この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

真昼の決闘 [DVD]

5つ星のうち 4.8 56件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 300より 中古品の出品:2¥ 400より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で真昼の決闘 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: ゲイリー・クーパー, グレイス・ケリー
  • 監督: フレッド・ジンネマン
  • 形式: Black & White, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ファーストトレーディング
  • 発売日 2011/02/14
  • 時間: 84 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 56件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004NORTY4
  • EAN: 4571339481809
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 98,093位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

1870年、ハドリービルという西部の小さな町。 ある日曜日の午前のことである。結婚式を挙げたばかりの保安官ウィル・ ケイン。彼は結婚と同時に保安官をやめ他の町へ向かうことになっていた。 突然、そこへ電報が届く。かつて逮捕した無法者フランク・ミラーが保釈されて正午到着の汽 車でこの町に着くという知らせだった。停車場にはミラーの弟ベンが2人の仲間と到着を待っていた。 時計は10時40分。ウィルは再び保安官のバッジを胸につけた。新妻エミー はウィルに責任はないと言って、共に町を去ろうと主張したが、彼は聞き入れなかった。 彼らとの対決を決意するウィルだったが、争いに否定的なエミーは一人町を去ろうと駅 へ向かった。ウィルは協力者を求めて炎暑の町を歩き回り、酒場や教会を訪 れたが臆病で利己的な住民たちはその門を閉ざしていた。誰1人として協力者のいない中、 1人で立ち向かうことになるウィル。そして遂に正午となり、駅に列車が到着した。 町を去る為エミーが列車に乗り込むと同時に、ウィルへの復讐を誓う無法 者が降り立った…。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 emir1969 VINE メンバー 投稿日 2005/1/26
形式: DVD
噂のワンコインDVD、買って見ました、
私は「お買い得感高い」と思います、
次の点が気にならない方は何かの注文のついでにオーダーしても特に後悔することはないでしょう、
画面はスターンダード・サイズ、つまりテレビ画面と同じサイズであること、
以前NHK-BSで放送された録画と比較して映像・音質ともに少々劣ること、
日本語吹き替えなしであること、英語音声のみ収録、
日本語字幕のオン・オフ可能、
なお、ケースは普通のDVD用トール・ケースです、DVDを取り出ししやすいタイプの留め型になっています、
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/4/27
形式: DVD
長い間、一番好きな俳優は?という問いには、ゲイリー・クーパーと答えていました。
今でもそれは変わらないのですが、クーパーと言っても知らない人が増えてきたので答えづらくなってきましたね。
それはひとえに、子供のころ見たたくさんのゲイリー・クーパー主演の映画の影響に他ならないわけです。
何度も見ました。映画館でも見ましたし、TV放映の時も欠かさず見ましたし、ビデオやDVDでも繰り返し見ましたし、今でも見ます。
ふと、思い出すのですね。あれっ『真昼の決闘』のあそこの場面はどんなだっけ?といった具合に。
先日、ある映画監督に、映画の三要素というのを教わりました。
それは、映像、音声、時間だというのです。
『真昼の決闘』は、映画と時間の関係を閉じ込めた作品として真っ先に語られる名画です。
そうなると途端に見たくなるのです。

時計を映したカットが刻々と挟みこまれているのですが、個人的な印象では、クーパーが街の中を歩き回っている姿が脳裏に焼き付いています。
今回見て、この映画が描いたのは、庶民のしたたかな生き様であったのかもしれないと思いなおしました。
此方も年齢を重ねて、見る視点も変化してきたのでしょう。
いつも笑顔で、友好的で、それでいて危険を感じると一切のかか
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
もう50年以上前の映画だが、いま見ても独特の緊張感があり、単純な勧善懲悪ではないリアルな西部劇で、ゲーリー・クーパーがじつに渋くてかっこいい。上映時間は一時間半くらいだが、映画もほぼそのリアルタイムで進行する。当時としては実に斬新だったが、いま見てもまったくと言っていいほど色褪せていない。結婚して引退というときに、昔逮捕した悪党が復讐のためにやってくる。いったんは逃げようと思うが、逃げ切れるものではないと腹をくくり街に帰ってくる。当然、みんな助けてくれると思っていたら助手も含め、誰一人助っ人になってくれないばかりか、判決を下した判事まで逃げる始末。恐怖に襲われるが、一人で立ち向かう決心をする。こうしたプロセスでの心理的な変化を表情で演技するゲーリー・クーパーが秀逸だ。地味であっけない決闘シーンもかえってリアルさが増し、本当の決闘というのはこういう感じなのだろうと思わせられる。人間というものをリアルに描いた西部劇の傑作として不滅の映画といえる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画は何回となく観た。最近はグレイス・ケリー生誕80年という事で、CSでご覧になられた方もいらっしゃるでしょうか。ゲイリー・クーパー主演の映画でグレイス・ケリーは脇役の一人であった。孤高になった保安官の心理を現実的に描いた名作であることは云うまでもない。疲れ切った保安官を51歳のゲイリー・クーパーはよく演じている。かたや、端役ながらファースト・シーンに登場した、リー・ヴァン・クリーフは27歳であった。彼は後にマカロニウェスタン「夕陽のガンマン」で圧倒的な存在感を見せ主役のクリント・イーストウッドと対等以上(?)の異なる魅力を見せてくれた。そんなことなどを思いながらこの“HIGH NOON(真昼の決闘)”のDVDご覧になるのも楽しいものです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
誰もが「自分がケインだったらどうしただらう?」と考えさせられる。かなり勇気がいる決断である。

正義感と使命感に燃えるケイン役をオスカー俳優ゲーリー・クーパーが演じる。作品としては“時計”がとても気になる嫌な小道具として何度も映り、“汽笛”の音と合わせて恐怖心を誘い出している。

西部劇なのにこれほど銃を抜かない作品は珍しい。不満としては悪役があまりにも弱すぎるのが難点でした。それよりも、ゲーリーとグレースの名優の共演だけでも見る価値は十分にある。1953年アカデミー賞7部門にノミネートされ、うち4つのオスカーを受賞した名作です。テーマソングでもあるテックス・リッターの“High Noon(Do Not Forsake Me)”がとても情緒豊かに流れ、さすがアカデミー受賞曲に相応しい良い曲です。

最後に自らバッジを捨て、町民の前で無言で町を去るシーンがこの作品の言いたいことの全てだと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック