中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

砂漠 単行本 – 2005/12/10

5つ星のうち 4.0 175件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,008 ¥ 1
単行本, 2005/12/10
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂漠」に巣立つ前の「オアシス」で、あっという間に過ぎゆく日々を送る若者群像を活写。日本全国の伊坂ファン待望、1年半ぶりの書き下ろし長編青春小説!

内容(「BOOK」データベースより)

「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく。パワーみなぎる、誰も知らない青春小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 410ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2005/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408534846
  • ISBN-13: 978-4408534848
  • 発売日: 2005/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.7 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 175件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 793,614位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
普通の大学生たち+ほんのちょっと特殊な特技を持った女の子一人という青春小説です

麻雀の話が結構出ますが、麻雀の役とか知らない私ですがそれでも楽しめました。麻雀知ってればもっと楽しかったかなと思います

伊坂さんは当たり外れがあると思っているのですが今回は当たりでした。特に西嶋の言動ははたから見ればうざいやつかもしれないですがかっこいい、最高だぜ、私はKindleで読んだのですが何ヵ所もハイライトしちゃいましたよ

伏線が結構あって、どうでも良いような感じの話が実は伏線だったりするし、伏線は全部ちゃんと回収(自分調べ)するし青春小説としてちゃんと面白いなと思いました

タイトルが地味なのが個人的には残念です、もっと他に伊坂幸太郎知らないやつでも食い付くような印象あるタイトルあっただろうにと思えてしまう
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
物語の舞台設定、登場人物が時代は異なれど自分の昔の体験と雰囲気が重なり、とても懐かしく感じた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
毎回作者の作品を読むたび、「この小説が一番面白かった」

って思ってしまいます。

発表順に読んでいる訳ではないのですが、毎回楽しめて

しまいます。

今回この小説からは、

自分が学生から卒業し、社会に出ていく頃の不安な気持ちや、

皆と別れ別れになるさみしさを、思い出させてもらいました。

「結局僕たちはばらばらになる。なんてことはまるでない、

はずだ。」

そうだ!

今夜友人に電話をしてみよう。

彼らの幸せを確認せずにはいられなくなってしまった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
単行本でももっているのですが、持ち歩きように文庫本も購入。井坂さんの本は独特の感性で引き込まれますが、砂漠は本当にすごい❗細かいところに凝っていたりで楽しめます。登場人物すべての人が主役になってます。(ちょっとネタバレですが)タイムスリップして薬を…のところがすごく好きで、へこたれると読み返してパワーをもらいます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ネット記事でこの人の別の本が紹介されていたので、古本を購入してみた。
本とは相性があるのを前提として、、、

時間の無駄だった、読み終えた自分を評価したい。
この人の本はもう読むまいと決めた。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いつも通りテンポのよい話だったが、今回は色々考えさせられることが多かった。「毎日必死に生きているけど、どうしたら正しいかなんて分からない。何をやったら幸せになれるかなんて誰にも分からない。だからみんな正解を知りたい、正解じゃなくてもせめてヒントを欲しがっている。でも、結局はどうすればいいか頭を掻き毟って悩みながら生きていくしかないんだと思う」という鳩麦さんの言葉がすごく印象に残った。この小説では、募金なんてしても詐欺かもしれないとか、殺されそうになっている動物を助けてもキリがないとか、そういうどうしようもないことでもなんとかしようとする心構えに対して考えることが多かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今回は、青春小説ということで(しかも私と同じ大学生の設定)とても期待して読んだ。キャラクターの良さや独特の言い回しなどさすが伊坂作品と思う部分は多々あったが、少し物足りない気がした。色々な伏線が繋がり最後に「やられた」と感じる感覚が今回は弱かった気がする。しかし、全体的に爽やかな感じで後味も良い。今までの伊坂作品の構成とは少し違うが、内容はとても面白い。是非、一読をお勧めする。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 著者の本はほとんど読んでいるのですが、砂漠は好きな作品の中の一冊です。大学を舞台にした物語で、主人公の北村はもちろん友達である、西嶋、東堂、南と皆、魅力的に描かれていますが、個人的には鳥井が軸にしたエピソードが一番好きです。
 いろんな方に読んでもらいたいですが特に学生の方に読んでもらって、自分の中の砂漠を見つけてほしいと思います。面白かったです。
 
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
同氏作品の『ラッシュライフ』は面白く読めたが、この作品はちょっと…...『オーデュポンの祈り』でも、同様の違和感を
感じたが、ファンタジー的な部分とリアル・シリアスな部分の調和がなされていない。

軽妙な学生の冒険譚に、急にシリアスな場面(登場人物の一人が片腕を失う)が登場し、違和感を覚えた。

小生のみならず、多くの読者がこの展開に『えっ……』と驚いた(引いた)のではないか?

いっそ東川篤哉作品のように、パロディー&漫画的な世界観に吹っ切れた方が良かったのではないか?と思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー