中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 2280556
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

真田幸村 (文春文庫―柴錬立川文庫) 文庫 – 1975/4/25

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1975/4/25
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1975/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416714302X
  • ISBN-13: 978-4167143022
  • 発売日: 1975/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 240,953位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

イギリス人の霧隠才蔵、石川五右衛門の遺児にして女装の三好清海、琉球から来た筧十三、武田勝頼の子という身分を語ることなく真田幸村の股肱となる猿飛佐助などなど、その荒唐無稽なスケールのデカさと奇想天外な物語の組み立てで、もはや滝沢馬琴の里見八犬伝を超えたのではないかと思えるほどの柴田錬三郎の真田十勇士。幸村を諸葛孔明に例え、立川文庫の世界を存分に活かしながら(本作にては十勇士としてカウントされないはずの海野六郎らも、なぜかしっかり登場させていたりする)も、独自の真田十勇士世界を描く本作。幸村自身は「赤い影法師」にて大阪夏の陣以降の生存を描かれているほど、作者のお気に入りのようで、本作への力の入り方も尋常ではないように感じます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 現存している歴史資料において、全てを正確にするのは不可能だ。
特に、その時々の心の動きは書き手の想像力に頼るしかない。
柴田錬三郎さんは、その想像が素晴らしい。
柴田さん自身が登場人物になりきっている。
 「自分が真田幸村ならこんなことも考える」
そんな可能性を最大限に追求している。
豊臣秀頼が、海外に逃亡し、外国で王になっていたらどうな
るか?
私自身も、その大きな可能性に魅せられ読みふけってしまいました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
子供のころから真田十勇士は好きでした。大人になってもっと人間的なことを知りました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
歴史の可能性について考えさせられました!
幸村だけでなく、色々な人達の人生観が描かれていてとても良かったです。
そしてその人達の壮絶な最期…。幸村達は…。
少しでも興味があれば、読んで損はないと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック