この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

瞑想750年-The 750 Year Meditation- 単行本 – 2010/6/22


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 9,249 ¥ 1,471
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

■『1000の風』の訳者が見つけた新テーマ「瞑想」
社会現象となった『千の風になって』(新井満・訳)出版の数年前、1995年に幣社から『1000の風』として翻訳・出版、
はじめてこの詩の存在を日本に紹介したのが、南風さんでした。
時代を先取りし、新しい風を吹き込む南風さんがこのたび察知したテーマが「瞑想」です。
2010年のいまを生きる人々の心にシンクロするエッセンスを込めました。

■750年の歴史を持つ鎌倉の大仏の表情
ラジコンを使って上空から撮った大仏(おそらく、750年間だれも見たことがない景色でしょう)、
江戸時代に撮られた大仏、著者の小学校時代の修学旅行で撮った大仏など、さまざまな大仏たちがいます。
ぜひ、大仏の巨大さや表情、悠久の時の流れを味わってください。

■自然の中で見つけた"瞑想"の時間
南風さんは9年間、神奈川県内の森の中でひっそりと暮らしています。
その暮らしの中で、いつも頭の中を巡っていたのが、李白の詩「獨坐敬亭山」。
この詩は「いつまでも一緒にいられるのは敬亭山だけだよ」と、世間を疎んじた李白の皮肉の詩でしたが、
南風さんは独自の解釈で「瞑想」の詩へと昇華させ、
「瞑想=自己との対話を続けて生きている友人」たちへ向けて発信しています。

出版社からのコメント

「『1000の風』を日本にはじめて紹介した南風椎(はえ・しい)の最新作!
「あとに残された人」から「いまを生き急ぐ人」へ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 32ページ
  • 出版社: 三五館 (2010/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883205037
  • ISBN-13: 978-4883205035
  • 発売日: 2010/6/22
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13.4 x 1 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,738,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう