中古品
¥2,980
通常配送無料 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【帯:無し】【カバー/表紙:スレ、ヨレなどによる使用感や一部汚れがあります】【小口/天/地:天に多少の汚れがあります】【本内部:目立つ傷や汚れ等は無く比較的キレイな状態です】◆(ご注意)記載が無い物に関しては付属しておりません◆当商品はAmazon配送センターより迅速発送されます(お急ぎ便の利用可能)◆また発送前に商品一つ一つに対し、傷・汚れ・破損等の事前検査を徹底し、丁寧に梱包しております◆各種決済、お届け日指定などご利用いただけます◆希少品の場合、定価より高額になることがありますが、ご了承ください◆
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


真龍馬伝 現代語訳汗血千里駒 単行本(ソフトカバー) – 2010/3/10

5つ星のうち4.3 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥2,980
¥2,980
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

この閉塞の世の中に龍馬を甦らせたい―自由民権運動の壮士・坂崎紫瀾は、明治政府の薩長藩閥専制を打破すべく、幕末に維新の礎を築いた坂本龍馬を小説でよみがえらせた。NHK『龍馬伝』第一回の冒頭のシーンで、岩崎弥太郎に龍馬の真の姿を取材する記者こそ、この紫瀾である。歴史に埋もれつつあった龍馬を闊達で先見性のある闘士として描く『汗血千里駒』は、明治政府を撃つとともに、後世の鑑たるヒーロー像を造った。著名ではあるが今まで読まれることの少なかったこの日本で最初の龍馬伝を、当時の文体の美しさをそのまま残しながら、わかりやすい現代語に訳す「歴訳」で、よみがえらせる。

著者について

[訳者]金谷俊一郎(かなや しゅんいちろう)歴史ナビゲーター・東進ハイスクール日本史科講師。入試指導、著述活動以外にも、テレビ出演、講演会等で活躍。著書は『30の失敗でわかる日本史』(芸文社刊)など多数。
[作者]坂崎紫瀾(さかざき・しらん)
1853年(嘉永6)~1913年(大正2)。明治期に活躍した自由民権家・ジャーナリスト。土佐藩医の子として江戸の土佐藩邸に生まれる。維新史研究などの執筆活動を中心とし、様々な新聞に連載をもった。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
評価の数 2
星5つ
31%
星4つ
69%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2013年6月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年4月5日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告