通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
真実の10メートル手前 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

真実の10メートル手前 単行本 – 2015/12/21

5つ星のうち 3.7 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 658

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 真実の10メートル手前
  • +
  • 王とサーカス
  • +
  • 満願
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 154pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と 合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める……。太刀洗はなにを考えているのか? 滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。『王とサーカス』後の6編を収録する垂涎の作品集。

内容(「BOOK」データベースより)

高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める…。太刀洗はなにを考えているのか?滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執―己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。日本推理作家協会賞受賞後第一作「名を刻む死」、本書のために書き下ろされた「綱渡りの成功例」など。優れた技倆を示す粒揃いの六編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 297ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2015/12/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488027563
  • ISBN-13: 978-4488027568
  • 発売日: 2015/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.7 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,211位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
主人公は、大刀洗万智。
職業は、記者。
一見、淡々と大胆に行動する大刀洗だが、
内面は繊細で細やかな気配りを兼ね備える。

「王とサーカス」の後に
本作を読んだ。
前作は長編だったが、
本作は6話の短編集。

大刀洗が記者として追っている事件に関して、
持ち前の観察眼と思考で、謎解きを展開していく。
必ずしも、真犯人を暴くという訳ではなく、
関わる人物たちの心情にスポットを当てた内容である。

短編集とはいえ、読み応えのある話も多かった。
伏線を徐々に回収していく過程は、スマートだった。
だが、若干、読者にも分かりやすい伏線だったように感じる。

しかし、話によっては、都合のよい展開や
無理な設定も見受けられた。
特に「さよなら妖精」の後日談である
「ナイフを失われた思い出の中に」は、
期待していただけに、少し拍子抜けした話であった。
(万智の記者としての葛藤は理解できるが・・。)

また、ほぼ全ての話が、
暗く報われることの少ないラストだった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
米澤穂信作品は、古典部シリーズ→小市民シリーズ→さよなら妖精
→王とサーカス→真実の10メートル手前という順番で読んできました。
他に満願やボトルネックなども読みましたが、ライトノベルに近い
古典部シリーズや、ユーモアの効いた小市民シリーズに比べると
他の作品は影の強いものが多い印象です。

真実の10メートル手前については、さよなら妖精に出て来た
大刀洗万智が、月刊誌の記者となり様々な事件について
推理を展開していく、という内容で、先に出ていた王とサーカスよりも
時系列としては前のお話となります。(王とサーカスでは記者をやめ、
フリージャーナリストとして活動している。)
王とサーカスが長編で、海外を舞台にしたお話でしたが
本作は短編集となっており、日本でのお話となります。
さよなら妖精の後日譚も収録されていて、さよなら妖精で
そもそも主役でなく、その人間性も思考も謎の多かった大刀洗万智が
どういう考えを見った人間なのか、どう行動するのか。
迷い、葛藤も含めて描かれていきます。

本当は氷菓以外の作品にあまり興味はなかったのですが、
大刀洗万智が主役である本作と王とサーカスについては
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
記者太刀洗万智の短編6編。取材を通じ、鋭い観察眼と豊かな推理力で真実を詳らかにしていきます。本格推理とは少し違いますが、十分にその醍醐味は味わえます。

事件がおきて犯人がいて解決になる、という構成ではありません。太刀洗万智が、その事件や出来事の奥にある真実や人間心理をひたすら炙り出し、そこには彼女のジャーナリズムへの強い信念や意気込みを感じます。そこに、伏線が張られた推理という味付けがなされミステリーらしく仕上がっています。

その結果が関係者を救ったり、逆に不幸にしたりとなりますが、その後味の悪さやエッジの効きがこのシリーズのエンタメ性の高さともいえると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
簡潔な文章で登場人物のキャラクターを浮かび上がらせ、現実感を醸し出す力量には、感服します。
ただ、「満願」に比べると、どの作品も謎やひねりが物足りない印象を受けます。
表題作「真実の10メートル手前」は丁寧な推理を展開しながら、結末があっけない。「正義感」は謎らしい謎もなく、ひねりもなく、あっさりしすぎ。高校生の心中を題材にした「恋累心中」は高校生カップルが気の毒で後味が悪く、中学生が第一発見者となる「名を刻む死」も、やはり苦い読後感。比較的ミステリー色の濃い「ナイフを失われた思い出の中に」は、被害者が幼児で、容疑者が未成年の叔父という、設定からして重苦しい話。書き下ろしの「綱渡りの成功例」は、あまりにも謎が軽い。
また、主人公の女性記者 太刀洗万智の魅力が乏しく、その分作品集として損しているように思えます。
こう書いてくると凡作のように見えてしまいますが、全体を読み終えてそうは思わないのは、作者の力量のなせる技でしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー