通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
眠れない一族―食人の痕跡と殺人タンパクの謎 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

眠れない一族―食人の痕跡と殺人タンパクの謎 単行本 – 2007/12/12

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,780

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 眠れない一族―食人の痕跡と殺人タンパクの謎
  • +
  • 鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)
総額: ¥4,622
ポイントの合計: 139pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1765年11月、水の都ヴェネツィアで評判の高い医師が謎の死をとげた。この医師の子孫の多くが、同じような病で命を落としていく。呪い、疫病、脳炎、性病、奇病と、さまざまなレッテルを貼られながら・・・共通しているのは死の数ヶ月前から眠れなくなること。
数世紀を経て20世紀も終わりかけた頃、この致死性不眠症の原因が、羊たちに流行した震え病であるスクレイピー、パプアニューギニアの部族を襲ったクールー病、そして世界を震撼させた狂牛病と同じく、殺人タンパク、プリオンとわかったが、治療の目処はつかない。
そうこうするうちに、アメリカの野生の鹿に似た病気が蔓延、新型クロイツフェルト・ヤコブ病の
拡大が噂される中、殺人タンパクの起源を辿るうちに、80万年前の人類の「食人習慣」の事実にたどりつく・・・「事実は小説よりも奇なり」を地でゆく、驚きのストーリー

内容(「BOOK」データベースより)

ヴェネツィアのある高貴な貴族出身の一族は、謎の不眠症に苦しんでいた。この病気は中年期に発症し、異常発汗や頭部硬直、瞳孔収縮を引き起こし、やがて患者は不眠状態に陥って死んでしまう。この一族の数世紀に及ぶ物語を軸に話は展開、やがてこの病がクールー病、狂牛病と同じプリオン病だとわかる。プリオン病の起源を探るうちに、80万年前の食人習慣へとたどり着く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 358ページ
  • 出版社: 紀伊國屋書店 (2007/12/12)
  • ISBN-10: 4314010347
  • ISBN-13: 978-4314010344
  • 発売日: 2007/12/12
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 55,046位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
先に断っておくと、副題の「食人の痕跡と~」は、いくらなんでも誇張が過ぎやしないかと。
これではまるで、「眠れない一族」がかつて食人をしていたのでは、と勘違いしてしまう人がいますよ、絶対に。
そう、自分のように。 (^Д^)

本書の内容については、本のカバーに上手くまとめてあったので、一部抜粋すると、以下のようなものです。

「ヴェネツィアのある高貴な貴族出身の一族は、謎の不眠症に苦しんでいた。この病気は中年期に発病し、(中略)
やがて患者は不眠状態に陥って死んでしまう。この一族の数世紀に及ぶ物語を軸に話は展開。やがてこの病が
クールー病、狂牛病と同じプリオン病だとわかる。プリオン病の起源を探るうちに、80万年前の食人習慣へとたどり着く。」

種を越え、場所を越え、果ては時までもを越えて、この「恐怖」の病の歴史を辿ってゆく構成は大変面白かったのですが、
本書のもうひとつの楽しみ方として、「恐怖」の病気の謎を解明するために奮闘する医師・学者たちの、「栄冠は我のみに!!」
と言わんばかりのドス黒く醜い暗闘がムチャクチャ面白かったです。読んでいて「こいつらクズだなぁ」と何度も首を傾げたものです。

以下に目次を列記しつつ、各章の感想を少し。購入の参考
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルだけ見ると上品なミステリーかと思わせるのだが、副題に「食人の痕跡と殺人タンパクの謎」とある。これだけで只ならぬものを想像させるのだが、中身を読むとさらに尋常ではない。このメディカル・ミステリーはしかも、ノンフィクション。”事実は小説より奇なり”を、地でいく一冊である。

本書でテーマになっているのは、狂牛病などでおなじみの「プリオン」というタンパク質である。プリオン病は、遺伝性、偶発性、感染性という三つの形態を取る、唯一の病気なのである。これが、プリンだったらどんなに良かっただろうと、何度も思わせる恐ろしさだ。

冒頭、イタリアのとある一族を襲った遺伝性の病の話から始まる。この一族の家系は、大多数が原因不明のFFI(到死性家族性不眠症)という難病で命を落としていく。中年期になり発症すると、眠りを奪われ、異常な発汗が始まり、瞳孔が収縮し、首から上がこわばって歩行やバランスを取る能力も失われていくのだ。最大の悲劇は、思考力だけが無傷で残ることである。眠りを切望し、やっと眠りに到達した時には、永遠の眠りにつくという、なんとも皮肉な運命である。

偶発性の例として登場するのは、パプアニューギニアのフォレ族という未開部族である。たった50年前まで食人を行っていたこの部族に、クールーという病気が流行し、その多くは震えが止まらな
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
謎の病原体「プリオン」解明までの推理小説風のドキュメントである。巻末の「訳者あとがき」にはメディカル・ミステリーとあった。

話は、イタリア北部の小さな町にすむ一族を次々と襲う致死性家族性不眠症から始まる。この病気と、イギリスで蔓延したスクレイピー、パプアニューギニアのクールー病の三つの糸が、やがて一つに結びつけられる。病原体として、それまでの医療の常識を越えたタンパク質が疑われ、徐々にその状況証拠が固まっていく。

本書で活躍するガイジュシェックもプルジナーも、この病気の解明に関わったノーベル賞受賞者なのだが、表も裏もきわめて人間くさく描かれており、アメリカ人ジャーナリストらしい人物中心の話の展開である。

全体のスピード感もあり、ドキュメントの佳作といえる。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読みました。う~ん。BSEのニュースが出た当時、治療法が無いということで衝撃を受けたヒトたちは大勢いました。
合衆国では鹿の猟をする狩猟人口が多く、「良いツノ」を得る為に動物性の餌を鹿に与えて、というのが衝撃的です。
それって、人工的に作られた「良いツノ」であって、競うのであれば、明らかにrule違反。
どんなに「良いツノ」であっても、威張れるものではない。むしろ軽蔑する。
しかも、やっぱりね的に食肉業界がD.C.に圧力かけてて、シラケる。要するに食べなけりゃあいい。
食べないことで予防できるのであれば、食べないという選択をする。安全な食糧を食べるようにする、これに尽きる。
結局、飢えはニンゲンの思考力を奪って、食べてしまって後悔するのは食べたものたち。
安全な食糧を得られるのはカネ持ちばかり、ということも無いとは思う。牛肉や鹿?を日常食べる量が多くのアメリカ人に比較しても少ないので、しかも、アメリカの牛肉は食べる機会も無いんで、困るのはアメリカ人だし。

出たばかりの時に立ち読みして、まだ買っていませんが、必読。プリオンについての著書です、狂牛病って何?と思って調べてたら恐い事実に驚愕。
あー、食ったらダメなものを食べた結果としての病気...教訓的な病気ですね。
人類が大
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー