通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
砂の上の植物群 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーデザインが画像とは異なります。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

砂の上の植物群 (新潮文庫) 文庫 – 1966/4/27

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 砂の上の植物群 (新潮文庫)
  • +
  • 原色の街・驟雨 (新潮文庫)
  • +
  • 夕暮まで (新潮文庫)
総額: ¥1,467
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

常識を越えることによって獲得される人間の性の充足! 性全体の様態を豊かに描いて、現代人の孤独感と、生命の充実感をさぐる。


登録情報

  • 文庫: 259ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1966/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410114303X
  • ISBN-13: 978-4101143033
  • 発売日: 1966/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 207,777位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
《ひどい目にあわせてほしいの。あたしの知っている人に、ひどい目にあわせてもらいたいの。そのことをあたしに教えて》

主人公の化粧品セールスマン・伊木一郎は、ある日の夕暮れ時、津上明子という少女に出会う。セーラー服と、不似合いな濃い口紅に魅せられた一郎は、明子から奇妙な依頼を受ける。それは、明子の姉・京子を誘惑してほしいというものだった……。

中年への変貌や、亡き父親の呪縛から逃れるように、一郎は京子の肉体に溺れてゆく。退廃の果てに歓びはあるのか。性の充実は生の充実か。そうしたなまなましいテーマを、知的で緻密な文体で描いている。 繰り返し用いられる「夕暮」のモチーフが、性的な興奮、生命力の充実をあらわしつつ、時に絶望や破滅の予兆としても作用する。その融通無碍さが見所の一つである。

物語のなかで繰り広げられるSM趣味なセックスには、もはやショッキングな点はない。しかし、女性の身体を立体的に描きとる吉行の文章は、やはり今でも一読の価値がある。丹念に色を重ね重ねて、新しい色彩を見いだすような、そんな美しい文章を味わってほしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いい意味でも悪い意味でも、ごく最近までの日本文学に影響を与えた作家であり、その代表的作品でしょう。
吉行淳之介氏は長いこと主だった文学賞の選考委員を務めていたので、氏のこうした作品の傾向が90年代まで
広く受け継がれたのだと思う。読了後そんなことを感じ、改めて必読の小説ではあったと感じた。

性表現は道徳的タブーに踏み込んではいるが、現代の価値観においては決して破廉恥さは強烈ではない。
不可解な行動や行為を平然とこなすが、過去の出来事や人格形成、現在の置かれている立場や情景との整合が
取られており、タブーを超越する表現手法として見事と感じた。
ただしリアリティーを感じるかというと疑問。感傷的な場面ばかりで、平時(仕事をしている時など)の自分は
描かないずるさがある。

「トラウマ」とか「血筋(DNA)」とか「性向(癖)」とか、フラッシュバックする記憶と平行して物語が進行する
現代ではよくあるスタイルの走りと思われる。
また、欧米作品風に主人公とは別の「作者」を登場させ、作品の「深さ」を演出できており、これも作品の品を
保つのに貢献している。
一方、主人公のみ思索が深く、周囲の人間は無神経な単なる動物のような描き方は、純文学の悪しきスタイルを
そのまま継承しており、物足りなさは否めない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公に大きく影を落とす父親の存在が物語に奥行きを与えている。
吉行氏にとっては父親の存在はかなり大きいらしく、他の作品でも父親の行動に引きずられる息子を描いた作品がある。
息子にとって父親は「大人になるためには越えなければならない壁であり、またいつまでも越えられない壁なのだ」とは良く言われる事だ。しかし主人公のように父親が今の自分よりも若いときに死んでしまっているのでは「どうやって父親を越えたことを父親に知らしめることができようか」という嘆きも聞こえてきそうだ。
愛人と性的な関係に滑り落ちていくことに、主人公はあまり抵抗を示さない。迷い、ためらいながらも結局関係を深めていってしまう。これはどこかで「派手な生活をしていた父親」を越えることができる!かもしれないと言う、父親に対するライバル心の現れだったのではなかったのだろうか。
性的な表現に抵抗があるかもしれないが、上記のような背景を考えると主人公を単純に性的充足を求める輩と規定するわけにはいかないと思う。父子関係という永遠のテーマのひとつを扱った作品と言えるのではないだろうか。
表題作の原形となった作品が併録されており、対比すると物語の膨らませ方も楽しめる作品集だ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
高校時代に何故か吉行文学に触れ、不思議な魅力を感じました。未知の世界、感覚。印象に残った作品がいくつかあり、また拝読できたことに感謝。
自分も年齢を経て、また異なる印象を受けました。いつ読んでも新鮮。繊細な氏の感性、表現力は、永遠に私の心の琴線に触れるかと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
20頁で一旦放り出したのを思い直して読み通してみたら、なかなかどうして、悪くないポルノだった。ポルノ部分だけなら星4つとしてもいい。
なのに深刻ぶったクレー談義を取ってつけたようにからめたりしているのは、ブリッ子読者と狎れ合いもたれあいの取り繕いにすぎないと推測するが、結果、自己陶酔中学生の学校コンクール向けエロ小説みたいなことになってしまった。いかにもこの著者らしい。
意味ありげな父親の影めいたものも、親父はいけ好かないオッサンだったという単にそれ以外に何があるのか。

廃品小説ネタを生でリサイクル利用しているのにもちょっと呆れる。
いわば楽屋裏小説的な、手法と言えば手法だが、下肥を発酵もさせず排泄物のまま畑にぶちまけるがごときまねは上質な作家のすることではない。
文章は小体裁よくまとめられている。この点可もなし不可もなしだが、今日的には、くどくてテンポが遅すぎる。随筆的解説の内容もまた表現同様いたずらにくどいばかりでこれというものがない。
好意的に言えば、ポルノ部分以外は本心から書きたいことではなかったがゆえのお粗末か。
余計なところに気取ったエネルギーを費やさず色噺まっこう勝負していればよほど爽やかで、もしあるなら倍の力も発揮できたかなと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック