通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
知らないと恥をかく世界の大問題5どうする世界のリー... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

知らないと恥をかく世界の大問題5どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~ (角川SSC新書) 新書 – 2014/5/9

5つ星のうち 4.2 22件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知らないと恥をかく世界の大問題5どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~ (角川SSC新書)
  • +
  • 知らないと恥をかく世界の大問題 (6) 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか? (角川新書)
  • +
  • 知らないと恥をかく世界の大問題4  日本が対峙する大国の思惑  角川SSC新書
総額: ¥2,614
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

豪腕ロシア、したたか中国、弱腰アメリカ
混沌とする世界。どうする日本?

プーチン動く――ウクライナ、クリミア問題は世界のパワーバランスに大きな影響を与えた。ロシアVS欧米という対立構造は、かつての「東西冷戦」の再現だ。「敵の敵は味方」、「昨日の敵は今日の友」。敵を挟んで、まるで世界地図上で自国のエゴを実現するためのオセロゲームをしているかのような世界が、危険な一歩を大きく踏み出した。世界の大問題を知るためには、こうした国と国との位置関係による国際政治の「地政学」的観点を持つことが大事だ。私たちは何をすべきなのか? めまぐるしく変化する“世界のいま"を俯瞰する大人気シリーズの最新版にして、ウクライナ問題以降、最初の池上ニュース解説本。第2次世界大戦以降、最大の大国衝突の危機を池上彰が斬る!

●新たな東西冷戦の始まり
●大きく内向きになるアメリカ
●EU混沌の主役はロシア!?
●過酷な〝アラブの夏〟の深刻化
●〝物騒〟になってきた東アジア情勢
●小泉元首相も脱原発派に
●アベノミクスはどこへ向かうのか?
●自分なりの意見を持とう

内容(「BOOK」データベースより)

プーチン動く!―ウクライナ、クリミア問題は世界のパワーバランスに大きな影響を与えた。ロシアVS欧米という対立構造は、かつての「東西冷戦」の再現に見える。世界は再び危険な一歩を大きく踏み出してしまったのか…。世界が抱える大問題を考える際には、国際政治の「地政学」的観点を持つことが大事だ。遠い国の出来事がいずれ日本に大きな影響を与える。めまぐるしく変化する“世界のいま”を俯瞰する大人気シリーズの最新・第5弾。第2次世界大戦以降、最大の大国衝突の危機を池上彰が斬る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川マガジンズ (2014/5/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047313939
  • ISBN-13: 978-4047313934
  • 発売日: 2014/5/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,971位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/10/20
形式: 新書 Amazonで購入
 2014年・5月、ジャーナリスト、東京工業大学教授、池上彰さんの著書です。

 このシリーズも5冊目に入り(あるいは現政権への不満からか?)、一段と良くなってると感じました。
 本書で出てくるトピックは、、
米国(オバマケア、スノーデン、シリア etc)、EU(ロシア、ウクライナ情勢、ドイツ、スイス、スコットランド etc)、
アラブ(シリア、イラン、サウジ、イスラエル、エジプト etc)、韓国(スーダンでの銃弾提供、ロビー活動、建国)、
China(防空識別圏、バブル、周永康)、北朝鮮(張成沢処刑)、
日本(福島、エネルギー問題、原発輸出、アベノミクス、TPP、消費税増税、靖国神社、特定秘密、辺野古移転 etc)。。。と盛りだくさん。

 最新の話、メディアではあまり聞かないお話から、基本的なお話、過去のおさらいまであって、
シリーズを初めて読む人にも、かなり読みやすくできてます。
 また、勘所がいいというか、結構、ポイントは押さえてあります。

 浅広いタイプなので、読み方は、大事になるかな?と。
 例えば、「景気をよくするためには消費税増税はタブーだと考える人は多いのですが、
税収を増やさなければ財政再建ができません。(P18
...続きを読む ›
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近新聞を読み始めた大学生です。
読み始めたのは良いのですが、知らないことが多くなかなか興味をもって読み進められませんでした。
この本を読み、ニュースの背景を知ることで、新聞を読むことが楽しくなりました。
私のような新聞初心者の方にはぜひ読んでいただきたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
相変わらず鋭い指摘と本書で詳しく、分かり易い例えや説明で知識が浅い
読者にも丁寧に伝えており、面白いと思います。この人は日本で一番ニュースを
興味がそそる様に伝えられる人だと思います。ただ、こういう人が海外では当たり前に
居るらしく、如何に戦後の日本が「国際感覚や海外に無知な国」と仕向けられたと思うと
頭が痛いです。おそらく日本人が賢くなると困る国が多いんだなと感じますが。

ただ、一つだけ気になった事があります。

「ネットは自分が知りたい情報だけしか入ってこないメディアなのです」と断言し、
池上さんは別の書籍である池上彰の「ニュース、そこからですか!?」でも「ネットは
個人的に有害なものだと思います」と批判しておりました。確かにネットは匿名で
不確かな情報を載せて、読んだ人が偏見を持ちやすいかもしれません。

しかし池上さん。新聞やテレビも他人の事は言えないと思います。
「新聞の場合は購読者、テレビは視聴者」の様に、自分が知りたいと
思う情報しか入ってこないメディアになりかねない。例えばアンチ池上の
人が池上彰の本を立ち読みしたり、わざわざ本を買ってやろうと思いません。
テレビでチャンネルを変える家の父の様に、
...続きを読む ›
1 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒサ 投稿日 2015/10/17
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容はいつも通り勉強になりましたけど、一番印象に残っているのは「あとがき」でした。
世界のルールが変った時に、はたして今の日本は生き残れるのか?
国際感覚を持たずに何を世界に発信していくのか?

政治や産業に、ではなく、日本人全体に警鐘を鳴らしている気がしてなりませんでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
池上氏の本は無知な私にもわかりやすく書いてあり理解しやすいです。シリーズ本なので、全巻購入してますが、ニュースなどで読んだ内容が出てくると、あっ!!となる事も多々あります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
2014年5月発行。
主なテーマとして「新たな冷戦構造/アメリカ政策/ウクライナ情勢/アラブの夏/東アジア情勢/原発問題」を取り上げています。

--

池上彰氏による『最現代史の解説本』シリーズ。
およそ1年の周期で発刊され、主だったニュースを世界の視点から分かりやすく解説してくれます。
1つの出来事についても、各国の思惑など世界を横軸に視ることで、多面的に捉えることができます。
さらに、国家・宗教などについては、その成り立ちを丁寧に説明されています。
表面的な解釈ではなく、歴史という縦軸の観点からより深くニュースを理解することができます。
発刊毎に必読の、価値あるシリーズです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー