通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーにわずかなスレ等がありますが、書き込み折れなく、全体的におおむねキレイな状態です。 sku 1-IG
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビームコミックス) コミック – 2006/8/31

5つ星のうち 4.1 35件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,382
¥ 1,382 ¥ 36
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビームコミックス)
  • +
  • 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (2)巻 (ビームコミックス)
  • +
  • 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 3巻 (ビームコミックス)
総額: ¥4,146
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

近年最大最凶の問題作『ザ・ワ・ルド・イズ・マイン』。それが新たに大幅なる加筆修正を加え、遂に復活!! 伊坂幸太郎、阿部和重、くるり、RIP-SLYMEらの熱烈なる推薦もあるぜ!!


登録情報

  • コミック: 606ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2006/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757729200
  • ISBN-13: 978-4757729209
  • 発売日: 2006/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13.2 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
1998〜2001年ヤングサンデー(以下YS)で連載された新井英樹の代表作『The World is Mine』の復刻版です。

YS版は全14巻で、『真説』は全5巻となっています。

YS版との違いは、著者ロングインタビュー(各巻3P)・YS担当編集による取材記(3P)・雑誌掲載時のカラー原稿収録、そして加筆修正となっております。

注目すべきは加筆修正でして、セリフの細かな変更はもとより、新たに描かれたコマ・見開きがあります。

YS版はプレミアがついてしまい、なかなか読む機会に恵まれなかった方も多かったと思います。この度の復刻は英断と言ってよいでしょう。

生命を感じさせる登場人物・緻密な描写・怒涛の展開が織り成す群像劇。

傑作です。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品を始めて読んだ時、あまりのむき出しのエロさグロさに本を投げ捨てて、それから振り返る事は無かった。

それから4年位経った後、きっかけがあって読み始めた。

読んでいて主人公達の人を人とも思わない無茶苦茶な行動の意味も嫌悪感を感じたし、

全く分からず何度も挫折しそうになった。

無闇にグロくすればいいというものではない、と作者に腹が立ってきた。

全巻の半分辺りまで我慢に我慢を重ねて読んだ。

しかし、今までどんどん意味不明でカオスな方向に進んでいた物語は急に別の展開を見せる。

野獣のような主人公が急に人の痛みが分かり始め、彼の崇拝者であった気弱なトシが暴走を始めるという、その後の意外な展開に、コロッとやられてしまった。

その辺から圧倒的なスケールで描かれる人間の業、人間社会の醜さを生々しく突きつけられるようなシーンに、何度も心を鷲掴みにされた。

事件に翻弄される人々の滑稽さはそのまま現代社会の滑稽さとなって、

我々を取り巻く、宗教や政治、メディアに対する痛烈な皮肉となっているように感じられた。

物語が大きなうねりを持って、作品全体をはちきれんばか
...続きを読む ›
1 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bak 投稿日 2007/2/19
形式: コミック
 新井英樹さんの傑作がインタヴュー、若干のページ追加、カッコいいカバーを

引っ提げて帰ってきた。評価の割に知名度が低い作品だったため、いい意味でも

悪い意味でもマニアックな印象があった。今回の再版で多くの人に知られることに

なったのではないだろうか。

 加筆はあっても話の筋はちっとも変わりなく、意見の分かれるエンディングも

そのまま。私はインタヴュー目当てで購入したが、新井さんにしてはとても長い

お話(というよりも解説)をされていてとても満足できた。

 必ず賛否両論にぱっくりと割れ、どうしても勝手な解釈や深読みを読者にさせてしまう

壮大な内容に反し、「ホラ話」と語る新井さんに尊敬する。押し付けがましく教訓的な

内容やメッセージを垂れ流す映画小説音楽の類は見習って欲しい。

 全ての人にはお勧めできない作品。善悪の判断が曖昧な人には危険なバイブルに

なる可能性がある。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 けいちゃん☆ VINE メンバー 投稿日 2013/7/4
形式: コミック
※全部読了済みのレビュー

暴力的でグロくて不条理で、あまり好きじゃないはずなのに、なぜか惹かれる。読んでしまう。

スケールがあり得なくでかい一方で、とても日本的な物語だと思った。
神がたくさんいる。

荒ぶる神、モンちゃん。
神に感染した男、トシ。
アイヌの宗教儀礼イヨマンテ、宮沢賢治の『なめとこ山の熊』をモチーフにした本物の神、ヒグマドン。
献身の神、マリア。

ただやはり、これを受け入れられない人は受け入れられないだろうと思う。

読む人を選ぶが、読めば強烈で衝撃的なマンガ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック