通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
知的生産力を鍛える!「読む・考える・書く」技術―あ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。全品検品をしておりますが見落としによる書き込み、汚れ等が数ページ程度ある場合がございます。付属品付の商品の場合別途記載がなければ付属品が付いていない場合がございますので詳細をお問い合わせください。コンディションガイドラインに明確に違反している場合には返金をいたします。御注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

知的生産力を鍛える!「読む・考える・書く」技術―あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法 単行本 – 2010/1/29

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 354

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知的生産力を鍛える!「読む・考える・書く」技術―あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法
  • +
  • 「突き抜ける!」時間思考術
  • +
  • 世界で戦える自分をつくる5つの才能
総額: ¥4,675
ポイントの合計: 142pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「ビジネスパーソンよ、本を出そう!」「本を出して自分ブランドを確立し、もっと活躍しよう!」というのが本書のメッセージ。

出版社からのコメント

知的生産力は、付加価値を求められるこれからのビジネスパーソンにとって、欠かせないスキルである。本書では、企業家・経営コンサルタント・ビジネス書作家として多方面で活躍する著者が、価値あるコンテンツ(アウトプット)を生み出す思考と技術について、日々実践する方法を余すところなく公開している。
・発想は5つ目からが面白い
・説得力はエピソード力
・自分の体験を一般原則化、教訓化する
・常にものごとの裏を読む習慣を身につける
・思い浮かぶもっとも過激な表現を使ってみる
など、目からうろこのアドバイス満載!
また、出版によって人生のステージをランクアップする方法についても解説する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2010/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478005753
  • ISBN-13: 978-4478005750
  • 発売日: 2010/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 107,307位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルがいいですね。「読む・考える・書く技術」
書店で衝動買いでした。珍らしく。

午堂さんの本は初めて読みました。
いきいきした文章でどんどん読ませられました。

書いて出版するにはどうしたらいいのだろう?と
お考えの方にはいい導きの書になるでしょう。

出版界にたづさわる人にも、第4章の「出版があなたの世界を変える!」
は参考になることでしょう。

youtubeやワードの最新の使い方のスキルも学びました。

文章が読みやすいのが何より、いい本です。
それは、読む、考える、書く技術が著者にある証明なんでしょう!!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ブログや書評を書き始め、
もっと「書く力」がほしい、と思って手に取った本。

ビジネス書の著者として、出版しよう!
というメッセージ性が強く打ち出されているため、
出版を目指す人には、まさにぴったりの本書。

私としては、
・コンテンツの作り方・導き方
・アウトプットするための環境作り(場所の選び方・ツールの選び方・時間の使い方)
・書くことのメリット(自己成長)

が、「書く力」をアップさせるために、
とてもよいコンテンツだと感じました。

特に、コンテンツの作り方・導き方は、
出版やコラムなどの、「書く」ことだけでなく、
・事業企画をする
・商品企画
・イベントを開催する
などの、企画業務をするにも汎用性のある思考法。

というわけで、
「書く力」がほしい人はもちろん、
「書く」という行為を通して、自分のビジネススキルを
加速的に磨いて行きたいビジネスマンなら
抑えておきたい教科書的な1冊です!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本の作者の方は本にどういうタイトルを付けたら売れるか、という事についてはよく分かっておられると思います。

ただ、人は最初の期待に対して実際がどうであったかがその本の評価となりますので、そういう意味では非常にがっかりしたと言えます。

つまり本のタイトルは魅力的であるけれども、内容はそれほどでは無かった、という事です。

出版社や著者の方の、本を売ろうとする気持ちはわかりますが、売ろうとすればするほど、最初の期待値とのギャップが生まれ失望感につながるわけです。

本は売れたかもしれませんが、読んだ人をガッカリさせるのならば売らない方が良いと思いました。

と言いますのは、この方の書いておられる他の本のタイトルにも、すごく魅力的なタイトルのものがありますが、私は二度と買う事は無いでしょう。

今回の本のタイトルにしても、例えば『もしかしたら仕事で役立つかもしれない私の雑記帳。暇つぶしに読んだらいいかも』みたいなタイトルならば納得できたかもしれませんね。

辛口のレビューとなってしまいましたが、あくまで私の感じた個人的な感想なのでご了承ください。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
要所要所で今の時代のキーワードが書いてあります。

本文の太字以外にも、参考になるところが沢山あります。

P35から
「たとえば僕は、人生を成長させ人生を切り開くには、
効率とか合理性とか考えず、がむしゃらに仕事をし、
何度も逆境を乗り越える経験が必要だと思っています。」

との所です。

人生の出来事がドラマであり、インプット出来る一番の経験と
思えば、逆境もネタになるという事。

ペンを片手に読んでほしい良書です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック