通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
真夏の方程式 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

真夏の方程式 (文春文庫) ペーパーバック – 2013/5/10

5つ星のうち 3.9 186件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,440 ¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 真夏の方程式 (文春文庫)
  • +
  • 聖女の救済 (文春文庫)
  • +
  • ガリレオの苦悩 (文春文庫)
総額: ¥2,214
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

映画公開を前に、ガリレオ最新長編待望の文庫化!

夏休みに美しい海辺の町にやってきた少年。そこで起きた事件は事故か殺人か。湯川が気づいてしまった真実は? 6月末映画公開決定!

内容(「BOOK」データベースより)

夏休みを玻璃ヶ浦にある伯母一家経営の旅館で過ごすことになった少年・恭平。一方、仕事で訪れた湯川も、その宿に宿泊することになった。翌朝、もう1人の宿泊客が死体で見つかった。その客は元刑事で、かつて玻璃ヶ浦に縁のある男を逮捕したことがあったという。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 463ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/5/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167110156
  • ISBN-13: 978-4167110154
  • 発売日: 2013/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 186件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
「それで いいんですか?」
終盤の刑事が飲み込んだ言葉が私のもっとも共感するところとなりました。
「容疑者x」はラストの容疑者の慟哭が胸をえぐり
これはもう真実は明らかにしなくても良かったのでは?
と読後に思ったものですが、やはりそれは違いますね。
犯した罪はその事によって裁かれてこそ償う事が出来る、
そして真の救いはその後にしか訪れないのではないかと・・

ネタバレがあるので未読の方は以下読まないで下さい

愛する家族を守るため、何の罪もない第三者を犯罪に巻き込んだ主犯。
かつて自身の罪を肉親に庇ってもらい、
罪を免れ「のうのうと」暮らしている人物が
別件で取調べを受けた時には
「親だけに罪を擦り付けるなんて・・・そんなこと絶対にしません」と怒りをもって訴える
本当にこんな人達が自分が犯した罪を自分自身で裁く事が出来るのだろうかと
すくなくとも「容疑者x」での献身はこんな形ではなかったと思います。
なにより何の落ち度もないのに殺されてしまった被害者とその遺族が気の毒でなりません。
2 コメント 126人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
以下、ネタバレを含みます。
他の方々の感想にもある通り、今回の作品はあまりにも加害者側に寄りすぎていて、被害者やその家族、関係者の感情は完全に無視されています。
けれど、いつも自分達家族の事しか考えていない、あの一家の、一体何に同情すればいいのか私にはわかりません。
2度目の罪を償う機会をも放棄したあの人達に、未来なんてあるのでしょうか。やっぱり私にはわかりません。
作品としては、真相を明らかにしていく過程や、湯川先生と子どもの交流など見所が沢山あっただけに本当に残念です。
読後感は最低と言わざるを得ません。
2 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
ガリレオシリーズの中でも読後のモヤモヤ感が非常に強いです。
あの子供嫌いそうな湯川先生が、小学生との友情を育み、それゆえに真相に苦しむという話を書きたかったのは分かるんですが…。
(以下トリックについてネタバレ)

別の推理作家の方の短編で、トリックそのものは違うが、子供を騙して手を汚させたというネタは共通している短編があるのですが、
「何故子供を使った!後でその子が苦しむことは考えなかったのかこのゲス野郎!」
という刑事の怒りのセリフが印象深く残っています。
これが普通の反応じゃないかと思います。
湯川先生は、子供本人が真相に気づくようヒントを与えておきながら、子供の自主性を重んじるかのような顔をして真相を明かすかどうかの判断を本人に丸投げしてしまいます。
幼く無知なために利用されてしまったのは悲しい事ではあるけれど、少年本人がそれを気に病んでずっと抱え込んでしまうように仕向けるって酷いですよね。
突発的とはいえ自分の意思で罪を犯した16年前の犯人と、騙されて利用されただけの少年を、「秘密を抱えて苦しむ者」と同列に考えてるっぽいのも共感できない。

偏屈な大学教授と小学生の、心温まる一夏の交流は良かったのですが、
それだけに湯川先生は大人としてあまりに無責任ではないかと思いました。
1 コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
長い割にはこじつけ感がありますけど、このシリーズはこんな感じなんでしょうか?

殺しに肩入れしたくなる理由が見つからないし、殺さなくてはならないほどの秘密?
殺人を擁護できる理由もなく、とても後味が悪い。
海とか夏とか、そういった要素でなんだか切ない風にしていますけど、
ただの自分勝手な家族の話にしか思えません。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 動機の真実は、良かったとは思う。
 だから、星は4個にしようかと思った。
 でも、しばらくして考えると、「犯行に無理があるんじゃないの?」と思えてきたので3個にした。

 こんなことを言っては元も子もないのだけど、日本の警察はそんなに無能じゃないだろうと思う。
 第一、多くの警察小説で、確か加賀恭一郎が「これを証明するのは一番難しいこと」と言っていたことをやっているのが引っかかる。
 
 それを描いた作品は多いし、「上手いな」と思わされるものもある。
 だけど本作に限っていうならほとんどそう思えなかった。

 映画も観るという人も多いと思うけど、どちらを先にするのかは、自分は原作は後にすることをお勧めする。
 矛盾点に引っかかって、物語に入り込むにくくなってしまうと思うからだ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー