中古品
¥ 457
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ネット古本家
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに少スレがありますが比較的キレイです。日本郵便発送又は佐川急便となりますのでご理解のうえ宜しくお願い致します。出品しています商品はAmazonコンディションガイドラインの基準に従って出品を行っております。出来る限り瑕疵を記載しておりますがご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/29

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 22,236 ¥ 457
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

元「週刊プレイボーイ」誌の名物編集長が、「東京スポーツ」紙上で連載している人気コラムをまとめた処女エッセイ集「甘い生活」の続編である。単なる有名編集長の回顧録、編集論にとどまらない、男として、ロマンティックな愚か者として、ユーモアとペーソスを糧に、面白おかしく生きていく技術を教えてくれる。今回は巻頭言は、伊集院静氏に依頼、表紙画と装丁は横尾忠則氏が担当して、シマジワールドを彩る。

著者について

島地 勝彦
1941年東京生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。『週刊プレイボーイ』編集部で柴田錬三郎氏、今東光氏ら多くの作家を担当、薫陶を受ける。『PLAYBOY』編集部を経たのち、82年『週刊プレイボーイ』編集長として同誌を100万部雑誌に育てる。開高健氏を起用した人生相談『風に訊け』は大人気連載となった。その後『PLAYBOY』編集長、『BART』編集長、広報部担当取締役、編集部担当取締役を経て、集英社インターナショナル代表取締役となる。2008年退任。著書に、開高健との共著『水の上を歩く?』(集英社文庫)がある。本社刊では『甘い生活』『えこひいきされる技術』『乗り移り人生相談』がある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 242ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406217328X
  • ISBN-13: 978-4062173285
  • 発売日: 2011/11/29
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 395,196位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2014年2月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年12月8日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告