通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
真昼の悪魔〈上〉―うつの解剖学 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。カバーに使用感(ヨレ、スレ、キズ等)あり。中身は問題無い状態です.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

真昼の悪魔〈上〉―うつの解剖学 単行本 – 2003/7

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 161

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   現代病のひとつに数えられるようになり、患者の数が急増しているうつ病は、「心の風邪」ともたとえられ、理論的な病気の分類ではなく、複数の症状を伴う一症状を表すものである。普通のケガや病気と異なり、うつ病では傷口が目には見えないため、患者の苦しみや辛さは周囲に理解されにくい。

   本書は、2001年の刊行直後から高い評価を得た話題作『The Noonday Demon』の待望の全訳である。著者のアンドリュー・ソロモンは長期にわたって、うつ病に苦しんできた患者の1人だ。それゆえに、執筆の目的として「精神疾患から恥辱という重荷を取り去るため」と掲げている。患者の立場から書かれたことは、本書の特徴の1つだ。

   上巻では、著者自身のうつ病の体験談を中心に、うつ病とは何か、さまざまな治療法、集団(性別、民族など)ごとのうつ病の発症の違い、薬物乱用・アルコール中毒などの依存症との相互関係が取り上げられている。また下巻では、自殺とうつ病の関係、歴史・政治・社会そして進化論においてのうつ病について語られている。著者の闘病記、また、うつ病と関わる多くの人々の取材から引用される話は、壮絶でいて、時に心穏やかになるような、人間味あふれる話ばかりだ。「うつは愛の傷跡だ」と著者は言う。喪失の絶望を知る人間だからこそ、うつ病になるのだと。

   うつ病は、正しく向き合い「知ること」「共感すること」「恐れずに治療すること」を心掛ければ、決して克服できない病ではないと著者は述べる。しかしながら、海外(この場合特にアメリカ)と日本でのうつ病事情の違いや、使用される薬の名称の違いなど、単純に応用できない部分も目に付くのは否めない。ただ、経験者ならではの的確な指摘は強い説得力を持ち、共感する部分が多いのが本書の一番の強みだ。

   我々は愛に支えられて生きている。そして、悲しみを知ることによって、より深く愛せるようになるのだ。著者の見出したこの希望を感じ取ってほしい。(冴木なお)

内容(「BOOK」データベースより)

「私は、うつ病が原因で生じた無能力状態を、さしあたってどうにか封じ込めているが、うつ病それ自体は、脳の暗号のなかで永遠に存在し続けるであろう。うつは私の一部なのだ」うつとは何か。どうやって闘えばよいのか。母の安楽死を契機にうつ病の「崩壊」を起こし、自殺まで試みた作家がこの問いに挑んだ。膨大な文献を読破し、多くの人に直接話を聞いた。薬物療法・心理療法について医師たちに、最新の医療技術について研究者たちに―代替療法士、ソーシャルワーカー、祈祷師、政治家、そしてもちろん患者たち。やがてこの問いは、人間の存在そのものへも迫っていく…。絶望と希望、苦悩と愛。重たく大きなテーマながら、次のページを読まずにはいられない興奮に満ちた本書は、発売直後から米英の新聞・雑誌が絶賛、全米図書賞「ノンフィクション部門」を受賞。多くの読者の熱烈な共感を得て長期ベストセラーとなった話題作の全訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 452ページ
  • 出版社: 原書房 (2003/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4562036540
  • ISBN-13: 978-4562036547
  • 発売日: 2003/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 314,684位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私がうつであることを自覚して治療を受けるようになって数年になりますが、その後いくつかのうつに関する本を読みました。自分自身を知るために。そのなかで本書は最も詳細にうつについて語られており、うつの百科全書のようです。著者自身がうつの苦しみを知っているだけに、説得力がありますが、かといって、私にとっての癒しにはなったとは言えません。ひとつはうつにもさまざまなタイプがあるということ、日米でのうつに対する認識や環境が異なることもあるからでしょう。
最近は日本でもうつに対する認識は変わりつつありますが、未だに偏見や誤解も多いのが現実です。うつでない人にこそこの本を読んでもらい、少しでもうつの苦しさを理解してもらいたいと願っております。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は長く重度のうつ病に悩む作家だ。彼は多くの人に対して聞き書きを行うのだが、その記述は著者自身の血の言葉でもある。結晶化した言葉のきらめきが、人をつかんで放さないのだろう。
多くのことが書かれている。上巻である本書には、自分自身のエピソード(うつの最も苦しい時期をこう呼ぶらしい)体験、そしてそれを各紙に発表してきた過程で知り合った多くの人との交流、薬と心理療法の併用の有効性、統計的切り口など、多岐にわたる。しかしながら、一貫して流れる自分自身の経験が、ひとくちで語ってはならないうつ病のさまざまな側面の、その全てにまとまりを与えている。
この本の副題は「うつの解剖学」となっているが、読んで感じたことは、むしろ「うつの博物学」としても良いのではない、ということだ。事実、うつはそうしたアプローチが必要な対象である。生物学的なヒトが、社会的環境の中で様々な心理学的相貌を見せるのが、この苦しみの本質だ。だから、単純化してはいけないのだ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
残念ながら、いまだに闘病中で、本書を上下巻全部読んだわけではない。

でも、著者自身が「うつ病」であることに加え、膨大なインタビューを通して得た知見が、

展開されていて、「うつ病」である自分自身を理解するのに役に立ったと思う。

確かに、薬はアメリカのものなので、参考にならないが、別に自分で処方できるわけじゃないので、

その点は問題ないと思う。

それよりも、「うつ病」で苦しんでいる人は、その苦しい状態を言葉にできないがゆえに苦しむ。

周囲に理解されないばかりか、時には、追い詰められることもある。

本書を読んで、「あ、こういう表現の仕方があったのか!」と発見したり、

激烈な症状を呈する例もあり、自分はここまでひどくないなと安心したりして、

初めから日本語で書かれた書籍には無い、非常に有意義な本であると思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上巻はï¼'章から順に、うつç-.../å'©å£Šï¼æ²»ç™‚/代替療法/集団/依存ç-‡ã€ã¨ãªã£ã¦ãŠã‚Šã€è'-è€...自身のä½"é¨"ã‚'軸にã-つつ知り合いの例、æ-‡çŒ®ã€å-材ã-た例などとても詳ã-く書かれています。書きæ-¹ã‚‚å¹³æ˜"で率ç›'、誠実なè'-è€...の人柄が伝わってきます。実際に鬱の人が読むと、あたかもè'-è€...と対話ã-ているかのよう...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告