通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【商品状態】中古品につき擦れなどの劣化がある場合がございますが、概ね良好で読むのに支障はございません。【発送】ゆうメールにてご注文の翌日までに発送手続き致します。但し、土日祝は配送されないため発送手続きが遅れる場合がございますので、予めご了承下さい。 ※十分に検品をしておりますが、万が一書込み等御座いましたら、同商品の再送、在庫がない場合は全額返金対応させて頂きますので、商品に不備が御座いましたらお知らせ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書) 新書 – 2011/10/13

5つ星のうち 4.2 100件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 72

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)
  • +
  • 池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかる (日経ビジネス人文庫)
  • +
  • 池上彰のやさしい経済学 (2) ニュースがわかる (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥2,117
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

銀行、保険、投資、税金……。あの池上さんが、生きていくうえで欠かせないお金のしくみについて丁寧に解説します。給料のシステム、円高の理由、格安のからくり、ギャンブルの経済効果など納得の解説が満載。意外と知らなかったお金の常識がわかる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

そもそも、お金とは何でしょう?金利とは?株とは?保険とは?GDPとは?あなたは説明できますか?わかりやすい解説で定評のある池上彰が、わかっているようでわかっていない、お金のしくみを徹底解説。基礎がわかれば、お金の流れがすんなりわかる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2011/10/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022734175
  • ISBN-13: 978-4022734174
  • 発売日: 2011/10/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 100件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,922位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
池上彰さんの番組はよく見てますが、本は初めて購入しました。
本当にわかりやすいです。
世の中のお金の流れ方や、日銀がやって来たことなど、ニュースでよく耳にするけど説明までは出来ない事がわかってきます。
楽める良い本に出会えたと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
基本的な経済用語の解説が広く網羅されています。読みやすい入門書といった感じです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
すらすら入ってきます。今までよくわからなかった用語の意味がわかって良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
投資、株について、NISAなども始まっているので、参考図書としておすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「お金(紙幣)の誕生」から、大きく分けて「銀行」「金利」「投資」「保険」「税金」に関することについて書かれています。
どのようなときに「金利」が上がり、下がるのか、どういう仕組みで「税金」が取られるのかなどを学べました。また、その知識を踏まえたうえで、どのようにお金を使っていくべきか、貯めていくべきかも学べました。
いきなり普段の実生活に生かせるかは難しいですが、これから深く「投資」や「経済」について学ぶ上で、役に立つと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NAGATA トップ500レビュアー 投稿日 2016/5/24
形式: 新書
池上彰氏の、お金に関する入門書的な位置づけの本。いろいろな言葉の語源なども記されており、経済に関して素人の私は勉強になった。

印象に残った部分を簡略化して以下に記す(カッコ内は私のコメント)。

・かつて日本ではコメが通貨として用いられていた。当時、稲は「ネ」と発音されており、これが「値」の語源である。

・紙幣の「幣」は「布」を意味する。布が交換品として用いられていた時代の名残である。

・子安貝がお金として使用されていた。これが、お金に関係する漢字すべてに「貝」が入っている理由である(買・購・財・貨・賄・貧・貴など)。「売」には入っていないように見えるが、「売」の旧字は「賣」である。

・古代ローマでは、兵士への給料は塩だった。ラテン語では塩のことをサラリウムと呼ぶ。これが「サラリー」の語源である。

・池上氏は、NHKを退職しようかなと思い始めたときに新しいクレジットカードを取得した。フリーの身分だと、カード契約を申し込んでも発行してもらえないと考えたからだ。

・日本では、女性は結婚すると信用度が下がる。結婚しているのに女性名義でローンを組むというのは、銀行から見れば、「旦那さんの稼ぎが少ないからだ」ということになるからだ。夫がローン
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
池上彰さんによるお金を中心とした経済に関する新書。

金融の知識が少ない方であろう芸術大学での講義を元に書籍化したとあって

深く踏み込み過ぎずに必要な知識を網羅している印象。

ただ、覚えること中心で、深い理解が出来る本ではないかも。

中学、高校生にとっては金融についての勉強に良い。

(本書の内容だと細野真宏さんの経済のニュースがよくわかる本の方がより理解出来ると思う)

海竜社の方で経済に関する池上さんの本が出ておりそちらと内容がかぶっています。

経済の基本について他人にきちんと説明できるくらい分かっている方には無用。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
池上彰さんの本は全般に内容が易しく、「素人向け」といった感じが強いですが、本書は特にそう感じました。

とはいえ、お金にまつわることが大変広く取り上げられており、これらの内容をすべて完ぺきに理解している人は少ないと思います。金融関連を生業にしている人でもない限り、これだけ広くの知識を深く持ってはいないでしょう。

ギャンブルや格安販売、給料の仕組みといった身近な話から日銀や先物、世界経済の基本まで本当に幅広いです。学生や社会人になりたての方でも十分理解できる平易な内容だと思いますが、やはり一定の社会経験を積んでから読むとより「なるほど!」と思える点が数多く出てくると思います。頭の整理にはもってこいの本です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
株、債券、FX、金利、インフレ・デフレなどお金に関する用語がわかりやすく簡潔に説明されている。
これらは新聞やニュースでよく見る言葉であるが、知ってるようで実はよくわかっていない用語も
多いのではないだろうか。
そういった人たちにはお勧めの本である。
ただし、経済について一定の知識があるという人にとっては当たり前のことが書かれており、
物足りない印象を受けるだろう。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー