通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
着物の織りと染めがわかる事典 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

着物の織りと染めがわかる事典 単行本(ソフトカバー) – 2007/6/19

5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,265

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 着物の織りと染めがわかる事典
  • +
  • きものの文様 ―格と季節がひと目でわかる(特選実用ブックスきもの)
  • +
  • ひと目でわかる!保存版 ― 帯の基礎知識 (特選実用ブックス)
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 160pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◎日本各地の「織り」と「染め」がわかる
最近、着物の魅力が見直されていますが、長い伝統のある着物は奥が深く、入門者にとっては、わかりにくいことが多いものです。そのひとつが、着物の呼称。「大島紬」「結城紬」など、布の産地で呼ばれる場合もあり、また、「小紋」「友禅」など染色の技法で呼ばれる場合もあります。本書は、こうした「染め」「織り」の技法と特徴を、産地別に紹介。入門者にもわかりやすく整理しました。
◎着物の基礎知識が身につく!
さらに、「着物の格とTPO」「帯の格と種類」「季節と着物」など、知っておきたい基礎知識を解説します。特に「着物の格」のページでは、ミス・ミセスの礼装から、ちょっとしたお出かけの訪問着まで、参考になるコーディネートを紹介。同じ着物でも、帯を換えると、表情がガラッと変わることも写真でお見せします。着物をもっと知りたいすべての人におすすめの1冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

日本にさまざまある「染めのきもの」「織りのきもの」の中から代表的なものを、産地別に紹介し、わかりやすく整理。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 118ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2007/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534042248
  • ISBN-13: 978-4534042248
  • 発売日: 2007/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 145,081位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
紬や絣って色んな地方のものがあるのは知っていましたが、
見分けるなんて無理!でも家にあるのが何かわからないと困る!
ので買ってみました。

厚さの割に高いですが、その分フルカラーでとても綺麗なのでその点は満足です。
各地の織りや染めの着物をこんな風に解説した本って見た事ないので新鮮です。
これ1冊で完璧に見分けられるかどうかは微妙ですが・・・。

☆3つにした理由は、「着物と帯のTPO」「着物の基礎知識」の章は不要だと思ったからです。
これらをもっと詳しく解説した本はたくさんありますし、そちらに比べると情報量が少ないです。
着物の基本を知らない人には不十分、着物好きには不要なページです。
産地ごとの着物を知りたいと思う人の大半は、既にこれくらいの着物の基礎知識を持っていると思います。

他にも載っていない着物がいくつかあると思うので、この2つの章の分、
産地ごとの着物の解説ページを増やして欲しかったなあと思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
パッと見てこれは何処産の何織だ!とわかるようになりました。そしてその歴史もしることが出来て、これから買う人、持っていても産地が分からないものを明確にするには重宝する一冊です。着物の織りと染めがわかる事典
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山根晋爾 VINE メンバー 投稿日 2015/6/4
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
こういった本を手に取る層というのは着物に興味はあるが詳しく知らない人という人たちがほとんどだろう。
そんな人たちに向けて本の割に、そんな人たちが理解しやすい設計とはいいがたい。

代表的な例はフリガナの少なさ。
着物独特の呼び名や呼称を知らない人が読む対象なのにもかかわらず、その層が何度も途中でつまづかざるを得ないフリガナのつけ方は如何なものか。

また、それは最後の索引にも同じ事が言える。
そもそも読める人は意味も知っているのだろうから必要ないが、作品を引くためには読み方を知っておく必要があるのにフリガナがふっていない。
もっといえば意味不明が呼称そのものが索引にすら載っていない。

写真の多さや産地解説等素晴らしいので、読み方がわからなくてつまづく人はそんなもんだと思って読み進めることをお勧めします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
着付けを始めたばかりです。
大島紬という名前は知っていても産地は?織り方は?
などと云うことはさっぱりわかりませんでした。
しかし本書ではそれがすべてわかってしまうのです!
産地はもちろん由来、織り方、大島にいたっては作業工程の写真付き
で掲載されています。
専門用語の解説も勉強になりました。
これでやっとアンティーク品を購入する際の疑問や謎も解決できました。
それに美しい着物の写真がたくさんで見ているだけでも癒されます。
手元にあるとなにかと便利、役に立つ良い本です。
ありがとうございました!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
お着物の勉強を始めたばかりです。生地や織りを知りたくて購入しました。初歩の初歩、縮緬とは何か…?がわからないような私のようなビギナーにはもったいない本です。「事典」とありますが、索引で知りたい言葉を探し調べるということはできません。内容は実に興味深いのですが、もう少しお勉強してからじっくり読みたいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
着物を着始めたものの、呉服屋さん等で、当然のように着物の名称を並べられ、困っていました。昔の方は当たり前に毎日着ていた着物も、遠い文化のようでした。私にはゼロから教えてもらわないとわからない・・・という時に購入した本です。

この本を読んで、基本的な着物の種類が、雲が晴れるようにわかって本当にすっきりしました。1〜2ページごとに簡潔に着物が紹介され、カラー写真と文章の割合もちょうどよく、入門に最適です。

着物の全体像をつかみ(着物というより、結局は各地の「布」なんですね)、地方ごとのすばらしい織物、染物を一望できるような構成になっています。この本をスタートに、興味のある布について、さらに調べたり読んだりして、深められるはずです。

芸術品のような価値のある着物も、地域の気候に合った日常に根ざした衣類も、両方の良さが伝わってきます。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー