¥3,888
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
知覚と感性 (現代の認知心理学1) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

知覚と感性 (現代の認知心理学1) 単行本(ソフトカバー) – 2010/9/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2010/9/1
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 3,506

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 知覚と感性 (現代の認知心理学1)
  • +
  • 発達と学習 (現代の認知心理学5)
  • +
  • 思考と言語 (現代の認知心理学3)
総額: ¥11,664
ポイントの合計: 419pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

実験心理学の立場から多彩なテーマ,
方法論を取り上げ,知覚と感性を総合的に考察!

相互に影響しながらも独自の特徴を持つ知覚と感性を実験心理学の立場から総合的に考察する。多感覚統合,感性の脳内基盤,知覚と感性の発達,芸術,言語,身体知といった多彩なテーマを取り上げつつ,心理物理学的測定法や感性評価などそれらに迫るための方法論も詳しく説明し,この研究領域の全体像を浮き彫りにする。


◆主なもくじ
まえがき

第1部 基礎と理論

第1章 感性認知―アイステーシスの実証科学として―
1節 はじめに
2節 アイステーシス
3節 アイステーシスとしての知覚特性
4節 「感性」の定義と背景
5節 感性の位置づけ
6節 アイステーシスへの接近――知覚と感性をともに考える研究テーマ
7節 おわりに
文献

第2章 多感覚統合と感性
1節 はじめに
2節 共感覚
3節 多感覚情報の時空間統合
4節 日常経験する事象における多感覚統合
5節 触覚と身体の感性
6節 五感による食経験
7節 五感と感情へのアプローチ
8節 嗅覚とマルチモダリティ
9節 まとめ
文献

第3章 感性の基本次元と脳内基盤
1節 はじめに
2節 SD法からわかる感性特性
3節 感性次元の感覚関連性
4節 感性次元と脳活動の対応関係
5節 おわりに
文献

第4章 知覚と感性の発達
1節 はじめに
2節 色の知覚の発達
3節 形の知覚の発達
4節 動きによって促進される感性――形と空間の知覚
5節 おわりに
文献

第5章 感性研究の方法論
1節 はじめに
2節 感性の測定
3節 さまざまな測定方法
4節 SD法に基づく印象形成過程の検討
5節 感性心理学研究の展開
文献


第2部 展開と実践

第6章 絵画と仮想
1節 はじめに
2節 絵画時間の仮想
3節 画家の時間と鑑賞者の空間
4節 仮想の反転
文献

第7章 感性言語―擬音語・擬態語と脳―
1節 はじめに
2節 感覚尺度としての擬音語・擬態語
3節 感覚・知覚と擬音語・擬態語
4節 五感と共感覚
5節 感性語
6節 擬音語・擬態語の脳内表現――fMRIによる実験
7節 擬音・擬態語の構造と機能
8節 まとめ
文献

第8章 音響感性情報としての「間」
1節 はじめに
2節 「間」の感性
3節 「間」を科学する――音楽・朗読の「間」
4節 意図の表現と理解に関わる「間」
5節 会話の「間」
6節 コミュニケーションの基盤としての「間」
7節 音響情報の感性
文献

第9章 身体知―習熟と伝承―
1節 はじめに
2節 身体知を身につける
3節 身体知を学習する
4節 「場」から学習する
5節 まとめ
文献

第10章 好みの形成―単純接触効果と広告―
1節 はじめに
2節 単純接触効果の分類
3節 単純接触効果の理論
4節 単純接触効果と広告効果
5節 まとめ
文献

第11章 情報のデザイン
1節 はじめに
2節 情報のデザイン
3節 情報デザインの事例
4節 おわりに
文献


◆執筆者一覧(執筆順)
三浦佳世 編者 第1章
和田有史 農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 第2章
木村 敦 東京電機大学情報環境学部 第2章
行場次朗 東北大学大学院文学研究科 第3章
山口真美 中央大学文学部 第4章
金沢 創 日本女子大学人間社会学部 第4章
一川 誠 千葉大学文学部 第5章
河邉隆寛 九州大学大学院人間環境学研究院 第6章
苧阪直行 京都大学大学院文学研究科(名誉教 第7章
中村敏枝 大阪大学名誉教授 第8章1~4節
長岡千賀 日本学術振興会/京都大学こころの未来研究センター 第8章5節
河瀬 諭 大阪大学大学院人間科学研究科 第8章6節
小森政嗣 大阪電気通信大学情報通信工学部 第8章7節
安藤花恵 九州国際大学法学部 第9章
吉川左紀子 京都大学大学院教育学研究科 第10章
松田 憲 山口大学大学院理工学研究科 第11章
椎名 健 文教大学人間科学部 第12章

出版社からのコメント

【現代の認知心理学 シリーズ概要】

第1巻 『知覚と感性』 三浦佳世 編
第2巻 『記憶と日常』 太田信夫・厳島行雄 編
第3巻 『思考と言語』 楠見 孝 編
第4巻 『注意と安全』 原田悦子・篠原一光 編
第5巻 『発達と学習』 市川伸一 編
第6巻 『社会と感情』 村田光二 編
第7巻 『認知の個人差』 箱田裕司 編

●脳科学・神経科学など急速に発展している学術領域の最新の研究成果を取込んだ構成内容。
●教育・医療・産業など種々の社会的場面への応用研究を幅広く紹介。
●初学者にとって,現代の認知心理学を理解するのに必要なミニマムエッセンスをおさえた各巻の第1部は,この研究領域を学ぶことができる絶好のテキスト。
●現代社会と密接に関連する最先端のテーマを中心にまとめた各巻の第2部は,既に研究を始めている読者に対して,今後の研究の発展に多大な示唆を与える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: 北大路書房 (2010/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4762827185
  • ISBN-13: 978-4762827181
  • 発売日: 2010/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 231,385位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう