通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460) 新書 – 2016/3/31

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 329

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460)
  • +
  • 最終戦争論 (中公文庫BIBLIO20世紀)
  • +
  • 石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人 (双葉文庫)
総額: ¥2,168
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昭和陸軍の最重要人物、その思想と行動を探る
満州事変の首謀者であり、希代の戦略家として知られる石原莞爾。太平洋戦争に至る戦前の歴史は、石原を抜きには考えられない。
戦後七〇年を経て、石原への関心は衰えることなく、伝記をはじめとする出版物は途切れることがない。ところが、石原の戦略構想を分析・検討したものは、
ほとんど見当たらない。本書は、石原の戦略構想を時代状況や陸軍の動向と関連づけて詳しく検討、その行動を紹介するものである。
戦略なき国家・日本(それは今も変わらない! )にあって、石原は何を考え、何をしようとしたのか――そこには、歴史の教訓が隠されている。

内容(「BOOK」データベースより)

満州事変の首謀者であり、希代の戦略家として知られる石原莞爾。太平洋戦争に至る戦前の歴史は、石原を抜きには考えられない。戦後七〇年を経て、石原への関心は衰えることなく、伝記をはじめとする出版物は途切れることがない。ところが、石原の戦略構想を分析・検討したものは、ほとんど見当たらない。本書は、石原の戦略構想を時代状況や陸軍の動向と関連づけて詳しく検討、その行動を紹介するものである。戦略なき国家・日本(それは今も変わらない!)にあって、石原は何を考え、何をしようとしたのか―そこには、歴史の教訓が隠されている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 408ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2016/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396114605
  • ISBN-13: 978-4396114602
  • 発売日: 2016/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 288,812位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
満州事変のプランナーであり首謀者だった昭和陸軍の石原莞爾の戦略思想を中心に書かれた本です。
日米世界最終戦争のシナリオを構想した人物だと名前だけは知っていました。
エリート軍人で日蓮宗の熱心な信仰者だった石原莞爾は、ドイツ駐在を経て陸大教官、関東軍参謀とキャリアを積みます。
石原莞爾は軍事史の研究から日本と世界の戦争と将来のシナリオを考えます。
内容は、20世紀後半に東洋を支配した日本と西洋を支配したアメリカの間で世界最終戦争が起こり日本が勝ち残り、東西文明を統一するというものです。
今から見れば狂気の沙汰の誇大妄想としか言い様がないのですが、石原は自論の正しいことを確信し、それに沿って行動します。
石原莞爾は、自己の考えた構想を実現すべく謀略で満州事変を仕掛けました。
陸軍、政府は戦線の拡大防止に努めますが、石原莞爾は命令を無視し続け強引に戦線を拡大します。
命令の中には天皇陛下の臨参委任命令が何度もあったのですが、これも無視して突っ走ります。
軍人であることの立場を無視した狂気の沙汰としか言いようがありません。
満州の侵略・植民地化を既成事実にしてしてしまい、領土が増えたと朝日新聞などマスコミがはやし立て、侵略を持ち上げます。
こうした空気の中、やがて軍事拡大反対だった
...続きを読む ›
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 下高井戸 投稿日 2016/5/9
形式: 新書 Amazonで購入
これはちょっと失敗作なのではないか。タイトルが「石原莞爾の世界戦略構想」とあるにも関わらず、本書に書いてあるのは満州事変以降の事態の推移が大半であり、その記述が延々と続くのである。その間、「石原莞爾の世界戦略構想」についての記述は、ほとんどない。74ページから100ページの間に、さらっと「それらしきもの」が記載されているだけで、あとはひたすら、誰が石原莞爾の系列で、誰が一夕会系の反石原派かについての記述が続くだけ。肝心の石原莞爾の世界戦略構想についての解説、分析がほとんどないのである。それがようやく出てくるのが第8章の中盤以降である。それでもそれに割かれた紙幅は非常に限定されており、まあ川田教授が「昭和陸軍史」に書いた記述の再録程度で、新たな発展も発見もない。これでは羊頭狗肉と評されても止むをえない仕上がりと断ぜざるをえない。

まあ、繰り返しになるが、石原莞爾は「日本は東洋文明を代表する指導国家となり、アメリカは西洋文明の指導国家となって、その時に世界の支配権を巡る世界最終戦争が闘われる。これは航空機を用いた相手本土への無差別攻撃が中心になる短期の決戦であり、これで世界の指導国家が決まる。それは無着陸で世界一周が可能になる航空機が発明される50年後あたりに行われる。それまでは、それぞれの文明圏内の覇者を決める準決勝戦は闘われるが、こちらは消耗戦持久戦に可能性が
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2016/4/9
形式: 新書 Amazonで購入
傑作『昭和陸軍全史1~3』(講談社現代新書)にて、読者の歴
史認識を見事に転換させた、川田氏による新刊です。
本書では、上記の主要登場人物の一人であった石原莞爾の世界
戦略を中心に据え、歴史的状況や人物相関と共に示されます。

内容的には、『昭和陸軍全史』に含まれているものが多くなり
ます。
それでも、彼の有名な世界戦略である『最終戦争論』が、状況
に応じた変遷を含め、より詳細に説明されます。
また、同じ一夕会の永田鉄山や武藤章、田中新一の、それぞれ
の戦略論との違いも示され、それが激しい路線対立や歴史への
影響を及ぼしたことが推察されています。

特に終盤には、予備役編入後の活動や発言が紹介されていて、
とても興味深いものがありました。
それにより、石原の戦争観がより明確化されたように感じまし
た。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
川田先生の「昭和陸軍全史1~3巻」を精読された方には、
内容に重複感が有って真新しい内容は少ないように感じる
かもしれません。

しかし、昭和陸軍屈指の人物「石原莞爾」を軸として昭和陸軍、
とりわけ、「満洲事変」「日中戦争」「世界最終戦争」等について
改めて検証をすることはやはり重要な意味が意味が有ると私は思う。

石原の意見が全て正しいとは思わないが、石原構想が
日中戦争について蒋介石と以下の合意が得られれば、
日本の将来も現在と大きく変わった可能性
があったと思う。
当時の情勢を鋭く喝破していると感じる。
・シナの抗日意識は非常に高い。
・日本は北支分離政策を中止して特殊権益を放棄する。
・上記の代償として、満洲について蒋介石から実質的な承認を得る。
・その後、日満支提携による「東亜連盟」が将来生起するであろう、
日米戦争(世界最終戦争)に備える。
・「東亜連盟」が決勝戦に勝ち残り世界の覇者となる。

しかし、軍人の運命は生々流転だ。
石原莞爾は永田鉄山らの一夕会系の幕僚を中心とし、
満洲事変を起こして宇垣派の勢力を駆逐する。
陸軍は石原時代を迎える。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告