¥ 864
通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
知的生産の技術 (岩波新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

知的生産の技術 (岩波新書) 新書 – 1969/7/21

5つ星のうち 4.5 82件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 70
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知的生産の技術 (岩波新書)
  • +
  • 続・発想法―KJ法の展開と応用 (中公新書 210)
総額: ¥1,750
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

学校では知識は教えるけれど知識の獲得のしかたはあまり教えてくれない。メモのとり方、カードの利用法、原稿の書き方など基本的技術の訓練不足が研究能力の低下をもたらすと考える著者は、長年にわたる模索の体験と共同討論の中から確信をえて、創造的な知的生産を行なうための実践的技術についての提案を試みる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

梅棹/忠夫
1920年京都市に生まれる。1943年京都大学理学部卒業。京都大学人文科学研究所教授を経て、現在、国立民族学博物館名誉教授・顧問。専攻は民族学、比較文明論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 218ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1969/7/21)
  • ISBN-10: 4004150930
  • ISBN-13: 978-4004150930
  • 発売日: 1969/7/21
  • 梱包サイズ: 17 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 82件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,158位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
情報カードの有効な使い方を知るために読んだ。著者は「本書はハウツーでない」と宣言したが、直接に使える知識が多くあった。この点『思考の整理学』に似ている。ただし本書はさらに実践的である。日々の気づきの集積からなる本だからだと思うが、本書は地に足のついた内容で、実感を伴って読みやすい。ただし1969年発刊の上具体的な内容が多かったので、中には時代の変遷によって克服された問題もあった(タイプライターの日本語入力)。全体を通して主張する知的生産のコツは規格化と思う。整理のできない人に特におすすめ。良書。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
もう40年以上前に書かれたのに、書かれていることのエッセンスは今もまったく色あせません。整理法や本の読み方など、とにかくここに書かれていることのエッセンスはPC全盛の時代でも十分通用します。

学究関係者だけでなく、凡そ仕事をしているすべてに読んでもらいたい本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
著名な民族学者による、知的生産を行うための技術を紹介した書。

著者のいう知的生産とは、『頭を働かせて、何か新しい事柄(情報)を人に分かる形で提出すること』(P9)。
人々がそれぞれに知的情報処理能力を作用させて新しい情報を生み出す時代が将来訪れること、
すなわち情報産業の時代が到来することを予見している。

そのために必要なのは、情報の検索・処理・生産・展開についての技術であり、
その具体的方法として、情報の整理方法--特にカード整理法とその応用、
読書術、日記と記録、文章の書き方、さらに「原稿」の書き方まで紹介している。

既知な内容が多く、たとえばタイプライターの活用法などは参考にならないが、
初版発行(1969年)から既に45年以上が経過している本なので当然であり、
むしろこの時代に、情報産業時代の到来を予見した、著者の慧眼に感服する。

個人的に印象に残ったのは、以下の文。
『整理や事務のシステムを整えるのは、「時間」がほしいからではなく、生活の「秩序としずけさ」が
ほしいからである。』(P95)
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
読書のメモや日々の着想などを、一枚のカードに一つの項目づつ、きちんとした文章の形でメモし、それをいつでも取り出せる形で何年もかけて蓄積し、創造的な知的生産のベースとするという著者の方法は、「原理としては古びていない」という言われ方をよくする。だが果たして「原理として」だけなのだろうか。

たしかに今やPCへの入力、データベースソフトの利用などで代用できるのかもしれないが、だからといって著者の手書きカード方式は「もう使えない」と考えるのは――あたりまえのことだが――早計だ。PCが普及しているからといって、手書きじゃだめ、カード式じゃだめなどと考えてしまうのは、たんに不安のなせるわざである。本来はこれは選択肢にすぎない。ロッキーのように原始的にやるか、ドラゴのように科学的にやるかという風な選択である(映画『ロッキー4』参照)。ロッキーが勝ったように、古風なやり方では通用しないなどと考えなくてもよいと思う。

『情報の文明学』や『文明の生態史観』といった著者のクリエイティブな作品は当然、古風なカード方式そのものによる成果だ。2009年の現在においても、著者のような手書きのカード方式を「そのまま」採用することに躊躇はいらない、と、このように考えるのも一つの見識であろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本に感銘した人は数知れないでしょう。
なぜか。
そもそも、書くとは、考えるとは、ということについて、一石を投じた重要な本だからです(本人は「この本は地味なテーマだし、売れないだろうなあ」と思っていたそうですが)。

当初は「勉強の仕方」というタイトルだったそうですが、それではこんなにロングセラーの本にならなかったでしょうね。「知的生産の技術」。いいタイトルです。岩波の「図書」での連載に加筆したもの、とのこと。

この本では、「発見したヒラメキ、インスピレーションをどう蓄積し、記述し、整理し、原稿を書くか」という全ての知的労働者に重要な仕事の流れが述べられています。シンプルで平易な文体なので読み易いです。梅棹さん独自の「大和言葉」(ひらがな多め)なので、ちょっと最初は違和感を感じるかもしれませんが、文章が美しいです(最近は堺雅人さんのエッセイもそうですね)

全ての「中学生」に無料で配布したら、どんなに勉強の方法が変わるでしょうか。ぜひとも多くの人に読んで欲しい一冊です。
あとがきの「情報」という授業を作ったら、との問いかけは現実化しました。
「古くなっていない本」ではないのです。
パソコン時代になっても、結局「書く」と「記録」については、まったく変わっていない、というこ
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー