この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

砂糖をまぶしたパス―ポルトガル語のフットボール 単行本 – 2006/11


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 664
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

出版社からのコメント

ブラジル、ポルトガル、アンゴラ。この3つの国の共通点は少なく
とも二つある。どの国も公用語はポルトガル語であり、またいずれもワールド
カップ2006年ドイツ大会の出場国であること。
ポルトガル語圏のサッカーの特徴がもしあるとしたら、それは華麗なドリブル
や柔らかいボールタッチ、意表をつくパスなどが挙げられる。ドイツ大会でもそ
のような甘美なプレーが随所で見られ、わたしたちを魅了した。
本書では、それぞれの国の歴史の影響を受けながら、サッカーがいかにポルトガ
ル語圏に受け入れられ、国民的なスポーツに発展していったかが語られていく。
独立戦争や内戦、独裁体制などの政治との関係はもちろんのこと、選手の髪型や
ユニホームの色、チームのニックネームなどの話題は興趣が尽きない。
ポルトガル語を公用語とする国はみな海に面している。「海の見えることば」か
ら見た、新たなサッカー物語の誕生。

内容(「BOOK」データベースより)

転がりつづけるボール、響きわたることば。魔術的で魅惑的で甘美なポルトガル語圏サッカーの世界。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: 白水社 (2006/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560027935
  • ISBN-13: 978-4560027936
  • 発売日: 2006/11
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 146,596位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。洋服 タンス 安い