通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ♪『土日祝日も営業中!!』 ○こちらの商品はクリーニング済みですが若干の汚れ、傷み、日焼けはご了承下さい。 ※当店では出荷時課金制を適用しております。24時間以内に発送し、その際にAmazon上より出荷通知をお送り致します。 【注意】この商品は店頭でも販売している為、タイミングによっては稀に売切れの場合がございます。その場合はお取引をキャンセルとさせていただきます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

知ろうとすること。 (新潮文庫) 文庫 – 2014/9/27

5つ星のうち 4.5 90件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 5

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知ろうとすること。 (新潮文庫)
  • +
  • いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)
  • +
  • はじめての福島学
総額: ¥3,596
ポイントの合計: 109pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外に発表。その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学を読む力の大切さ」を早野と語る。未来に求められる「こころのありよう」とは。文庫オリジナル。

内容(「BOOK」データベースより)

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外に発表。その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学的に考える力の大切さ」を早野と語る。未来に求められる「こころのありよう」とは。文庫オリジナル。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 192ページ
  • 出版社: 新潮社 (2014/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410118318X
  • ISBN-13: 978-4101183183
  • 発売日: 2014/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 90件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,985位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 福島原発事故直後からツイッターで情報発信を続け「科学者の世界から飛び出して」「ホールボディカウンターの不具合を調整したことからはじまって、給食の陰膳調査、ベビースキャンの開発、D-シャトルの配置と」「足繁く福島に通うように(p.169)」なった物理学者の早野と、早野の情報提供の姿勢を「なによりのお手本(p.179)」とする糸井が、事故後3年たって語り合う書。
 早野の主張は、「『もともと起こってしまった事故』は、全然OKじゃない」し「そもそも絶対に起こしてはいけない(p.21)」ことだったけれど、「いまの時点で明らかなのは……起きてしまった事故の規模にたいして、実際に人々がこうむった被ばく量はとても低かった(p.20)」ということになるだろう。
 早野は、「子どもが怖がらないで中に入れて、さらに4分間じっとしていられて、そばで見ているお母さんも安心(p.121)」できるベビースキャンを作るためにデザイナーまで依頼したり、D-シャトル(個人積算線量計)を「とりあえず私個人で50個購入(p.90)」するなど随所で自腹を切ったり、誠実さが感じられる。もちろん、誠実な人が誤った情報を流すこともままある訳だが、糸井が早野を信頼した理由の一端はそういう早野の態度にもあるだろうし、私もそれには共感する(ネット上では、早野を御用学者呼ばわりする人もいるけれど)。
 
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
早野龍五さんがツイッターで発信してこられた情報は、
他の科学者の方々の書籍や論文、ツイッターやブログと同様に、
これまで参考にさせていただいてきました。
この本は、早野さんの活動の記録をまとめたものとして役立ちます。
でも、対談相手の糸井重里さんが話を聞く姿勢には、
根本的な疑問を感じざるを得ませんでした。

「大切な判断をしなければいけないときは、必ず科学的に正しい側に立ちたい」
というコピーが帯になっています。これは、糸井重里さんがこの本の序章でも
「まず言っておきたいこと」と銘打って第一に表明されている言葉です。
糸井さんの「基本的スタンス」だというこの言葉に、正直すごく違和感を覚えました。
科学的に誠実に考えれば考えるほど、何が科学的に絶対正しいかなど、
言い切れないことがほとんどなのに、と。

科学的な研究にも、そこから導かれる結論にもいろいろあります。
問題のどこに焦点を当て、どんな計器を使って何をどう計測するかも様々ですし、
科学者の選択する前提や方法、立場、守備範囲が人によって違います。
何年も時間が経ったあとで検証されて、わかってくるだろうことも、いっぱいある。

「必ず科学的
...続きを読む ›
9 コメント 415人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
いままでスーパーや各流通で並ぶ福島県産の食材を回避してきましたし、福島にいくなどとんでもない、とずっと思っていました。国やオーソリティーの言葉に不信感だらけで、情報がないまま、ずっと不安に思っていました。
そんな中、この本は、とても分かりやすく、判断の指標を与えてくれています。そこからの判断は人それぞれですが、10万人を超えるデータの分析や、フィールドワークで得た個人体験に基づく被爆の考え方など、淡々と事実を伝えてくれていて、私には本当に参考になりました。
この本に出会えたことを感謝しています。
2 コメント 162人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
糸井重里さんは、分かりやすく柔らかいトーンの言葉使いでありながら、なぜか時々「批判封じ」をする事があります。

例えばかつて、ほぼ日のコラムでも「忌野清志郎は好きなんだけど」というタイトルで、清志郎のある歌に込められた「批判精神」を「つまらない」「三番煎じ」などと揶揄していました。

今回の本も、素敵なカバー写真や誠実そうな糸井さんのトークで、読者を「安心」に導いてくれる事は間違いないでしょう。
しかし私には、それが放射能汚染を心配する意見や政府の帰還政策への批判、ひいては原発再稼働に反対する意見を、心配しすぎ・無用な批判だと「封じこめる」効果を狙っているようで、どこか気持ちがモヤモヤするのを抑えきれませんでした。

他のレビュアーさんもおっしゃっている通り、
「未来の私たちのために冷静な警告を発している、誠実で愛情あふれた専門家」もおられるのですから、その方々の挙げておられるデータや考えも参考にした上で、どこまで安心しどこまで警戒するかを一人一人が判断すべきではないでしょうか。
個人的には旬報社の「福島への帰還を進める日本政府の4つの誤り」なども併読をお勧めします。
1 コメント 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック