通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
知の教室 教養は最強の武器である (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 のにわ書林
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品ですが、外観にやや経年感(スレ、シワ、キズなど)がある以外大きなダメージは見られません。防水封筒で水に濡れないようにして、日本郵便のゆうメール(郵便受け投函、追跡番号なし)で、できるかぎり早くお届けします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

知の教室 教養は最強の武器である (文春文庫) 文庫 – 2015/8/4

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 172

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知の教室 教養は最強の武器である (文春文庫)
  • +
  • 知性とは何か(祥伝社新書)
総額: ¥1,804
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

混迷の時代を生きる全ての人々へ

歴史に学べ。情報を吟味せよ。幅広い知見と深い思索から編み出された万人に贈るサバイバルの知恵。外交官時代の秀逸な論文も収録。

内容(「BOOK」データベースより)

社会で生き抜くために最も有効な武器である「教養」とは何か。特捜事件での逮捕・勾留・裁判を耐え抜き、今や言論界でひっぱりだこの著者が学生やビジネスパーソンのため惜しげもなく伝授する!作家デビューから10年間の論考から厳選した本書で、佐藤優の超実戦的思考法の全てがわかる。完全保存版のインテリジェンス10講座。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 479ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/8/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167904276
  • ISBN-13: 978-4167904272
  • 発売日: 2015/8/4
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 53,350位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/5/1
形式: 文庫 Amazonで購入
本書は、副題に「教養は最強の武器である」とあるとおり、作家・佐藤優がどうやって教養を身につけてきたのか、その自身の体験を語るとともに、具体的な方法論を伝授する実践書です。

10の【講座】により、本書は成立しています。
【第1講座】佐藤優の知的技術のヒント
【第2講座】情報を拾う、情報を使う
【第3講座】知をビジネスに取り込む
【第4講座】知の幹を作る最低限の読書
【第5講座】武器としての教養を蓄える
【第6講座】佐藤優式・闘い方を学ぶ
【第7講座】対話のテクニックを磨く
【第8講座】分析力を鍛える――国際情勢篇
【第9講座】分析力ケーススタディ――ロシア読解篇
【第10講座】佐藤優の実戦ライブゼミ

文章の枠組みとしては、論文調の部分もあれば、対談、鼎談の部分もあり、扱う題材も外交や世界史、古今東西の古典に及んだかと思うと、ホラー漫画も取り上げるというユニークな点も持ち合わせています。

私が全体を通じて感じたのは、佐藤優の特性として二つの視点が深く関与しているということ。
一つ目は、外務省勤務時代に担当した「ロシア」という視点。
日本人の多くは、アメリカや西ヨーロッパから影響を受けているので、「ロシア
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
いろいろな雑誌などの文章を集めて体裁を整えたものと思います。確かにおっしゃっていることは分かりますし内容もためになると思いますが、ある種の自己肯定が強すぎてついてゆけない部分があるのは事実です。極めて波乱万丈な人生を歩まれたことは事実でそれでも生き残っていることは成功だと思います。その成功談義という性格の本ですので、鼻につく人はいるかもしれません。細かな記事ではそれほどですが、一冊一貫して自己肯定本だとすこし食傷気味になります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は文藝春秋別冊版を今年の一月に購入したが、これから読まれる方にはこちらをお勧めしたい。
広告など余計な部分が排除されたため、コンパクトで保存が容易、特にKindle版はサイズが非常に小さくなっているようなので本書が良い。

出展が多岐にわたっているので、カタログ的な構成にはなっているものの、思考の段階は高く、視点も面白い。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2015/8/28
形式: 文庫
佐藤優さんの本は面白いです。特にロシアについて造詣が深く、これまでのロシア観と違うロシアを提示してくれています。日本人の多くは、アメリカのことはよく知っていてもロシアのことはよく知らないのではないでしょうか。良くも悪くも、近隣国であるロシアや中国、韓国・北朝鮮などについて、理解を深める必要性を感じます。知を高めるヒントもあちこちに書かれています。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告