中古品
¥ 107
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

短編小説のレシピ (集英社新書) 新書 – 2002/11

5つ星のうち 3.9 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 17,627 ¥ 107
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

800編もの短編小説を生み出したマエストロが自ら語る、短編小説の醍醐味。名作やユニークな作品から具体例をあげて短編の特徴と技法に迫る。より楽しく読むためにも、書くためにも役立つ解説。

内容(「BOOK」データベースより)

八百編もの短編小説を生み出してきたマエストロがみずから解説・案内する、短編小説の醍醐味。短いだけに、あらゆる技法を駆使した作品は、おもしろさも多彩。小説作りの源泉と技をも教えてくれる。向田邦子、芥川龍之介、松本清張、中島敦、新田次郎、志賀直哉、夏目漱石、ロアルド・ダール、エドガー・アラン・ポーなど十人の作家の、名作やユニークな作品を具体例として選んで特徴を解説し、短編の構造と技法に迫る。短編小説をより楽しく読むためにも、また書くためにも役立つヒントが満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 249ページ
  • 出版社: 集英社 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087201651
  • ISBN-13: 978-4087201659
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 275,578位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 読書散歩 トップ1000レビュアー 投稿日 2010/1/5
形式: 新書
 800編余もの短編小説を書いている著者が、短編を書く小説家の工房、短編を書く手立ての極意を開示しています。
 短編に親しむための道案内です。見本として登場する作家は、向田邦子、芥川龍之介、松本清張、中島敦、新田次郎、志賀直哉、R.ダール、E.A.ポー、夏目漱石、そして著者自身。
 具体的に例をひきながら短編の魅力を語っています。たとえば、巧みな比喩(向田)、短編小説の見本帳、最後に一工夫(芥川)、ショックに別のストーリーを加味しての創造(清張)、奇妙な味わいと漢籍の知識(中島敦)、素材の発掘と加工(新田)、モチーフの作品への具体化(直哉)、過度の状況設定から思いがけない結末へ(ダール)、推理小説と怪奇小説の背後に理系の観察力(ポー)、ショートショートの名手(漱石)、どんでん返しの効果(著者)等々。
 「朝日カルチャーセンター」(新宿)での講義を中心にまとめたそうです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
阿刀田さんの小説は好きですが、エッセイや小説の解説書もすばらしいと思います。
本書は国内外の短編小説に阿刀田氏独自の切り口で迫っています。
その独自の切り口とは、短編小説を作者がどう書いたかというものです。
もちろん阿刀田氏の予測のなのですが、本書を読んだことによって、知っている作品がさらに輝きを放ちました。ほんとうに感謝です。
阿刀田氏は分析のみならず、解説も的確です。さらにそれを応用した書き方まで伝授してくれるのです。こんなスーパーマンはそうそういないでしょう。
この人、本質的には相当優秀な教師なんじゃないかと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
短編小説に魅せられた小説家、阿刀田高が、自分を含め、十人の小説家の短編小説を紹介している。
作家らしく、作品ができたきっかけや作者の思惑などを推理し、創作の手がかりを提示しているので、一度読んだことのある作品も読み返してみたくなる。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 短編小説を得意とする作家阿刀田高が向田邦子ほか十人の作家の短編を題材に短編の構造と技法を語る。

 同じ短編作家として創作に至るプロセス、テクニックについての視点が鋭く、作家を目指している人にとっては非常に役立つ内容。また素人にとっては良き読書案内になっていると思う。小生が感銘を受けたのは向田邦子。短編連作の連載順序を調査し、作者の意図を探る点は非常に面白い試みであると感じた。今一度連載時の順番で読み直したいと思う。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 総論の1章はわりと興味深く読めたのだが、各論2章~11章は駄目だった。残念。技術的な部分については、あまり解説していないので、そういうのは期待しないほうがいいかな。著者のファンならいいのかも。

向田邦子、芥川龍之介、松本清張、中島敦、新田次郎、志賀直哉、R・ダール、E・A・ポー、夏目漱石、阿刀田高

と、10人の作家の短編を取り上げている。それぞれ、有名な作品というより著者の好きな作品、となっていて、割合としてはエンタメ6割といったところか。自分の好きな作家がいるならいいと思うが、漱石と芥川を出して谷崎や川端、三島、太宰がないのは、まあ好みなのだろう。

 短編小説の長所は、その短さにあり、それゆえに小説の多様性と多彩さを見せてくれることにあるという。ゆえに、アンチロマン(ヌーヴォーロマン)など実験的な作品も、短編であれば許容される。
 二人称小説について、長時間読んでいると読者は反発して読めなくなる、という指摘はもっともで、ビュトールですら色々と視点を切り替えてるくらいでもある。一応紹介しておくなら、日本人作家であれば多和田葉子「容疑者の夜行列車」が一番いいのかなと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー