通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 まめbook
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙と見開きにわずかに使用感がありますが中は綺麗です。迅速な発送と丁寧な梱包を心がけています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く 単行本 – 2006/2/23

5つ星のうち 4.5 44件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,699

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く
  • +
  • ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)
  • +
  • 利己的な遺伝子 <増補新装版>
総額: ¥6,545
ポイントの合計: 199pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

進化論の祖ダーウィンが終生悩んだ謎が二つある。

一つは、なぜカンブリア紀以前の地層から化石が見つからないのか? もう一つは、眼という「完璧にして複雑な器官」が進化によって説明できるのか? 本書によって、この二つの問いがふいにつながり、眼の誕生がもたらした壮大な進化ドラマが見えてきた。


5億4300万年前、カンブリア紀の始まりと同時に、生物は突如、爆発的に進化した。カンブリア紀の爆発として知られるこの急激な進化は、なぜ起こったのか?

その謎に挑んだ若き研究者は、もともと貝虫類というミジンコなどの仲間を研究していた。ある日、貝虫がきらりと光る。その光に魅せられ、生物の体色研究にのめりこんだ彼は、バージェス動物の体色を現代に甦らせ、ついにカンブリア紀の爆発の謎にたどりつく。

カギを握るのは「光」。光は生物進化にいかなる影響をもたらしたのか?

地球最初の眼が見た光景とは? そして生物学、地質学、光学、化学などの最新の成果から見出した「光スイッチ説」とは? 画期的アプローチで生命史の大問題に挑む。まさに目からウロコの興奮と驚き、生命進化の奥深さを実感する書だ。

内容(「BOOK」データベースより)

ダーウィン、グールドをも悩ませた爆発的進化の原因とは?5億4300万年前、生命最初の「眼」がすべてを変えた。生物はなぜ、突然、爆発的に進化したのか?そのカギをにぎる「光スイッチ」とは―。生命史最大の謎に迫る、驚きの新仮説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 草思社 (2006/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794214782
  • ISBN-13: 978-4794214782
  • 発売日: 2006/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,006位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ハクスリーは、ダーウィンの「種の起源」を読んで「これをいままで思いつかなかったとは、自分は何と間抜けなんだ」と叫んだという。本書を読んで、その根幹を成すアイディアに対して同じ叫び声を上げた科学者は、数え切れないのではないか。少なくともぼくはそのひとりだ。

「ワンダフル・ライフ」などバージェス頁岩、カンブリア爆発、エディアカラ動物群などに関する書物を楽しく読んだ人には特にお薦め。生命進化史上最大クラスの大変革である「カンブリア紀の爆発」が、そもそもなぜ起こったのかを説明する仮説が本書の中心である。本書はサイエンス・ライタによる最新科学の「要約」ではなく、現役バリバリの科学者による、まったく新しい考えが込められた学術書である。でありながら、初学者にも優しい、懇切丁寧な背景説明が為されている。説明が非常に丁寧なので、生物学や進化論と親しくしている人は、おそらく最初の4分の1も読まないうちに、本書が提案する仮説が読めてしまうだろう(そして「これをいままで思いつかなかったとは、自分は何と間抜けなんだ」と心の中で叫ぶ)。オチが読めてしまっても楽しく読めるが、証拠を積み重ねて最後に犯人を指摘するミステリ小説のようなつくりになっている本だけに、最後にアッと驚かされた方が、より衝撃的な本だろうと思う。

提示される仮説は合理的で隙のないものに見えるが、現状で
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
グールドのワンダフルライフで一躍有名になったカンブリア紀の大爆発.本書はこのカンブリア爆発がなぜ起こったのかについての新説「光スイッチ説」について提唱者の新進の古生物学者パーカー本人が丁寧に説明したもの.

第一線の一流の研究者本人による書物であり,しかも順を追って丁寧に書かれているので読み応えがある.テーマが明確でストーリー展開が自然なこと,色彩というこれまであまり取り上げられていない視点からの解説であること,全く新しい考え方が展開されていることから本書はきわめて魅力的である.訳も定評ある訳者であり,文体も簡潔でわかりやすい.

内容は,カンブリア爆発について説明したあと,順に,化石とは何か,色とは何か,動物の体色はどのように決まっているのか,暗いところに生息しているとどうなるか,現生動物の貝虫の色と光の仕組み,色素による色と構造色,薄板構造と回折格子の説明がつづく.こうやって十分準備しておいてからカンブリア動物群の体色の解説.そして「光スイッチ説」の真打ち登場という構成である.

眼の誕生により視覚からの情報量が飛躍的に増加し,これにより捕食と捕食回避のための外骨格の進化が爆発的に起こったという本書の主張は実に説得的だし,細部の解説もなかなか読ませる.それより何より回折格子により虹色に輝くバージェス動物群の想像復元図(カラー)に目を奪われる.初めて明らかにされる真実の迫力に脱帽である.
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2006/12/26
形式: 単行本
 カンブリア紀に、生命が突如として多様性を表した原因を、「眼の誕生」に求める。三葉虫の祖先に眼が備わったことにより、彼らは積極的に獲物を追えるようになった。同時に、追われる側も眼を発達させ、また対抗手段として硬いカラを進化させた。

 終章には、オーストラリアの新聞社がこの説を一面で報じた際、編集局長が「ほんとにこれが新しい説なのか」と記事を執筆した記者に確認したエピソードが紹介されている。それだけ一見「当たり前」であり、誰もが直感的に思いつきそうなアイデアである。

 しかし、著者はこれをアイデアにとどめない。「学説」にすべく、冗長に思えるほど慎重な立論を展開する。結論に行き着くまでに、光の物理的特性、眼の構造などを丁寧に解説するのだ。それだけにアイデアは説得力のある学説に昇華している。

 リチャード・ドーキンスらから始まる進化の科学の大衆化は、たくさんのトンデモ本を産んだ。「眼の誕生」が進化を推し進めたという極めてシンプルな仮説は、ともすればトンデモ科学に陥る。著者の慎重な筆の進め具合は、科学に対する真摯な態度として好感が持てる。

 この慎重な筆の進捗が、光の特性や眼の構造の理解を深めるという副産物も提供してくれる。そういった意味でもオトク感のある一冊だ。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 これは面白い!厚い本ですが、一気に読んでしまいました。

 古生物学・動物学の最先端を伝える科学書にして、進化史上最大の謎に迫る極上のミステリー!そして(訳者後書きにもありますが)一人の若き科学者の”青春”の軌跡でもあります。

 進化の歴史上“最大の事件”と言われる5億4300年前の「カンブリア紀の爆発」は何故起きたのか?タイトルから予測はつくと思いますが、キーとなるのは“光”そして“眼”。著者は、化石研究、動物学、物理学から遂には天文学まで、多彩な科学的知見を駆使し、現代と太古を縦横に行き来しながら、“光”と“眼”こそが、カンブリア紀に始まり、現在にいたる、多様で豊かな生態系を作り上げた原動力であることを明らかにしていきます。

 何より驚いたのは、化石に残された“構造”の分析により、5億年以上前の生物の“体の色”を蘇らせるくだり!化石によって古代の生物の“形”を知ることは出来ても、“色”だけは想像に頼るしかない、と思い込んでいたのですが、いやぁこんなアプローチがあったなんて!

 …などなど、まさに眼からウロコの話が満載です。

 はっきりとは書かれてはいませんが、この本には、カンブリア紀から5億年以上かかって作り上げられてきた生物多様性を、今、人間が急速に破壊していることに対する、著者の静かな抗議もこめられているように読めました。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック