¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
知られざる縄文ライフ: え?貝塚ってゴミ捨て場じゃ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

知られざる縄文ライフ: え?貝塚ってゴミ捨て場じゃなかったんですか!? 単行本 – 2017/3/7

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,815

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知られざる縄文ライフ: え?貝塚ってゴミ捨て場じゃなかったんですか!?
  • +
  • 土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで
  • +
  • 信州の縄文時代が実はすごかったという本
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 98pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

現代を生きる私たちにとって、誰もが知っているようであまり知らない、縄文時代。
この本は研究から見えてきた縄文を、小難しいことを抜きにしてザックリ知るための縄文入門です。

縄文時代ってどんな時代だったのでしょう?
1万年というとてつもなく長い年月の中、縄文人たちはどのように暮らしていたのでしょうか?
ご飯は? トイレは? 服はどんなものだった??
そんな身近な疑問をヒントにすれば、意外と知らなかった縄文時代をノゾキ見するための手掛かりがきっと見つかるはず。

遥か遠い昔にこの日本列島に暮らした縄文人の暮らしに思いを馳せてみませんか?

著者について

譽田 亜紀子:岐阜県生まれ。京都女子大学卒業。 奈良県橿原市の観音寺本馬土偶との出会いをきっかけに、 各地の遺跡、博物館を訪ね歩き、研究を重ねている。 また、テレビやラジオに出演するかたわら、 トークイベントなどを通じて縄文時代や土偶の魅力を伝える活動を行っている。 著書『はじめての土偶』(2014年)、 『にっぽん全国土偶手帖』(2015年。ともに世界文化社)、 『ときめく縄文図鑑』(2016年、山と渓谷社)、 『土偶のリアル 発見・発掘から蒐集、国宝誕生まで』(2017年、山川出版社)。

武藤 康弘:奈良女子大学文学部教授。専門は文化人類学・民俗学・民族考古学。 1959年秋田県生まれ。1985年國學院大學大学院修士課程を修了。 1987年東京大学助手として採用され、1997年に博士(文学)を取得。 1999年に現在の奈良女子大学文学部助教授として採用され、2011年には教授に就任。現在に至る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: 誠文堂新光社 (2017/3/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4416716168
  • ISBN-13: 978-4416716168
  • 発売日: 2017/3/7
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,844位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/4/15
形式: 単行本
縄文時代の生活について、イラスト中心に易しく書かれた本。当時の気候やDNAからわかること、骨からわかる病気や食べていたもの、集落、貝塚からわかること、犬は重要なパートナーだった、縄文犬と弥生時代の犬は違いがある、抜歯の習慣、カラムシやアカソと言われる植物の茎から作った布製品、15歳まで半数が死んだが65歳まで生きる人も多くて平均年齢は40歳代だった、埋葬、地域によって食べるものが違って雑食だった、土偶、土器、石棒、交易、縄文グッズなどといった内容になっている。

わかりやすく、気楽に読める。例えば、「縄文デートと愛の営み」などのように、著者の空想でしかないようなことも書かれてある。学術的に厳密に書かれた本というより、縄文時代に親近感を持ってもらいながらどいういう時代か軽く知ってもらう、という感じで書かれた本である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jenjen 投稿日 2017/4/24
形式: 単行本 Amazonで購入
「〜のようです。」などと言葉が曖昧だったりします。文章に出てくる事象の出土地点の記載がなかったりもします(巻末にまとめてほしかった)。でも縄文文化の入門書としては最適かと。わかりやすい。ゆるいイラストが豊富。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す