新品:
¥1,650
ポイント: 17pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 12月12日 日曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 12月2日 木曜日 詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
知っといてぇや これが高次脳機能障害者やで! がカートに入りました

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


知っといてぇや これが高次脳機能障害者やで! オンデマンド (ペーパーバック) – 2018/5/4

5つ星のうち3.0 2個の評価

価格
新品 中古品
オンデマンド (ペーパーバック)
¥1,650
¥1,650

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 知っといてぇや これが高次脳機能障害者やで!
  • +
  • 「脳コワさん」支援ガイド (シリーズ ケアをひらく)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

著者について

1968年大阪府生まれ。父親が経営していた鞄会社を引き継ぎ、三代目社長となる。
事業が軌道に乗り始めた42歳の時、外出先で脳出血を発症、左半身麻痺と高次脳機能障害が後遺症として残る。
リハビリ入院を繰り返しながら職場復帰を目指すも、そのたびにてんかんを発症し断念。同時に外来リハビリが終了となり、行き場を失い鬱状態となる。その後、精神科病院併設のデイサービスに通うが適応が難しく退所。遠方にある就労支援B型機関に通うようになるが、膝を痛め、さらにてんかん発作をおこしたことで中断。月1回の高次脳機能障害者の会に参加する以外は、喫茶店やパチンコ通いで時間を潰す日々を送る。社会復帰の思いを断ち切れず思い悩んでいる中で、自分に残された使命は「見えない障害と言われ多くの人が苦しんでいる高次脳機能障害について、当事者でしかわからない経験と思いを書くことだ」と考え、47歳から体験談を書き始める。それを持ってかつてのリハビリ病院や支援機関、デイサービスに講演をさせて欲しいと掛け合うも、どこにも相手にされず、徐々に自宅に引きこもる生活となる。
49歳の時にてんかん発作で入院、リハビリを再開する。入院先の病院で、書きためた原稿を見せ「ぜひ話を聞いてほしい」と訴えたことで講演が実現、開業医向けの雑誌の取材、他病院や専門学校への講師依頼があり、再び社会復帰の道を探っている。私生活では4人の子どもがいる。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ NextPublishing Authors Press (2018/5/4)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/5/4
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • オンデマンド (ペーパーバック) ‏ : ‎ 200ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4802094280
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4802094283
  • 寸法 ‏ : ‎ 14.8 x 1.19 x 21 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 2個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1968年大阪府生まれ。父親が経営していた鞄会社を引き継ぎ、三代目社長となる。

事業が軌道に乗り始めた42歳の時、外出先で脳出血を発症、左半身麻痺と高次脳機能障害が後遺症として残る。

リハビリ入院を繰り返しながら職場復帰を目指すも、そのたびにてんかんを発症し断念。同時に外来リハビリが終了となり、行き場を失い鬱状態となる。その後、精神科病院併設のデイサービスに通うが適応が難しく退所。遠方にある就労支援B型機関に通うようになるが、膝を痛め、さらにてんかん発作をおこしたことで中断。月1回の高次脳機能障害者の会に参加する以外は、喫茶店やパチンコ通いで時間を潰す日々を送る。社会復帰の思いを断ち切れず思い悩んでいる中で、自分に残された使命は「見えない障害と言われ多くの人が苦しんでいる高次脳機能障害について、当事者でしかわからない経験と思いを書くことだ」と考え、47歳から体験談を書き始める。それを持ってかつてのリハビリ病院や支援機関、デイサービスに講演をさせて欲しいと掛け合うも、どこにも相手にされず、徐々に自宅に引きこもる生活となる。

49歳の時にてんかん発作で入院、リハビリを再開する。入院先の病院で、書きためた原稿を見せ「ぜひ話を聞いてほしい」と訴えたことで講演が実現、開業医向けの雑誌の取材、他病院や専門学校への講師依頼があり、再び社会復帰の道を探っている。私生活では4人の子どもがいる。

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
2 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
50%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
50%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年12月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入