中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ff6003
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

砂の王国(上) ハードカバー – 2010/11/16

5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

俺はまだ自分の運というやつに貸しがある。
さぁ、勝負だ。

全財産は、3円。転落はほんの少しのきっかけで起きた。
大手証券会社勤務からホームレスになり、
寒さと飢えと人々の侮蔑の目中で閃く――「宗教を興す」

段ボールハウスの設置場所を求めて辿り着いた公園で
出会ったのは、怪しい辻占い師と若い美形のホームレス。
世間の端に追いやられた3人が手を組み、
究極の逆襲が始まる――

驚愕のリアリティで描かれる極貧の日々と宗教創設計画。

『明日の記憶』から6年。人間の業(ごう)を描き出す
新たなる代表作の誕生!

内容(「BOOK」データベースより)

全財産は、三円。転落はほんの少しのきっかけで起きた。大手証券会社勤務からホームレスになり、寒さと飢えと人々の侮蔑の目の中で閃く―「宗教を興す」。社会を見つめ人間の業を描きだす著者の新たなる代表作、誕生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 402ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/11/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062166445
  • ISBN-13: 978-4062166447
  • 発売日: 2010/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 150,263位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
本書は、’08年3月号から’10年1月号まで「小説現代」に連載され、単行本化にあたり加筆・修正がほどこされた、上・下巻に及ぶ、荻原浩の過去最長のボリュームを持つ大作である。

‘私’こと山崎遼一41才は、大手証券会社をクビになり、妻・美奈子に逃げられ、借金を重ね、住むところを放棄せざるを得ず、いまや所持金たった3円のホームレスになった。公園で出会った怪しげな占い師・錦織龍斎と行った浦和競馬場で大穴を当てる。それを元手に‘私’は「自分を路上に捨てた世間」に逆襲を誓う。路上で知り合った若い美形のホームレス・仲村を教祖に祭り上げて、龍斎と3人で新興宗教「大地の会」を立ち上げるのだった。

ストーリーは、落ちるところまで落ちた‘私’の路上生活の日常から始まり、ふたりとの出会い、「大地の会」の事務局長・木島礼次と名を変えてふたりを裏で操り、見る間に会員数を増やして成功への階段をひた走る姿が描かれてゆく。そして、創設者でありながら自分では制御しきれなくなった「大地の会」。やがて訪れる悲劇・・・。

ホームレスへの転落。実は空虚で実体のない新興宗教。積んでも積んでも崩れ落ちる「砂の楼閣」。一気に読み進めながらも、人生の成功・幸せってなんだろうと考えさせられる作品である。

本書は、随所に独特の“荻原節”“荻原テイスト
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
下巻はまだ読んでないですが、即購入しました。

荻原節は相変わらず炸裂。
台詞の言い回しや心理描写のうまさに、引きずり込まれるような世界観。

ホームレスのこと、なんでそんなに詳しいの?やったことあるの?
ってくらい細かい描写。

荻原さんの書く小説は全部そうです。

取材力なのか想像力なのか、きいてみたい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
かつては大金を動かしていた証券マンは、権力争いに敗れ、会社をクビになり、妻には逃げられ、ついには所持金3円のホームレスになる。この男、清々しいほどに落ちるとこまで落ちた。転落とはこの事。
底辺のなかの底辺を経験しただけあって、迷う事ない決断とホームレスだからこそ培う事のできた人脈で「宗教」を作り上げて、人生の逆転を狙う。
流れるような展開と文章で、物語に入り込みやすく、上下巻あるが、あっという間に読めてしまう。
結末には賛否両論あるらしいが、僕はこれはこれでありかもなと思った。充分にこの男の転落からの人生には楽しませてもらった。
この男は人生を逆転するために「宗教」を選んだ。宗教とは集団と崇拝である。人の心理は非常に脆く、操りが利くものだ。それは一歩方向を間違えれば、人生と同じく、転落する恐れがある。
あなたなら人生を逆転するために、どんな決断をするか。そして人生の成功とは一体何か。この物語は、人それぞれに答えを与えてくれる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 水銀 投稿日 2014/5/5
形式: 文庫
転落した人生からの一発逆転、ビジネスとしての新興宗教創設。
個性的な登場人物に加え、徐々の大きくなっていく組織…。
物語の前半は、サクセスストーリーとしての面白さでぐいぐい引っ張ってくれる。

やがて、虚構から創り上げた組織は、巨大化し、統制が取れなくなり…
自ら創り上げた組織に反逆者として追われる事となる…。

やはり「仮想儀礼」とどうしても被るが、
個人的には、登場人物の魅力あるキャラクターや、主人公が、教祖ではない立場で描かれているからこそ、生まれる苦悩が描かれている本作の方が魅力あると感じた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 萩原氏の作品を読むのは初めてです。ポップな文体が読みやすく、流れるように物語が展開していきます。失業し、路上生活者に転落しながらも、人生に絶望せず、新興宗教を立ち上げる主人公のパワーに感服しました。そこにこの小説の面白さがあると思います。辻原登の『冬の旅』では主人公は同じく失業して路上生活者に転落し、最後には殺人を犯してしまうという不幸・不運の連続のような人生模様を詳細に描いていますが、この作品の主人公は人生に絶望しない、ニーチェの超人のように、人生を肯定し、さらばもう一度と立ち上がる、漲るようなパワー(生きる力)を発揮しています。このようなストーリー展開がこの小説特有の曙光と希望をあたえてくれます。まるで「悪」もまた「正」なりと肯定しているかのようです。でもこの小説はブラックノベルではありません。純文学作品です。お薦めの一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック