通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
砂の器〈下〉 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

砂の器〈下〉 (新潮文庫) 文庫 – 1973/3

5つ星のうち 3.5 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 砂の器〈下〉 (新潮文庫)
  • +
  • 砂の器〈上〉 (新潮文庫)
  • +
  • 点と線 (新潮文庫)
総額: ¥2,139
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

人間は背負った宿命から逃れることはできない。
善良この上ない元巡査を殺害した犯人は誰か? そして前衛劇団の俳優と女事務員殺しの犯人は? 今西刑事は東北地方の聞込み先で見かけた“ヌーボー・グループ”なる新進芸術家たちの動静を興味半分で見守るうちに断片的な事実が次第に脈絡を持ち始めたことに気付く……新進芸術家として栄光の座につこうとする青年の暗い過去を追う刑事の艱難辛苦を描く本格的推理長編である。

内容(「BOOK」データベースより)

善良この上ない元巡査を殺害した犯人は誰か?そして前衛劇団の俳優と女事務員殺しの犯人は?今西刑事は東北地方の聞込み先で見かけた“ヌーボー・グループ”なる新進芸術家たちの動静を興味半分で見守るうちに断片的な事実が次第に脈絡を持ち始めたことに気付く…新進芸術家として栄光の座につこうとする青年の暗い過去を追う刑事の艱難辛苦を描く本格的推理長編である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 431ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1973/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101109257
  • ISBN-13: 978-4101109251
  • 発売日: 1973/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,137位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
不自然な偶然があまりにも多く、推理小説としてリアリティを求めると
正直つらい部分があります。

ただ、当時としては社会背景を絡めた動機を持った推理小説自体が
活気的だったとのことですので、当時を知る文学小説と思って読めば
楽しめると思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ドラマの設定はやはり、ハンセン病にしたままの方が良かったんじゃないかなぁと思いました。
今でもハンセン病に対しては、「差別をしてはいけない」ということが建て前になっただけで、偏見は残ってると思います。(他の病気や障害に対してもですが)そこを人権問題に配慮して?設定を変えちゃうことの方が差別かも。と思ってしまうのですが・・・。
この小説では和賀の内面に対しては記述されていませんが、だからこそ
時代背景とか、和賀の生い立ちについて思いを馳せてしまいます。
それにしても、あの殺害方法はホントに殺害出来るの?と種明かしの
場面で思ってしまいました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/21
形式: 文庫
 社会派推理小説家としばしば呼ばれる松本清張の代表作の一つに数えられてる秀出た作品と云っても過言ではないでしょう。かつて我が国にみられたハンセン病に対する過度の恐怖感と差別心、それが原因で殺人に至らざるを得なかった主人公の不幸な運命、と執筆当時にはまだまだ生々しい現実だったものが時間の経過とともに風化していきつつある今日、本書を今一度読み返してみる価値は十分にありましょう。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 春哉3号 投稿日 2004/9/27
形式: 文庫
「砂と器」の本書、下巻は上巻に残された謎に挑みます。
犯人は誰なのか。犯行の動機は。なぜこんな事件が起きてしまったのか。
様々な疑問を読者に持たせつつ、
今西刑事の丹念な捜査によって少しずつ事件の全貌が見えてきます。
今西刑事のたゆまぬ努力に、刑事としての自覚を持った、
立派な人間性に魅力を感じつつ、
そんな今西刑事とは対照的な犯人の闇へ徐々に迫って行きます。
悲しく、黒く重い物語です。
興味がある方は、是非、上巻から手にとって読んでみてください。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
たまたま、昨年上梓された「東西ミステリ−ベスト100」のランクイン作品で、これまで未読であった2作を続けざまに読むことになった。
いずれも昭和30年代後半の作(ただし、飢餓海峡の時代設定はもう少し早くからスタートする)で、確かに小説としては面白く、「社会派ミステリーの二大傑作」としてもてはやされ、当時の読者が熱狂したのもわからないではないが、「飢餓海峡」の書評でも書いたとおり、やはり現代的な視点で見るとミステリーとしてはいずれの作品もかなり弱いとはいえよう。(ただし、「飢餓海峡」との違いとして、この書評における星の状況からもわかるように、その「小説」としての評価において、基本的にそれほどのアンチは見られない「飢餓海峡」に対して、本作では特に「映画との落差」と、映画には出てこないトンデモ物理トリックなどにブチ切れたという読者が多いのも大いに頷ける。)

ただその他の点でも時期的・量的な側面を含めこの2作品は双子のように似ている点が多い。
最たるものは「黒い過去の隠蔽」を動機としているところだが、一方大きな違いは作者の主人公(犯人)キャラへの思い入れの差であり、「飢餓海峡」の犯人に対しては作者は過大なほどの思い入れを抱いているのに対し、本作ではそういうシンパシーは皆無である分、読む側からしての違和感はほとんど感じず読める点である。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
俳優らしく垢ぬけた感じである

日本古来の音韻はズーズー弁であったという説

まあ、だんだん話すよ

癩病の乞食を隔離いて

死後の顔を人に見られるのを自殺者は意識していた

いや、映画の方じゃなくて新劇の方だ。芝居だよ

いつも見知らない客に接している

あの女給さん、妊娠しているよ

帰宅の前のひととき

わたし、自分ひとりででも育てますわ
わからないことを言うね

わたしに愛情を持っていらっしゃるのですか?

彼女の唇に自分を押しつけた。女の頬に流れている涙が冷たく触れた

人間、働けるうちは働いた方が、体のためにかえっていいかもしれませんね

混乱してるんだ
それが一本になると思いますよ

論理の組立て

そのあとで寂しくなるのが、人間の気持ちだろうな

一人の顔にだけ凝集していた

やっと発見しましたね
やっとだ

事件の奥

大阪で「再生」していた
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック