中古品:
¥ 1,420
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: セル版 【備考】中古商品につきパッケージ・ディスク等の少々のキズにつきましてはご了承下さい。目立つものについては別途記載します。  大きさによってはメール便での発送となります。 ハガキ・チラシ・ポイントカードなどの細かな付属品は動作に必要なものを除き、有無の保証は致しかねますのでご了承ください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

砂の器 デジタルリマスター版 [DVD]

5つ星のうち 4.6 233件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 丹波哲郎, 加藤剛, 森田健作, 島田陽子, 渥美清
  • 監督: 野村芳太郎
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2005/10/29
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 233件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ALVX3C
  • EAN: 4988105046191
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 51,584位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品の説明

砂の器 デジタルリマスター版 [DVD] [DVD] [2005]

Amazonレビュー

   国鉄・蒲田操車場で起きた殺人事件を追う二人の刑事・今西(丹波哲郎)と吉村(森田健作)。彼らが東奔西走する中、気鋭の若手作曲家・和賀(加藤剛)は『ピアノと管弦楽のための「宿命」』の作曲に没頭していた。やがて捜査の末、事件と和賀が結びついていく……。松本清張のベストセラー小説を原作に、名匠・野村芳太郎監督が手がけた日本映画史上に名高い名作中の名作。コンサートで奏でられる『宿命』の壮大な調べに乗せて、事件の真相や犯人の過去などが綴られていくクライマックスは、まさに画と音の融合そのものであり、何度観ても涙腺が緩んでしまう。さて今回のDVDは撮影監督・川又昻立会いの下、デジタルでフィルム傷や色調などを繊細に修正したデジタルリマスター版で、音声も5・1サラウンドにグレードアップしたもの。これによりクライマックスの感動もひときわ盛り上がりを見せ、そこらの新作など入り込む余地もないほどの優れものとなっているのだ。(増當竜也)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
何十年もはるかな昔…、田舎の小さな映画館で…。初めてこの作品を見た時の感動は60を過ぎたいまでもまざまざと甦ってきます。心の琴線を震わすテーマ音楽「宿命」。今はもうほとんど残っていないであろう、数々の良き日本の原風景。俳優たちも、その持てる演技力の全てを出し切って演じているのがひしひしと伝わってきます。結婚後は妻に、子供ができたら子供たちに、そして、仲間たちと映画の話をするときはいの一番に、この作品を推薦してきました。そして、今でも時たま、秘蔵のベータ版ビデオで鑑賞しております。そんな折、デジタルリマスター版DVDの発売を知り、年がいもなく、今から入手、上映を楽しみに胸をときめかせています。
2 コメント 181人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
いわゆる犯罪・推理のジャンルに入る作品だが、同じジャンルの日本映画でこの作品と肩を並べるものは無いと断言できる。
原作ではほんの数行しかない父と子の苦悩の旅路を、黒澤作品で知られる脚本家橋本忍が自らのイメージを膨らませた脚本の見事さ!
その脚本を圧倒的な映像美で見せた野村芳太郎監督の演出の奇跡!
丹波哲郎をはじめとする豪華な出演陣が見事な演技を披露し、もう、今の日本映画には望むことが出来ないであろう格調高い作品に仕上がっている。
また、クライマックスで奏でられる交響楽「宿命」がこの映画をいやが上にも盛り上げ、日本映画としては珍しく、映像と音楽が見事に一体化した成功例である。
普段日本映画をあまり見ない方たちにも是非観てもらいたい不朽の名作である。
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
約30年前の20代の頃にこの映画を見た。仕事場でその評判を聴かされたからだった。
それは、両腕を掴まれ揺さぶられながら、ある事を強く問われているような・そんな体験だった。
この映画の忘れられないシーンのいくつかを☆
放浪する親子がやっと貰ったわずかな米で雨の中、粥を作ってたべるシーン。
(加藤嘉さんと春田君の笑顔は他にもあっただろうか?ここしか覚えていない。)
捜査会議で今西刑事役の丹波さんが、犯人の過去を述べるくだりで感極まり、真白いハンカチで涙をぬぐう所。
三木巡査が自分の仕事とは何かと言う事を良く知り、それを誠実に遂行している所、とても地道なだけに深い感慨が残る。
そして、最も胸をつかれる本浦千代吉と今西刑事の「この人を知りませか?」問答。
今は亡き、淀川さんが書いていらしたが正に浄瑠璃の世界。
観ているこちら側に息する事さえ許さない。
時代に流され忘れ去られようとしていた「砂の器」が最近再び見直される機会を得た。
若い人に是非見て欲しいと願う。
こんな悲しい人生を、誰にも送らせてはならない。
コメント 139人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2008/9/17
形式: DVD Amazonで購入
TVドラマとして何回か設定変えてリメイクされている映画です。リメイクしか見ていない人に見て欲しい。戦後の昭和、戦争なんか忘れて経済成長をとげようとしている時代。差別や偏見がいっぱい残っている時代。今の日本人が忘れた、忘れよう?としている時代。そんな時代での話。上手い俳優さん、美しい映像、若い人に見て欲しい。若い時に映画館で友人達と見て(涙)(涙)でした。
若い時に色んな映画いっぱい見て欲しい。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この映画では犯人がなぜ子供のころ三木巡査のもとから逃げたか、なぜ自分の子供が生まれることを強く拒否したのか、殺害の詳しい経緯や動機はなんだったのか、といった犯人側の心理が言葉で語られることはほとんどない。ひたすら捜査で浮かび上がった客観的事実と映像と音楽と、そして「砂の器」という漠然としたタイトルで描いており、どのように受け取るかはすべて見る側に任されている。人が違えばもちろんのこと、同じ人でも見た時期、人生経験の違いによって受け取り方も異なってくるところがこの映画を名作にしている1つの要因であると思う。

私が10歳くらいのころであったと思うが、近くの神社の境内の軒下にしばらくの間乞食が住みついたことがあった。昭和30年代の後半で本浦親子が放浪していたとされる時代よりやや後であるが、托鉢僧の格好をして家々の戸口に立ち施しを得ようとする者、白装束で傷痍軍人の格好をして道端に座り込み物乞いをする者、そしてこういった姿をする余裕すらなくただただ汚れきった乞食などをまだ見かけた時代である。子供の無邪気さでつい指さしたりすると母に強く戒められたものである。しかし私が神社で見た乞食は女であり、さらに珍しいことに子供を2人も連れていた。私はこの汚らしい子供たちが近づいてくると逃げるという、鬼ごっこの鬼に見立てた遊びをした記憶がある。もう少し年上の子供たちは、石を投げるような
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック