイタスがまとめてあったり、論文がリジェクトされた場合に取りうる対応策など、有益な情報もたくさん。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
研究とはこのようなものであるということを、真面目に説明してくれている本。やはり狙いの読者層は大学院生でしょう。学部で卒業していく学生は別に知らなくてもよいが、院に行くのであれば自分の研究テーマに関する内容と共に、そもそも研究って何だ?ということを他人に分かりやすく説明できるようにならなければいけません。そうでなければ論文を書く作業も非効率ではないでしょうか。研究活動の真実をかなり体系的に正確に述べてあるので、研究者になりたい人は手にとってみてはいかがでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告