中古品
¥ 1,000
中古品: 良い | 詳細
発売元 johkaibon
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 安心のAmazon管理センターから迅速発送。全品消毒クリーニング済。第1刷。書き込み無し。多少のスレ、小傷があるものの、比較的綺麗で良好な状態です。※新品ではございませんので、商品によっては、読む分には支障のない程度の使用感がある場合がございます。何卒ご了承下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

知の挑戦―科学的知性と文化的知性の統合 単行本 – 2002/12

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 739
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

20世紀米国最後の知的巨人E.O.ウィルソン、渾身の一冊!

アリの生態から人間の霊性、神の存在にいたるまで、本書は難解な領域に挑みつつ、一般的読者にも充分わかる明快さで書かれた、超一流科学者による、科学読み物の域を越えた画期的な一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

科学、宗教、芸術などあらゆる知を統合し、人間の本性を解き明かそうとする、知の巨人ウィルソンの金字塔的著作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 372ページ
  • 出版社: 角川書店 (2002/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047914304
  • ISBN-13: 978-4047914308
  • 発売日: 2002/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 123,229位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 I am that I am. トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/12/2
形式: 単行本 Amazonで購入
何かと対立しやすい自然科学と社会科学について、
著者自身の専門分野(社会生物学)を中核としつつも、
様々な科学分野に対する幅広く奥深い知識・洞察を踏まえて、知の統合に挑戦しています。

これほど多くの分野を横断して知の統合に挑戦している学者は僅かしかいないでしょうから、
本書は知の統合に挑戦しているというだけで貴重なものだといえます。
(他には、マレイ・ゲルマン「クォークとジャガー」ぐらいしか知りません)

また、著者が提示している方法が唯一のものではないにせよ、
少なくとも自然科学の知見を踏まえない社会科学が信用に値しないことはわかりますし、
自然科学も社会科学で扱っている領域を説明しきれない限り、未開領域が多く残されていることもわかります。

如何なる分野の科学を推進するにせよ、このような発想を踏まえていくことが、
人に役立つ科学として成り立つための前提条件となるべきなのでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ウィルソンの大著.原書は1998年で,社会生物学論争から30年近く経過したところでのウィルソンの総括とも呼ぶべき主張が丹念に述べられている.
結構手堅い訳で全体を見渡せながら読める.
まず啓蒙主義の流れが語られ,いまもう一度知の統合を目指すべきだと主張される.そして自然科学が到達してきた方法が説かれる.
続いてヒトには本性があること,それを元に社会科学と統合していくべきこと,さらに倫理についてもその知見を踏まえるべきことが説かれる.
このヒトの本性が人の進化ときってもきれないことの説明にシロアリの倫理が示されるところは今読んでも非常に新鮮でわかりやすい.(もしシロアリが倫理を持てば暗闇への愛から始まって全くヒトとは異なる倫理が自明として扱われたろうというもの,ここだけでも読む価値がある)
社会科学のところもすばらしい,文化相対主義では奴隷制度を否定できないではないか.社会科学の現状は自然科学がナチュラルヒストリーであったときのままであり,そこからさらに踏み込まなければというのも鋭い指摘である.経済学のヒトの選好に対する態度についての批判はいまや行動経済学により少しずつウィルソンの主張に沿って進行しているようである.
そして科学と価値観を全く分けようとする立場を超えてさらに深く踏み込むと価値観そして倫理(さらに政治学は応用倫
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 過度に専門化・細分化されている科学、そして理系と文系とに分けられている不幸な「二つの文化」の現代。それでも、生物学は種々の学問との接点が多く、面白くて学んだ人の考えを広く深くしてくれます。知的にタフであると自認する人もそれを目指す人も本書を読み、さらには異分野の方々と意見を交換してはいかが。
 啓蒙主義に共感し、進化学を中心に諸学の統一を目指したアリ学者ウィルソンは生態学・動物行動学の膨大な研究文献をもとに、『社会生物学−新総合学説』、『人間の本性について』を約30年前に書きました。人間は他の動物に比べてかなり特殊な形態と生活様式を持つが、社会性動物の一般的な法則からは逃れられない。生命の諸原理は共通であり、遺伝子の自己を保持しようとするしくみが人間行動の奥深いところに潜み、性格は哺乳動物のなかにもみられ、宗教や芸術は脳と社会との共進化の産物である、と主張しました。生物学的な観点を人間文化にまで及ぼそうとしたことにより大論争となりました。
 しかし、地球上の主だった生物のゲノム(その生物種の特徴をもたらす種に固有な遺伝子の全体・集合体)が解読されてきた現代では、昆虫の基本遺伝子とその産物の働きは我々人類の遺伝子ときわめて強い共通性を持つことが明らかとなりました。遺伝子改変動物が人の疾患のよいモデルでもあります。社会性に関与する(少なくともその基礎となるであろう
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 イチロー 投稿日 2010/4/6
形式: 単行本
タイトルに違わず。ヒトの進化、その起源を基に、社会科学・人文科学・自然科学を捉えなおし、統合し、知性を再構築しようとする。宗教も、道徳も、ヒトのヒトたる由縁を基に捉えなおす。人間が人間として生きるための社会体制創造も視野に入れた提言である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告