通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
知識ゼロからの神社と祭り入門 (幻冬舎実用書―芽が... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。 ※即日発送致します!! 表紙に微擦れありますが、 本の中身は書き込み、線引きもなく、非常に読みやすいです。スタッフがOPP袋に入れて防水対策もした上で丁寧に梱包し、速やかにお届け致します。検品時に商品状態を確認しておりますが、万が一書き込み、ページ折れなどがございましたら、その場合評価をくださる前にご連絡いただければ、きちんと対応させていただきます。 ☆安心のお買い上げを! Store branch of 京都
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

知識ゼロからの神社と祭り入門 (幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ) 単行本 – 2003/1

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 100
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知識ゼロからの神社と祭り入門 (幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ)
  • +
  • 知識ゼロからのお寺と仏像入門 (幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ)
  • +
  • 知識ゼロからの神道入門
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 129pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

癒しの空間としての神社巡りが大流行している。神社の見どころから歴史、祭りについての雑学、参拝の基礎知識までわかりやすく解説する。知的好奇心を満たし、楽しい神社散策に役立つ一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

知るほどに心癒される神々の世界。開運に導く神様がわかる画期的一冊。おすすめ古社94、徹底ガイド付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 244ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344900421
  • ISBN-13: 978-4344900424
  • 発売日: 2003/01
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 530,132位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
まずページを開くと日本の四季に彩られた神社の写真が8ページにわたって掲載されており、いざ勉強!と力んでいた心が大変和む。
この傾向は本書内部でも引き継がれ、写真や図の多用は専門用語の理解に一役買うと共に神社という空間に読者を飽きず留め置く。
そして肝心の内容であるが、序盤は神社としての「場」とは何か?の説明から始まり「正しい参拝の方法」まで神社の基本マナーを無駄なく分かりやすく教えてくれており、さらに「鳥居は何故あるのか?」「御神体と神様は違うのか?」などの疑問にも答えてくれる。
一方、中盤は既に基本を語りつくした感があり神社の建築様式が延々と書かれていたり、古事記の表面を撫でるだけの説明があるなど、正直なところ飽きが来てしまう。ただ、著者もその辺りに気づいているのか各所で話を全国の神社や写真と関連付け、読者の興味を誘うよう心を砕いていると感じられた。
終盤は各地の神社紹介が主であり、個人的にはここが一番楽しめたように思う。
本書は「知識ゼロ」の人間が神社を学ぶ入門書としては良いと言えよう。
ただし、自分で不要と思う箇所は読み飛ばすぐらいの勢いが無ければ読了は出来ないであろうし、出来ても理解は難しいだろう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今のところ、入門書としてはこれが1番好きです。

不思議に思うところがちゃんと書いてあるので。

専門家からすれば、ごく一部だと思いますが・・・。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告